ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

パソコン・周辺機器 レビュー

【HYPER DISKレビュー】Type-C端子で高速転送可能な大容量外部SSD

2020年3月12日

とにかく動画データの保存容量がヤバイ。Youtubeを始めてからというものノートパソコン内蔵の512ギガストレージでは全く足りなくて、既に外付けSSDを3つも購入して動画の保存スペースとして活用している。しかも動画だけじゃなくてα7Riiiで撮影する写真RAWデータも一枚40メガと超絶重い。

そろそろ4枚目行くのか?どうする俺?って思ってた時に外付けSSDのレビュー依頼があったから原稿料無料の商品提供のみ承諾した。今回は薄型大容量かつ超高速データ転送が可能なHYPER DISKをレビューする。

注意

レビュー後2週間で自然故障したのでおすすめしません。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Buffalo製外付けSSDの不満

以前レビューもしているんだけど、今現在俺がメインで使っている外付けSSDはBuffalo製の512ストレージの物で、選んでいる理由は一番安いから。それだけ。

レビュー記事は下記。

【Buffalo外付けSSDレビュー】読み書き速度が早い手ごろな選択肢

続きを見る

ただ、このBuffalo製外付けSSDには下記2点の不満があった。

  • 端子がマイナーなMicroUSB3.0
  • 転送速度が速くはない

Buffalo製の外付けSSDは値段が安いのはありがたいんだけど、接続端子が超マイナーなMicroUSB3.0ということもあってケーブルの替えが効かない。

なんせ他のデバイスでこんな接続端子を使っているものが無いし、Buffalo製外付けSSDのためだけにこのケーブルを持ち歩く手間も発生していた。

さらに接続端子がMicroUSB3.0ということは転送速度も規格に縛られる。もちろんHDDと比較すると転送速度は350メガ/秒と圧倒的に早いんだけど、

この転送速度も数十ギガ単位の動画を扱うようになってからは不満を感じるようになっていた。

M.2SSDは転送速度が爆速

そこで検討していたのがM.2SSDを活用した外部ストレージなんだ。

M.2SSDは俺のノートパソコンの内部ストレージにも使われているんだけど、転送速度は3000メガ/秒と外付けSSDの10倍で超爆速。

いっそのことこの内部ストレージをアダプタを使って外部ストレージ化してしまおうかとも考えたんだけど、アダプタが怪しい中国製しかなくて品質が不安。

それを検討した記事は下記。

【外部ストレージ】HDDでもSSDでもないM.2 SSDの外付けが凄そう

続きを見る

とは言えサムスンが出しているM.2SSDを活用した外部SSDは目ん玉が飛び出るほど高くて全然手が出ない。

いくらなんでも500ギガ35,000円は頭おかしすぎるだろ。という感じで指を咥えて眺めていた。

丁度良い外部SSDのHYPER DISK

ここでやっと今回紹介するHYPER DISKに話が戻るんだけど、HYPER DISKはBuffalo製の外付けSSDで感じていた2点の不満を見事に解消してくれたんだ。

HYPER DISKはType-C端子接続

まずHYPER DISKは接続端子がType-CだからもうMicroUSB3.0ケーブルを持ち歩かなくてよくなる。

Type-Cケーブルは現在の主流だから持ち歩いていないことは無いし、ケーブルの負担から解放されるのが嬉しい。

HYPER DISKの転送速度は1000メガ/秒

さらに、Type-C端子接続ということは転送速度も跳ね上がる。

HYPER DISKは最大1000メガ/秒もの転送速度を実現しているから単純にBuffalo製の外部SSDの約3倍。実際に計測した数値も809メガ/秒とBuffalo製の2.5倍とまずまずの結果だった。

40ギガの動画データを転送してみても、Buffalo製の外付けSSDが秒間200メガ程度なのに対して、

HYPER DISKは秒間500メガとやっぱり2.5倍。

転送時間を半分以下に短縮できるのが嬉しい。

HYPER DISKはサイズ感も優秀

HYPER DISKには容量によって二つのサイズがある。

容量 重量(g) サイズ(mm)
512ギガ 45 66.7 × 37.9 × 10.7
1テラ 45 66.7 × 37.9 × 10.7
2テラ 90 134.7 × 37.9 × 10.7

512ギガと1テラのモデルはクレジットカードも下回るサイズ感でメーカーとしてもこの大きさをプッシュしてる。

ただ、今回俺が提供してもらった2テラモデルは上二つのモデルと比べると長い。

最初に箱を開けた時は騙された気がしたけど、よくよく考えればちょっとぐらい長くても何の影響も無いから気にしない。それよりも1枚で2テラ保存できる方がありがたい。

しかも薄さはスマホを下回る。

重量は公称値で90グラムだけど実測値は83グラムと優秀。どうでも良い誤差だけど下回るなら文句はない。

ちなみにBuffalo製のSSDは76グラムだった。7グラム軽いけどどうでもいい。

HYPER DISKの値段設定は微妙

さてどれだけ製品が良くても値段が良くないと購入には至らないんだけど、HYPER DISKの値段は残念ながら決して安くはない。但し高くもないという微妙なライン。

HYPER DISKは現在Makuakeに出資することで入手できるんだけど、容量ごとの値段は下記。

容量 値段
512ギガ 15,950円
1テラ 24,950円
2テラ 38,950円

最低容量の512ギガモデルで15,950円、最高容量の2テラモデルで38,950円と割と目ん玉飛び出るくらいの価格になる。

これが安いのかというと決して安くも無い。例えばBuffalo製のSSDならサイズ感は長くなってしまうんだけど、同じくType-C端子、転送速度1000メガ/秒でHYPER DISKの値段を微妙に下回る。

マジかよこのままだとHYPER DISKをおすすめする理由を見つけられない。

唯一HYPER DISKならBuffaloと比較して512ギガと1テラモデルでサイズが小さいのは魅力になるけど、

Makuakeでよくわからない中国製を買うくらいならいつでも返品できるアマゾンでBuffalo製を購入した方が100倍安全だからおすすめできない。

ということでおすすめできるとしたらライバル不在の2テラモデルのみということになる。

2テラモデルの外付けSSDならそもそも市場にライバルがほぼ存在しない。数少ない2テラのライバルはサムスン製のこれとか、

SundDisk製のこれになるんだけど、

どちらも2テラモデルがHYPER DISKよりも1万円以上高い。ということで2テラモデルならHYPER DISKを心からおすすめできる。こうして俺は一命を取り留めた。2テラモデルを提供してもらって本当に良かった。

HYPER DISKを買うなら2Tモデル一択

大容量データを扱うなら転送速度には拘りたいし、ストレージ容量にも拘りたい。つまりこういう外部SSDを買う人はそもそも512ギガとか1テラのモデルよりも2テラを購入した方が良いし、容量に対する値段が最も安いのも2テラモデルだから、HYPER DISKの2テラモデルを選択する価値は十分ある。

というかType-C端子搭載で転送速度1000メガ/秒で4万円を下回るHYPER DISKの価格はライバルと比較すると破格。ということでHYPER DISKを買うなら2テラモデル1択。2テラモデルを買わないならBuffalo製を買った方がマシ。

HYPER DISKの2Tモデルは今現在大容量のデータを取り扱っていて、転送速度とか保存容量に苦しんでいる人に純粋におすすめできる選択肢だった。危なかった。

繰り返しになるけどHYPER DISKはMakuakeに出資することで入手できるから気になる人は出資して入手してほしい。くれぐれも2テラモデル以外は選ばないように気を付けたい。 ⇒ HYPER DISK Makuake

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-パソコン・周辺機器, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.