ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

ライフハック

タイバンコクでの月5万円生活を真面目に考える【ノマドの楽園】

投稿日:

タイで5万円で生活しながら大金を稼ぐことで有名なマナブさんの言う5万円生活というのが本当に可能なのか。過去に3度のタイの激安旅行で得た感覚で検討してみたい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



マナブさんは友人宅に宿泊している

まず初めにmanablogで有名なマナブさんは友人のツテで安く宿泊させてもらうことで宿代を抑えて月5万円での生活を実現している。

今回はタイにコネが一切ない人が5万円で生活できるのかというのと、実際にどのくらいの生活レベルになるのかということを考える。

タイバンコクは月5万円のつもりだと面食らう

俺がタイに行くときは決まって日本人フリーランスが多そうなドミトリー式の安宿に宿泊しているんだけど、そこで出会った日本人の何人かもタイバンコクなら5万円で生活できるというマナブさんのブランディングを頭に来ていた。

ただ、タイバンコクで月5万円というのは思っている以上に難しく、実際は結構お金がかかると現実に面食らっていた。

俺がまだブログで独立していない時にタイの日本人フリーランスに会いに行った話は下記。

バンコクの日本人フリーランスに学んだ独立するための心構え

先週まで8日間ほどタイに行っていた。タイに行ったといっても宿はドミトリー式(簡易カプセルホテル)の安宿で、観光はほぼ全くせずにブログを書きながら現地人と同じような生活をしていたから3万円も使っていない ...

続きを見る

【先に結論】バンコクでの5万円生活は一応可能

まず最初に結論から書いてしまうと、明日からタイバンコク行って月5万円だけでの生活は実現できる。ただ、現地人顔負けの質素な生活になる。

5万円で生活するということは下記を全て5万円で賄うことになる。

  • 宿代
  • 食費
  • 洗濯代
  • 移動費
  • 遊行費

これはタイバンコクとは言え意外と難しい。

Sponcerd


まずタイバンコクで最低限の宿を確保する

一月生活するためには何よりもまず宿を確保するのが先決。タイは外国人観光客が多いことからドミトリー(簡易カプセルホテル)式の安宿が多く存在する。

最低限の清潔感と共用スペースの快適な作業環境を保てる安宿の

最安の価格帯は一日600円ほど。

30日なら18,000円だ。この金額は譲れない。残りの金額は32,000円。これで生き残る。

服の洗濯は1週間に一回100円程度

衣食住の内、住が確保できた。次は衣だけど、幸いタイが南国なこともあって半そで半ズボンでいい。日本から持参した服で十分賄える。

洗濯はどの安宿にも洗濯機が備え付けられていて、一回の使用料は100円ほど。1週間分の服を持参して、1週間に一回選択すると考えると

  • 100円×4週=400円

洗濯代は取るに足らない金額で収まる。

タイでの食費は屋台以外は高い

衣食住の内、衣と住が確保できた。次は食だ。

タイのコンビニの相場は日本とほぼ同じだからNG

さて物価が日本の3分の1と言われているタイバンコクだけど、最近はじわじわと物価が上がっていて、場所を選ばないと日本と変わらないというパターンも少なくない。

タイにはそこら中にセブンイレブンがあって24時間営業で助かるんだけど、なんとコンビニの相場は日本とほぼ一緒。普通に3食をコンビニで済ませてしまうと一日2000円ほどかかるから30日だと6万円で完全にオーバーする。コンビニは必要最低限にしないと月5万円は達成できない。

タイの飲食店の相場は日本とほぼ同じだからNG

コンビニがダメなら飲食店は安いのかというと全くそんなこともない。屋根があって入り口もあるタイプの飲食店だと一食1000円はかかる。しかもタイのお酒は日本よりも高いからもってのほか。ということで飲食店もNGだ。

月5万円生活は屋台での食事がメイン

ということで行きつく先は屋台または簡易式の屋根がついているだけの飲食店ということになる。もちろんエアコンは効いていない。長居をするという感じではなくて、食べたらすぐに帰るか持ち帰るかになる。

屋台での買い物は焼き鳥なら1本30円から、大きめのフライドチキンで140円ほど。高くても一食300円あれば済ませられる。

  • 1食300円×3食=1000円
  • 1000円×30日=30,000円

厳密には一日900円くらいだけど、食品だけでなく飲料水も必要になるからざっくり一日1,000円で計算する。屋台でなるべく安く抑えることで食費を月30,000円まで抑えることができる。

衣食住で48,400円は現地人と同じ生活推移準

月50,000円というのを目標にすると、宿と洗濯と食費で48,400円かかるから残りで使える金額は1,600円ほど。

宿は簡易安宿でのシェアハウスで、食事のほぼ全てが屋台となると、生活水準はもうタイバンコクの一般的な現地人と同じになる。

バンコクで月5万円で生活するなら移動と遊行はNG

もう薄々感じてるとは思うけど、月5万円生活で宿と洗濯に18,400円、食費に30,000円だと残されたのは1,600円のみ。これで移動と遊行について考える。

タイでの移動コストは激安

タイでの移動コストは日本と比べて非常に安い。具体的には下記。

  • タクシー初乗り 100円
  • 市バス 30円
  • 電車 100円

移動した先で遊ぶことができない

移動コストが安いとはいえ残念ながら移動した先で遊べるような手持ちではない。つまり移動する意味がない。月5万円で生活したいのであれば移動と遊行はご法度だ。残金は頑張った自分へのご褒美として少し贅沢な食事に使う方向で考えたい。

Sponcerd


【結論】タイバンコクは月5万円生活は仕事しかできない

いくらタイバンコクの物価が日本と比べて安いとはいえ、衣食住を確保するのに約5万円がかかる。

日本に身寄りのない人とか、自分を追い込みたいようなノマドワーカーであれば月5万円で最低限の生活ができるのは魅力になるけど、5万円だと本当に最低限の生活で、共用スペースで電源とネットを確保しての仕事しかできないと思っていい。

タイで会ったフリーランス日本人のように、5万円で余裕で生活できるという考えだと面食らう。

ノマドワーカーの気分転換にタイバンコクはおすすめ

5万円で生活すると質素な生活になるとはいえ、最低限の生活ならこれくらいの金額で済んでしまうというのはタイの魅力。ノマドワーカーとかブロガーは日本でも家にこもってパソコンと睨めっこしてる人が多いから、そういう人が気分転換のためにバンコクへ行ってもコスト的な負担が少ないのが嬉しい。

タイはマッサージとタピオカミルクティーが激安

とくにタイだとタイ古式マッサージが一時間1,000円とか、日本で大流行しているタピオカミルクティーが1杯80円で飲めたりと、日本だとコストが気になる贅沢が気軽にできる。

場所によっては日本と物価が変わらないけど、逆に言うと日本より物価が高い物は無いから何をするにも気が楽。寒くないし花粉が飛んでないのも嬉しい。

タイバンコクなら明日からでも月5万円生活が可能

タイバンコクなら5万円で余裕で生活できる!と考えると面食らうけど、気分転換したいけどお金はかけたくない、という人には最高の環境になる。

しかもパスポートがあれば明日からでもタイバンコクに飛んで月5万円での生活を開始できる柔軟性は素晴らしい。日本での生活に疲れた人ととか新規一転で環境を変えたい人を受け入れてくれる深い懐が魅力だ。

タイバンコクの魅力とタイに行って気付いた日本の魅力【一人旅に最適】

今年の2月ごろに一度タイのバンコクへ一人で行った記事を書いたんだけど、あの記事は2回目のバンコク一人旅で、その後にもう一度一人で行っているから既に3回も一人でタイに行っていることになる。かつでは一人で ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-ライフハック

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.