ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

カメラ

【Vlog】RX100M7とZV-1の違い【動画撮影最強カメラ】

2020年7月26日

ソニーがRX100M7にそっくりなVlog用カメラのZV-1なるものを発売しやがった。

俺はYoutubeの動画撮影用に高級コンデジのRX100M7を買ったばかりなのに似たようなもんばっかり発売しやがってふざけんなって言いたい気持ちはあるんだけど、より良いものになっているなら受け入れざるを得ない。

ということで写真撮影を全く考慮に入れていないYoutuber的な視点で、RX100M7からZV-1に乗り換える価値があるのかを検討する。価値があると判断すれば乗り換える。クソ。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

高級コンデジは動画撮影に最適

そもそも俺は動画撮影に超強いフルサイズミラーレスのα7Riiiを既に保有しているのに、なぜ新たに動画撮影用のカメラを購入しようとしているのかって話になるんだけど、高級コンデジは動画撮影には最適のデバイスなんだ。

レンズ込みで余裕で1キロをオーバーするフルサイズミラーレス一丸と違って

RX100M7とZV-1の重量はどちらも300グラム程度。

例え家の中でしか撮影しないとしてもこのサイズ差だと利便性が全く違う。1キロを超えるα7Riiiだと取り扱いとか三脚とかがどうしても大仕事になってしまいがち。

なんでもそうだけど、性能を度外視するのであれば小さいに越したことは無いんだ。

SONY α7Riiiを半年使った感想【写真カメラの終着点】【RX100M7で撮影】

いやいやカメラに20万とかアホかよって思ってたんだけど、写真撮影を仕事の一部にすることで写真に求めるクオリティが上がり続けた結果、半年前に遂にα7Riiiを中古20万で購入して死ぬほど満足してる。 と ...

続きを見る

画質は動画ならコンデジでも十分

もちろんフルサイズのα7Riiiと1インチセンサーのRX100M7とZV-1だと画質は全く違うんだけど、かといって見れないかというとそうでもない。

一瞬を切り取る写真だとフルサイズセンサーと1インチセンサーその差は歴然なのに対して、細部が気にならない動画なら1インチセンサーでも必要にして十分。

動画に限れば画質と取り回しのバランスが最高に丁度良いのがRX100M7とZV-1の魅力なんだ。

RX100M7のビデオカメラとしての魅力

まずRX100M7が高級コンデジなのにビデオカメラとしてなぜこれだけ支持されているのかを簡単に解説する。

RX100M7のビデオカメラとしての魅力は大きく下記。

  • 動画としては十分すぎる画質
  • 瞳AF対応
  • チルト液晶

動画としては十分すぎる画質

上でも解説した通りだけど、1インチセンサーを搭載するRX100M7の画質は動画としては必要十分。

フルHDサイズなら超クリアだし、背景もしっかりボケる。ぱっと見フルサイズ一眼と遜色ないクオリティの動画を撮影できるのが魅力なんだ。

RX100M7で撮影したYoutube動画は下記。

チルト液晶

次にありがたいのがこれ。RX100M7は背面ディスプレイが上に起き上がるチルト液晶を搭載しているから、自分がどんな風に写っているかを確認しながらの撮影が可能。

構図を確認するためにわざわざカメラの後ろ側に回り込まなくていいのが最高に楽。

瞳AF対応

RX100M7の最大の魅力が瞳AFに対応していることなんだ。動画撮影はピンボケとの戦いなんだけどRX100M7は人物の瞳を検知して自動的に瞳にピントを合わせてくれる。

しかも超高精度。お陰でピント調整の手間が全くない。

このソニーの瞳AF機能の精度はカメラ業界でも超評価されているんだけど、RX100M7はソニー初の瞳AF対応コンパクトデジタルカメラなんだ。

ZV-1はRX100M7の魅力を全て踏襲

RX100M7の魅力はわかった。で、ZV-1はどうなの?って話なんだけど、なんとこのすべてに対応している。しかもVlogカメラと銘打って販売されているから+αの魅力もある。

ということでZV-1は多分現状最強の動画撮影用コンデジと言うことになる。

ZV-1のRX100M7より優れる6点

で、重要なのはRX100M7からZV-1に買い替える価値があるのかというところになる。

というのも上で解説したように両者の画質と強みはほぼ同じ。ということでここからは+αの部分に焦点を当てて買い替えを検討する。

そこで動画撮影メインのYoutuber的な視点で洗い出したRX100M7とZV-1の違いが下記。

  • ZV-1の方が価格が2万円安い
  • ZV-1は動画撮影に特化したインターフェース
  • ZV-1は内蔵マイクが強化
  • ZV-1はチルトにもバリアングルにも対応
  • ZV-1の方が暗所に強く背景がボケる(F1.8)
  • ZV-1の方が手振れに強い

ZV-1の方が価格が実売で3万円安い

発売当初のRX100M7の価格は13万円強だったんだけど、ZV-1が発売されたことで現在の実売価格は12万円強まで落ちてる。

対して新しく発売したZV-1は新品価格で9万円程度と、実売価格ベースでもRX100M7より3万円も安い。

既にRX100M7を保有している俺には全く関係ない話なんだけど、今から動画撮影用にRX100M7かZV-1で迷っている人には選定の大きなポイントになる。

ZV-1は動画撮影に特化したインターフェース

RX100M7が今までソニーが培ってきたカメラ用の使いやすいインターフェースを踏襲しているのに対して、ZV-1は動画撮影に特化するべく大幅にボタン配置を変更している。

具体的には下記4点。

  • フラッシュ ⇒ 高音質マイクに変更
  • ファインダー ⇒ ホットシューに変更
  • モード切り替えダイヤル ⇒ ボタン化
  • 動画撮影ボタン配置 ⇒ 上に変更

全てのカメラ用パーツをビデオ用パーツに変更していて、動画撮影目的なら明らかにZV-1の方が使いやすく設計されている。

逆に写真撮影用とだと使いにくい。この辺りは諸刃の剣だけど、思い返してみると俺はRX100M7で動画撮影しかしていない。悔しい。

ZV-1はバリアングルにも対応

RX100M7の背面液晶はチルトにのみ対応していたのに対して、ZV-1はバリアングルに対応。

両方共正面に向けられるのは同じだけど、ZV-1は横方向の90度とか更に柔軟な角度調整が可能。

俺の用途だと今のところ正面にしか向けないからどっちでもいい気はする。

ZV-1は内蔵マイクが強化

上の変更点でも書いている通りだけど、ZV-1はフラッシュがあった場所に大きめのマイクを配置することで音質の向上を図った。

そもそもフラッシュなんてほとんど使う機会は無いからこの変更は英断だとは思うけど、どっちにせよ俺は外部マイクを使うからどっちでもいい。

ZV-1は多分外で撮影するときの音質が向上してる。

ZV-1の方が暗所に強く背景がボケる(F1.8)

RX100M7の最小F値が2.8なのに対して、ZV-1の最小F値は1.8。

つまりZV-1の方が暗所に強く、背景ボケもさせやすい。

その分ピントが薄くなるんだけど、強力な瞳AFがあるから無敵。

この部分は明確に差が出る改善だと思う。

ZV-1の方が手振れに強い

聴いた話だとRX100M7よりZV-1の方が手振れに強いらしい。そりゃVlog用カメラなんだから当たり前って話ではあるんだけど、たしかにRX100M7の手振れ補正はクソだったからそこが少しでも改善されて手持ち撮影に耐えれるくらいになっているなら嬉しい。

ただ、ウェブ上を見ていると、結構違うとか全く変わらないとかの意見が錯綜してて何とも言えない。微妙に改善程度に捉えておいた方が良さそうで、GoProとかのアクションカメラを期待すると多分がっかりする。

ZV-1はRX100M7の完全上位互換

改めてRX100M7とZV-1を動画撮影用カメラとして比べると圧倒的にZV-1の方が上回っていた。

そりゃ後発だし動画撮影用だし当たり前ではあるんだけど、じゃあ実際にRX100M7から買い替える価値があるの?と問われるとかなり微妙。

というのも多分違いを実感できるのは下記2点で

  • ZV-1の方が暗所に強く背景がボケる(F1.8)
  • ZV-1の方が手振れに強い

それもおまけ程度の違いっぽくて期待できない。

ただ、逆に言うとRX100M7を動画撮影でしか使っていない俺にとって、乗り換えるデメリットは無いということにもなる、価格以外で(倒置法)

そこでメルカリでのRX100M7の売却価格を調べると99,000円で、アマゾンでのZV-1購入価格を調べると89,910円だった。

なんだメルカリ手数料加味しても金銭的なデメリットが無いじゃん。ということで買った。

またレビューする。

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/10/2

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 ライフハック 体験談

2020/10/27

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-カメラ

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.