ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【更新お休み中】

パソコン・周辺機器

【ロジクールK380レビュー】左手用にお勧め【分離キーボード化】

最近健康の話ばかりになっていることに年齢を感じているんだけど今日も健康の話をする。

普段の姿勢が悪いと歪みが蓄積して痛みになるから普段の姿勢はとても大切というのは何度も書いているんだけど、

【エアウィーブS01を1年使った感想】「硬い」は身体に良いらしい

続きを見る

【アーロンチェア用ヘッドレストH4レビュー】いらない【社外品】

続きを見る

今回もその一環。寝る姿勢、座る姿勢を良くしたらあとは作業する姿勢を良くすれば体は自然と良くなる。はず。

ということでキーボードを買い足したからなぜ買い足したのか、用途はなんなのかを解説する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

パソコン歴20年の代償

今更言うまでもないんだけど俺はオタクだ。特にパソコンが好きで、15歳で親にパソコンを買ってもらってから35歳までの20年間、ほとんど毎日パソコンに接する生活を続けている。

そして以前の記事でも書いているんだけど俺の左肩は爆弾を抱えている。左肩の肩甲骨に異常があるせいで左肩が痛いし、仰向けで寝れない。

これはどげんかせんといかんと数々の整体と整骨院に通ったんだけど一向に治る気配が無い。

右肩と左肩の位置が違うことに気付く

きっとこの痛みは一筋縄ではどうにもならないもので、なにか致命的な原因を解消しないと一生治らない気がする。と思って自分の体を研究し続けることは早2年。俺の身体がねじれていることに気付いた。

具体的には右の肩が前に出ている。そのせいで左の肩が後ろに下がっていて、それを庇うために左肩が不調を起こしていることに気付いた。というか仮説を立てた。つまり原因は左肩ではない。多分右。

20年間ほぼ毎日パソコンを使用

俺はなぜか右肩が前に出ている。俺は右利きでもあるから多少の歪みは不自然ではないんだけど、不自然なくらいに前に出ている。この時俺気付いた。多分マウスのせいだ、と。

そういえば俺は15歳から35歳まで20年間ほぼ毎日パソコンを操作し続けているのは上でも書いた通り。そしてそのパソコンを使っている時間のほぼ全てで俺は右肩を前に伸ばし続けている。マウスを操作するために。

これだ。これが癌なんだ。という仮説を立てたのが今。そしてその仮説を潰すためにキーボードを買った話がこの記事というわけ。

人間の体は簡単に歪む

これは35歳にしてひしひしと実感していることなんだけど、人間の体は思っている以上に歪みやすい。長時間畑仕事をしているおばあちゃんおじいちゃんは腰が伸ばせないほど曲がってしまうし、猫背とか反り越しとかO脚とかも全部それ。

長時間悪い姿勢を維持するとその姿勢のまま固まって元の姿勢に戻せなくなる。そしてその歪みが痛みになる。俺の右肩も同じ。20年間も不自然な姿勢でマウスを操作し続けてしまったが故に右肩がバグって、左肩もバグった。マジで姿勢は大切。

身体の歪みの原因は自分しかわからない

とはいえこれはあくまでも仮説に過ぎない。そもそもの原因は誰にもわからない。だから仮説検証を繰り返す以外の道は無い。

だから基本的に整骨院とか整体はあんまり意味をなさない。なぜなら原因を潰せないから。とはいえ客観的に体を見てもらって、自分の体の異常を発見する手助けをしてくれたという面では役立った。

整体、整骨院は長期間通うのではなく、短期で乗り換えて色々な人の意見を聞くのが最も有効な活用方法なんじゃないかと言う気がしている。

歪み修正の為にK380を購入

という長すぎる前置きはここまでにしてなぜK380を買ったのかの本題に入る。

右肩を前にして作業するのが多分体に悪いなら荒療治にはなるけどとりあえず右肩を後ろにして作業してバランスを取ればいいじゃないという発想。

でもパソコンを使う限りキーボードは絶対に必要だしマウスも必要。ここをなんとかするしかない。と考えてまず検討したのがこの分離型キーボード。

キーボードが前にある限り両手が前で拘束される。じゃあ分離型キーボードで右手の位置を変えればいいんだ。と思った。だけれどもなんとこれお値段2万円と死ぬほど高い。

確かに俺には金はある。でも納得できない物は納得できないし払いたくない。なにか代替案はないかと考えている時に思いついた。普通にもう一個キーボード増やせばいいじゃんと。

分離キーボード化するためにK380を購入

そこで以前K375sを購入してすっかりコスパの虜になったロジクール製品から手頃だけど長く使いやすそうなキーボードを選んだのがこのK380なんだ。

ロジクールのK380はよくあるコンパクトなキーボードのように見えるけどその作りは本物。

しっかりと重量があるからデスクの上でブレないし

電池式だから充電式と違って取り扱いやすい。

更にBluetoothで3台までデバイスに接続できる上に

電源も付いているから使わないときは完全に電源を切れる。

鞄の中で持ち運ぶ際もバッテリーが無駄にならなくて安心。もちろん通常のスリープモードも搭載するからバッテリー持ちも超絶良い。

キーピッチが少し狭いのが欠点

しいて欠点を上げるとすればコンパクトなキーボードが故にキーピッチが若干狭く、

一般的なサイズのK375sと比較すると少しタイピングが窮屈になることぐらい。

といっても支障が出るほど窮屈というわけでもなく、慣れで対応できる範囲。十分ブラインドタッチはできるから安心してほしい。

欠点はマジでこの程度。よくある携帯性だけが売りのゴミとは作りが雲泥の差。今まで何個もゴミを買っては捨ててきたけど、K380にはゴミ感が全然ない。なのにたったの3,000円。

最初からこれを買っておけばよかったと深く後悔するに至った。流石天下のロジクール。一生ついていきたい。

ちなみに俺がメインで使ってるロジクールのマウス「Pebble M350」も最高に使いやすいからおすすめ。

レビュー記事は下記。

【Pebble M350レビュー】2,000円台の軽量薄型マウス

続きを見る

左右の手でキーボードを使い分ける

役者は揃った。あとは両方のキーボードをパソコンとBluetooth接続すれば右手用キーボードと左手用キーボードが完成する。

これで2万円払って分離キーボードを買わなくとも分離式のようにキーボードを使えるというからくり。

キーピッチが微妙に違うから右手と左手で微妙に感覚は違うんだけど、しばらく使っていれば手が慣れて勝手に対応するから問題なし。

折り畳みテーブルを右側に配置

ただこれだと右手と左手を離せるだけで問題の解決にはならない。K380の購入の目的は右肩を後ろに引くことだった。ということで食事用に使っていた折り畳みデスクを右側に配置して現在はこんな感じで作業をしている。

これで思いっきり右肩を下げた状態で作業できるようになった。荒療治ではあるしどこまで効果が出るかは不明。

今現在は一ヶ月ほどこの環境で生活しているんだけど、以前より右肩と左肩のバランスは良くなってきた気がする。

とはいえ20年の蓄積があるからそう簡単には戻らないし、そもそもこれで治るのかも不明。でも誰にも原因はわからないから仮説検証を繰り返すしかない。これで効果が出なければまた別の方法を探すまで。

両手が離れる方が肩への負担は少ない

と言う感じ。今回は極端な例ではあるけど、両手を離せるタイピングは自然な姿勢になるから肩への負担が少ないのは本当。

タイピングの時間が長いという人は将来の事を考えて左手用のキーボードを検討してみてもいいかもしれない。いずれにせよK380はコンパクトキーボードとしては最高の出来だから、外出用のキーボードを検討している人にはおすすめしたい。俺は日本一周後半戦に持っていく予定。

【Pebble M350レビュー】2,000円台の軽量薄型マウス

続きを見る

【エアウィーブS01を1年使った感想】「硬い」は身体に良いらしい

続きを見る

【アーロンチェア用ヘッドレストH4レビュー】いらない【社外品】

続きを見る

スマホ レビュー

2021/12/14

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

ライフハック 買ってよかったもの

2022/1/3

【2022年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

スマホ レビュー

2021/11/13

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 Proは今までとは一味違う。 多数の独自機能が追加されているしスペックも全然悪くないのに値段が安い。これひょっとするとひょっとするんじゃないかという気がしている。 ということで6度目の正直となるPixel 6 Proを購入したからレビューしたい。 Pixel 6 Proの特徴 今回購入したPixel 6 Pr ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/10/23

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.