ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

パソコン・周辺機器

【HP Spectre X360 15の第一印象】持ち運んで動画編集できるノート

2019年5月8日

外出先でも動画編集したいというニッチな俺の需要を満たすためだけに半年前に購入したMateBook X ProをSpectre X360 15に買い替えた。早速パソコンの移行作業を終えて作業環境をSpectre X360 15に置き換えているから、13.9インチを15.6インチに買い替えたファーストインプレッションをまとめたい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Spectre X360 15を選んだ理由はスペック

まず俺がSpectre X360 15に買い替えた理由は必要に迫られていたからなんだ。それまで使っていたMateBook X Proに不満があったわけではない。ただ、外出先でも動画編集をするためにスペックを上げざるを得なかった。

そこで動画編集にも耐えられるハイスペックなノートパソコンを検討してまとめた記事が下記。

【2019年版】おすすめクリエイティブハイエンドノートパソコン4選

ノートパソコンで動画編集も画像編集もしたい。もういっそのことデスクトップパソコンを購入した方が効率的なのは早いのはわかってはいるけど、できれば外出先でも使いたい。でもゲーミングノートPCはデザイン的に ...

続きを見る

この中で最後までSurfacebook2と迷ったんだけど、GPUで勝るSurfacebook2よりも、CPUで勝るSpectre X360 15の方が効率よく作業ができると判断してSpectre X360 15を選んだ。

今回購入したSpectre X360 15のスペックは下記。

液晶サイズ 15.6 インチ
解像度 3840x2160
CPU Core i7-8750H
GPU  GTX 1050Ti Max-Q
メモリ 16GB
ストレージ(GB) SSD512GB
駆動時間 13時間45分
重量(kg) 2.17 kg
USB-A(フルサイズ) 1
USB-C 2

Spectre X360 15は16ギガメモリにデスクトップ級のCPUと高性能GPUを積んだ最上位ランクのノートパソコンだ。お値段は24万円と俺の家計にもかなりのダメージになった。

最後まで迷ったSurfacebook2は3:2ディスプレイを搭載している数少ないモデルで、3:2という画面比率は画像編集や動画編集などのクリエイティブな作業に最適。縦に長いから画面分割しながらのブログ執筆もやりやすい。もともと俺が使っていたMateBook X Proも3:2比率のディスプレイを搭載していることもあって、

気持ちは最後までSurfacebook2に傾いていたんだけど、値段が高いのに処理能力が落ちる事実に納得できなかった。

MateBook X Proは動画編集でもやらない限りは文句のない完成度の高いパソコンで、Spectre X360 15に買い替えてからもMateBook X Proはやっぱり良いなと思うことが多い。MateBook X Proを2か月使った感想をまとめた記事は下記。

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間で ...

続きを見る

家で使う分には15.6インチは快適

ここまでSpectre X360 15がまるで望まれない子供みたいな書き方をしているけどそんなことはない。

それまで13.9インチの、どちらかというと持ち運び用に作られたMateBook X Proを使っていたのに対して、家庭用メインマシンとして作られたSpectre X360 15は家で使う分には極めて快適。そりゃ重さのデメリットがないなら大きい方が良いに決まってる。

それまで大きなデスクには小さすぎたノートパソコンが

Spectre X360 15に置き換えるとそれなりに大きくなる。

当然画面が大きい方が見やすいし迫力がある。本体サイズが大きいから4つも搭載されているスピーカーの音にも広がりを感じるし、低音も少し強くなった。音質はMateBook X Proよりも確実に良くなった。

Sponcerd


ディスプレイを左右に分割した作業性も高い

俺が3:2のディスプレイにこだわり続ける理由は、ウィンドウを左右に分割した時の作業性が高いから。実際MateBook X Proは画面を分割しても使いやすい解像度を保てたからガジェマガの執筆作業が超捗った。

しかもMateBook X Proは画面分割しても快適に文字が読める本体サイズとしては最小。13.9インチもの大画面を搭載しながらたったの1.33キロしかない。

Spectre X360 15は画面分割が余裕の解像度

とは言え、画面分割した際の作業性としてはSpectre X360 15も負けていない。

3KディスプレイのMateBook X Proと違ってSpectre X360 15はのディスプレイは4K。俺は文字を視認しやすい実用的な拡大率として125パーセントを選択しているから、実質的な解像度だけで比較すると下記。

  • MateBook X Pro 2,400×1,600 13.9インチ
  • Spectre X360 15 3,072×1,728 15.6インチ

結果的に縦の解像度はSpectre X360 15の方が128ピクセル多い。縦の表示範囲がMateBook X Proよりも多くなったことで作業性が高まったし、横幅にも余裕があることで横長のページも100パーセント表示しきれるようになった。

だってSpectre X360 15の方が圧倒的に本体サイズが大きいんだから当然といえば当然。とはいえ、大部分の作業時間を占める家の中での作業性は上がった。

Spectre X360 15は外での使用もなんとかなる

15.6インチの2.17キロは確かに大きい。収納する鞄を選ぶし、開くテーブルも選ぶ。15.6インチは外で使えない大きさではないけど、外で使えるギリギリの大きさなのは間違いない。

とはいえ元々13.9インチの1.33キロを持ち運びながら使っていたから、それとの差で考えると約800グラム増えるだけ。肩掛け鞄だと長時間は苦しいかもしれないけど、リュックサックなら違いを感じるほどの重さじゃない。マクドナルドの一人席にもギリギリ置けるサイズだから、狭いカフェでも置けないこともなく、意外となんとかなるサイズだった。

Spectre X360 15はぴっちぴちの合皮製専用ケースが付属しているのもうれしい。

135Wで充電できる専用の充電器も一緒に持ち運ぶとなると合計で2.7キロにもなるから、そこそこ負担は大きいんだけど、

Spectre X360 15はUSB Type-Cでの充電にも対応している。

先日購入した小型高出力充電器Anker PowerPort Atom PD 1なら、30Wのスピードで充電できるから、GPUをバリバリ使うシチュエーションでもない限りは普通に充電速度が上回る。

Anker PowerPort Atom PD 1の重量はたったの55グラム。これなら持ち運びも簡単。Anker PowerPort Atom PD 1の詳細は下記。

【Anker PowerPort Atom PD 1】超小型30W爆速充電器レビュー

Ankerから超小型の30W充電器Anker PowerPort Atom PD 1が発売されてブロガー界隈で話題になっている。というのも12インチMacbook付属の充電器と同じ充電効率なのにサイズ ...

続きを見る

Spectre X360 15がMateBook X Proより劣るところ

家の中で使う限りSpectre X360 15がMateBook X Proに負けている点はほぼないんだけど、それでも気になるのは下記。

  • タッチパッドの狭さ
  • ディスプレイの縦の長さ

タッチパッドの狭さ

MateBook X ProはMacBookのデザインをパクっているだけあってタッチパッドが超広い。

具体的にはこんなに違う。(左がMateBook X Pro、右がSpectre X360 15)

なんと本体サイズはMateBook X Proの方が小さいのにタッチパッドはMateBook X Proの方が広い。どうかしてるぜ!!!

この大きさの差は使いやすさにも直結していて、MateBook X Proの方が縦スクロールしやすい。

Sponcerd


ディスプレイの縦の長さ

ディスプレイの話がしつこすぎて申し訳ないけど、MateBook X ProとSpectre X360 15のディスプレイを単純に縦と横で比較すると

横は当然Spectre X360 15の方が長いんだけど

縦はMateBook X Proの方が微妙に長い。これは衝撃的。MateBook X Proは縦の視認性に優れる。

全体のフォルムもMateBook X ProはSpectre X360 15と比較して無駄が無くて美しすぎる。

Spectre X360 15の悪いところ・デメリット

ここからはとりあえず2日使ってみて感じたSpectre X360 15の悪いところを羅列していく。

ディスプレイがややオレンジ気味

MateBook X Proは世界のHuawei製なだけあって、ディスプレイの発色が良くクセの無い色合いが評判だったのに対して、Spectre X360 15は若干オレンジ寄り。

Spectre X360 15はブルーライトが少なくて目に優しそうだけど、Spectre X360 15で作成したコンテンツの見え方がiPhoneとかと若干違うのはデメリットになる。

とはいえ微妙な差だから気にしない。ディスプレイの色を微調整しながら使いたい。

指紋センサーの認証制度は五分五分高かった

Spectre X360 15にはパームレスト右側に指紋センサーがついているんだけど、認証制度は五分五分。WindowsOSにPINを求められる3回失敗の前に一度は成功するくらいのイメージ。

MateBook X Proが失敗した記憶がないくらい認証精度が高かったことを思うと、Spectre X360 15は昔のエクスペリアを思い出させてくれる精度で、まだこんな指紋センサー世の中にあるんだという感想。

指紋を登録しなおしたら制度も高く速度も爆速になった。Spectre X360 15ごめん。

しかもSpectre X360 15は赤外線カメラにも対応する。指紋と赤外線カメラの好きな方で高いセキュリティを確保できるのが嬉しい。

ファンの音がキーンのタイプでうざい

Spectre X360 15はボディの左右と下にファンがついていて、全力で排熱を進めてくれるんだけど、ファンが回転するとキーンという甲高い音を発して耳障り。

この音は静かな環境でないと聞き取れない程度だから、俺が気にし過ぎなんだけど、MateBook X Proはファンが回っても気にならないサーという音だったから残念。しかもSpectre X360 15はスペックが高いせいで発熱量も多く、ファンは永遠に回り続ける。

動画編集用ノートパソコンを持ち運ぶ選択

一般的に持ち運びを想定したウルトラブックは重くても1.3キロほどで、フレームレス化が進んでいて小さく軽くなり続けている。そんな中で15.6インチを持ち運ぶ暴挙に出たんだけど、15.6インチは頑張れば意外と何とかなるサイズだった。

使ってみると2キロは普通に持ち運べるなという印象で、辛さよりも画面の大きさと処理能力の高さによる快適さが上回る。むしろ今までどうして15.6インチを敬遠し続けていたのかがわからなくなった。

たしかにMateBook X Proは洗練されまくったノートパソコンだけど、高すぎるスペックをギリギリ持ち運べる大きさと軽さに収めてきたSpectre X360 15は人によっては唯一無二の選択肢になる。万人におすすめできるものではないけど、そこまでビビる必要も無かったというのが最初の印象だった。

Spectre X360 15のスペックは今後詳細なレビュー記事で改めて解説したい。あと状態の良すぎるMateBook X Proが近日中にメルカリに出品される予定だから気になる人はチェックしておいてほしい。

初期不良端末で二日で壊れました

今回購入したSpectre X360 15だけど、初期不良に遭遇して僅か二日で壊れた。HPと家電量販店に依頼して初期不良に対応してもらった経緯は下記の記事でまとめているから見てほしい。家電量販店で購入したおかげで命拾いした。

ノートパソコンを家電量販店で買うメリット【vs 通販】

ネット通販全盛期のこのご時世では、宅配の兄ちゃんと顔見知りの人も少なくないはず。とにかくネット通販は楽で便利。俺もずいぶん前から宅配中の兄ちゃんに街中で挨拶するくらい頻繁に荷物を届けてもらうようになっ ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/11/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.