ガジェット全般 パソコン・周辺機器 レビュー

【買ってはいけない】Serface Goを選ぶ理由が見つからない。

更新日:

Surfaceシリーズの中で最安となるSurface Goが発表されてiPadキラーになるかもしれない存在として話題になっている。俺がウルトラブックの購入を検討したときもSurfaceは候補にあったんだけど、早々に検討対象から外してしまった。今日は俺がSurfaceに思うことを書きたい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

実際Windowsタブレットってどうなの?

WindowsタブレットといえばSurfaceのイメージ強いけど、実はサーフェイス以外にも多数のWindowsタブレットが世の中に存在する。Windows8以降で正式にタブレットモードをOSがサポートしていて、タブレットとしても使えますよっていうのが今のWindowsOSの魅力で、それに便乗して多数のWindowsタブレット、2in1、コンバーチブルパソコンが発売された。それぞれタイプは異なるけどキーボードなしの形状をサポートするのが特徴だ。実は俺が所有するZenBook Flip(UX360UA)もキーボードをディスプレイの裏まで折りたたんでしまうことでタブレットとして利用できる代物だ。

始めは珍しさに何度か使ってたんだけどあまりにも使いにくいから、今はソファーでブラウジングするときはiPad Air 2を使っている。

Windowsタブレットの悪いところ

俺がWindowsタブレットが使いにくいと感じる理由は3つある。

ボタンが細かすぎる

iPadやAndroidタブレットが指での利用を想定しているのに対して、Windowsタブレットはマウスでの利用を想定している。今パソコンを使っている人は画面を眺めてほしい。ブラウザの戻るボタンの位置と大きさはどうだろうか、アプリとアプリの間のスペースが狭すぎやしないか。そう、ウィンドウズのボタンは指だと誤タッチを連発してしまう狭さなんだ。Windowsタブレットを指で操作するととてもストレスを感じる。

UIが悪い

Windowsのブラウザは機能が充実していて素晴らしいんだけど、ブラウザのタブの切り替えとかタブの削除が超めんどくさい。これもマウスを想定しているからなんだけど、Windowsタブレットでは今見ているタブを削除するために、指を画面の上部まで持っていって、これまた繊細な「×」ボタンを慎重にタッチしないといけない。もうわかってると思うけど、ここでも誤操作を連発する。iPadとかAndroidタブレットは敢えてボタンを大きくして操作しやすくしているし、タブの切り替え、削除はアクセスしやすい位置に配置されている。

ジェスチャー機能がない

これはiPadを使っている人ならわかってくれると思うんだけど、iPadのジェスチャーってすごいのね。

なにかボタンをタップするんじゃなくて、画面上を指でなぞるだけで「進む」「戻る」「ホーム」「起動中アプリ一覧」の操作ができる。特にホームと起動中アプリ一覧は頻繁に使うんだけど、Windowsタブレットには起動中アプリ一覧のジェスチャーしかない。デスクトップを表示したいときは画面横にあるWindows物理ボタンを押すか、画面右下のデスクトップボタンを慎重にタッチするか、キーボードでWindows+Dを同時押ししないといけない。デスクトップに戻る動作って死ぬほど使うのに快適にできない。しかも「進む」と「戻る」がないからブラウジングでもいちいち細かい矢印を慎重にタップしないといけない。Chromeを使えば一応ジェスチャーでの「進む」「戻る」は使えるんだけど動作がもっさりしている。

Windowsタブレットは完成度が低い

これらの問題はマイクロソフトが真剣にタブレットモードの改善に取り組めば解決することなんだけど、現状は使いにくくて、敢えてタブレット利用のためにWindowsタブレットを購入するメリットがない。タブレットをつかいたいならiPadかAndroidタブレットを買ったほうが良い。Windowsのタブレット機能はオマケ程度の出来だ。

とはいえSurfaceはタブレットとして「も」使えるノートパソコンなだけで、タブレット機能が気に入らないなら普通にノートパソコンとして使えばいいじゃない(マリーアントワネット)という指摘もあると思うんだけど、サーフェイスシリーズはノートパソコンとして見ると高いのね。スペックに対して5万円から10万円ほど高い。タブレット機能に魅力を感じないし、しかも値段も高いから今までSurfaceを敬遠していた。

で、Serface Goって高いの?

Serface Goは今までのサーフェイスと比べるとかなり安い。アメリカで発表された399ドルという価格は衝撃的だったし、オフィスを搭載して値上げした日本版Serface Goもオフィスを搭載していることを思うと妥当な値上げだ。

スペック

まずはスペックを見ていきたい。

液晶サイズ 10インチ
解像度 1800×1200ドット,光沢
CPU Pentium Gold 4415Y
ストレージ 64GB eMMC または 128GB SSD(PCIe)
メモリ 4 / 8GB
駆動時間 9時間
重量 522g
フルサイズUSB 0
その他
USB Type-C×1 Bluetooth
Surface Connect USB3.1 Type-C
microSD 指紋認証

CPUにcoreM相当のPentium Gold 4415Yを積んでいて、メモリは4ギガと8ギガ、ストレージは64ギガeMMcまたは128ギガSSDだった。ところで6万円のSurfaceは下位モデルで4ギガなのね。俺はWindowsパソコンを購入するときは最低8ギガメモリを基準にしているんだけど、Windows本家のマイクロソフトが快適に動作しない4ギガメモリのモデルを推すのは感心しない。

価格

4ギガメモリと64ギガeMMcの下位モデルと、8ギガメモリ128ギガSSDの上位モデルの価格差はこうだ。

国内税込価格
下位モデル 6万9984円
上位モデル 8万9424円

税込みになるとなおのこと高い。

アクセサリー

ところで上で紹介した価格は本体のみで、キーボードカバーすらついてない。まともに使うためにはキーボードカバーの購入は必須だ。

キーボードカバーも含めたアクセサリーの値段は下記だ。

製品名 国内税込価格
Surface Go Signatureタイプカバー 1万6632円
Surface Go タイプカバー 1万2744円
Surface モバイルマウス 4104円
Surfaceペン 1万2744円

別売りのキーボードカバーを購入すると下位モデルで8万超え。た、たかい…しかもこれ4ギガモデルだった。8ギガモデルだとカバー込みで10万円超え。あほかよ。10万円超えともなると、既にに数多あるウルトラブックがライバルになってしまう価格帯だった。

スポンサードリンク

どうしてYOGA 720を選ばないのか

Surface Goの購入を検討している人は一度自分に問いかけてほしい。俺はなぜLenovo YOGA 720を選ばないのか、と。Lenovo YOGA 720はイルミネートキーボードも始めからついていて7世代corei5、8ギガメモリ、256ギガSSDと12.5インチディスプレイで1.18キロだ。

YOGA 720 スペック

目安価格 9万円
液晶サイズ 12.5 インチ
解像度 フルHD (1920x1080)
CPU Core i5 7200U 2.5GHz/2コア
ストレージ SSD:256GB
メモリ 8GB
駆動時間 8.4 時間
重量 1.18 kg
フルサイズUSB 1
その他
 USB3.1 Type-C Bluetooth
 指紋認証

スペックでSerface Goの上位モデルを上回りながら、価格はSerface Go上位モデルを下回る。キーボードバックライトも搭載しているから光物が好きな人も安心だ。おまけに指紋センサーまで搭載した。キーボードは取り外せないけど、コンバーチブルだから画面の裏側まで折りたたんでタブレットとしても使える。これでいいじゃない!だってCPUが7世代Core i5だよ。これならLightroomだって使えるよ!

Surface Goの悪いところ

Serface Goの悪いところはスペックに対して値段が高いところだけじゃない。タブレットを基調とした独特の形状はあらゆる面で通常のノートパソコンに劣る。

キーボードで画面を固定できない

サーフェイスの後付けキーボードにsurface本体を支える力はない。サーフェイス本体は背面からつっかえ棒を引き出せるような構造になっていて、これで本体を支えるんだけど、これが無駄にスペースをとる。

狭いカフェで使おうにもSurface本体の背面に少しスペースが必要だから使いにくいし、不安定な電車の中で座って使おうもんなら最悪だ。キーボードを押さえても画面が立たないから画面をなんとかして立たせる必要があるんだけどもう手が足りない。

10インチは小さすぎる

軽量高性能を売りにするウルトラブック市場を見ても10インチの製品はほとんどない。ほとんどは12インチから14インチだ。それくらい10インチの画面っていうのは小さい。iPadが9.7インチだからいいじゃん、って思うかもしれないけど、iPadはタイピングを想定していないから目からの距離が近い。タイピングするために机に置いて、間にキーボードも置くWindowsノートで10インチは視力検査かと思うほど視認性が悪い。

なにもかも中途半端なSerface Go

今更安くもない小型軽量モデルを出されても反応に困る。どうせ購入するキーボードカバーには選択肢がほとんどないのに別売りにしてる販売方法もおかしい。そもそもタブレットとして推したい割にタブレットモードがクソすぎるし、キーボードを取り外せる意味をどこにも感じない。それならSerface Bookのようにコンバーチブルタイプにしておいてくれたほうが理解できるし、Macbookほど質感が高いわけでもないのに値段が高すぎるのも気になる。

Serface Goはどういうターゲットを狙って、どのウルトラブックに勝負をかけたのかがわからない。

ほんとに2018年の製品?

Serface Goは10万円でi5と8ギガメモリを積んだウルトラブックがゴロゴロある時代に発表されたとはとても思えない低性能高価格パソコンだった。発売が2年早ければ手放しで歓迎できた。今これを買うくらいならZenBook買ったほうが良いし、Lenovo YOGA 720買ったほうが良いし、MatebookX買ったほうが良い。だってMatebookXは10万で、YOGA 720は9万円で買えるんだもの。

【2018年版】人気ウルトラブック(Ultrabook)おすすめランキングベスト17!これでスタバでドヤれる!

お勧めしたいウルトラブックをランキング形式で紹介する。 本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。   ウルトラブック(Ultrabook ...

続きを見る

この記事も読んで欲しい↓

【2018年版】生活が変わる!ガジェマガ式買ってよかったモノ16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。 本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。 これからも物欲は尽 ...

続きを見る

スポンサードリンク

カテゴリー

LINE@始めました。


更新情報をお届けします。ご登録おねがいします。
友だち追加
  • この記事を書いた人

ガジェル

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

【逃げることには全力。ガジェマガを書いている理由。】

RECOMMENDED

1

HuaweiのP20を購入した。同じHuaweiのハイエンドスマホであるMate9を半年前に購入したばかりなのに(倒置法)スペックもカメラもMate9で十分だと思ってたし満足していたんだけど、P20に ...

2

米軍採用という言葉には男のロマンが詰まってる。 本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。 米軍と言えば地球の平和を守る地球警察というと言い過ぎだけ ...

3

ツイッターで#ブロガーの作業部屋晒しタグが出回って、たくさんのブロガーが自分の作業環境写真を上げていたんだけど、人の部屋見るのって超面白い。というのもやっぱりブロガーなだけあってパソコンに向かう時間が ...

4

P20の防水は信用しないほうがいい。そんな店員の言葉が忘れられない。最近P20を購入して、とうとう俺も防水スマホデビューかと思っていたんだけど、そういえば店員が気がかりなひと言を言っていたのを思い出し ...

5

今のパソコン机は首が痛すぎる。だから新しいパソコン机をDIYする。 本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。 最近休みの日は一日8時間パソコン机に ...

-ガジェット全般, パソコン・周辺機器, レビュー

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.