ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

メンズ美容・健康

34歳からの歯列矯正にインビザラインを選んだ理由【カウンセリング

2020年12月1日

先日34歳という遅すぎる年齢で最初で最後の歯列矯正を開始したんだけど、いざ歯列矯正を始めようとしてもどんなプランがあってどこから手を付けていいのかがわからないのが一般的。

もちろん俺もその一人だったから渋谷区在住という地の利を生かして6か所の歯医者でカウンセリングを受けまくってきた。

ということで今回は俺が聞いた歯列矯正の概要と、俺が歯医者を選んだポイントを解説する。今後歯列矯正を検討している人の参考にしてほしい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

歯は一本100万円の価値?

誰が言ったかは知らないけど一説によると歯は1本100万円の価値があるというのが歯科医師の見解なんだとか。

100万円の内訳は無くなった歯を補う費用もそうだけど、歯に異常がでてしまうと食事がしにくいとか喋りにくいとか力みにくいとかで生活満足度が大きく低下するらしくて、全て含めて1本約100万円なんだとか。意外と歯は食事以外でも使ってるっぽい。

健康は失って初めてありがたみに気付く

幸い俺は今のところまだ全ての歯があるから一本100万なんて高くね?って気はするけどそう思うのは健康だから。腹痛に見舞われるたびにお腹が痛くない日常に感謝しながらうんこしてたことを思うと健康ほど失ってから後悔するものはないんだと思う。

歯列矯正で歯の健康寿命が延びる

で、お金がある人は一様に歯にはお金をかけた方がいいっていうんだ。そしてその一番効果的な方法が歯列矯正らしい。

歯並びがよくなれば歯にゴミがたまりにくくなるしメンテナンスもしやすい。結果的に虫歯にも歯周病にもかかりにくくなって歯の健康を保てるようになるんだとか。歯列矯正は見た目の良さばかりが注目されがちだけど、それ以上に健康効果が大きいらしい。

ということで34歳という今更感溢れる年齢から歯列矯正を始める決意を固めた。

歯列矯正は大きく3種類

歯列矯正を始める決意はまだ序章に過ぎない。次にどこの歯医者で歯列矯正するか、どの方法か、値段はいくらかと検討することは多い。

それを知るために6か所の歯医者で歯列矯正のカウンセリングを受けてきたから俺が学んだことを解説する。まず歯列矯正には大きく下記3種類がある。

  • 前側ワイヤー矯正 2年80万円~
  • 裏側ワイヤー矯正 2年110万円~
  • インビザライン 1年半80万円~

価格は全て渋谷区価格だから、地方ならもう少し安いプランもあるとは思う。東京は場所代が高い。

前側ワイヤー矯正 2年80万円~

歯列矯正と言われてぱっと頭に浮かぶ矯正方法。歯の前側に金属パーツを取り付けて針金で繋いで、定期的にワイヤーを調整することで歯を動かす。

昔からある手法だから老舗の歯医者で取り扱っていることが多い印象で、値段も渋谷区で80万円からと歯列矯正の中では比較的安め。

かかる期間としては歯が動くのに1年半、歯の固定に半年の合計2年という感じ。

最大の欠点は歯列矯正器具が丸見えで見た目に影響が出まくることで、中学生とかならまだしも34歳でこれはちょっと恥ずかしいから個人的には無し。

裏側ワイヤー矯正 2年110万円~

名前の通り金属パーツを裏側に着けるワイヤー矯正。やることは前側ワイヤー矯正と同じ。

但し前側と違って裏側は取り付けも手間で技術も必要になるからか取り扱ってる歯医者は少な目。嬉しいのは裏側だから見た目に影響が出ないことだけど、その分価格が跳ね上がる。

あと歯の裏側に器具が付くから活舌に影響が出まくるらしい。期間は前側と同じ約2年。

インビザライン 1年半80万円

最近多くの歯医者が取り扱っているマウスピースによる矯正。微妙に型が違う多数のマウスピースを一定期間ごとに交換してマウスピースの型通りに歯並びを整ええていく矯正方法。

インビザラインは精密検査をしたデータを製造元に送ればマウスピースが貰える手法だから歯医者に難しい技術が求められないのが特徴。

その分小さな歯医者でも取り扱っていたり、そもそもインビザライン矯正しかしてない歯医者もどき?のような歯医者もある。

マウスピースは一日20時間つければよくて、食事中とか必要なタイミングで取り外せる上に透明だから見た目にもほとんど影響が無いのが嬉しい。値段も渋谷区でも80万円からと意外と安い。

但し食事の度に外さないといけないのは手間。矯正期間は後述のオプションによりけりだけど最短なら1年。長くて2年だった。

歯列矯正では必ず抜歯は必要

多くの人が歯列矯正で不安に感じるであろう抜歯だけど、歯列矯正をするのであれば必須。これはどの歯医者のカウンセリングでもそうだった。

というかそもそも親知らずが歯のスペースを圧迫するから歯並びが悪くなるらしい。

親知らずは早めに抜いたほうがいい

既に親知らずを抜いてしまっている人はそのままでOK。まだ抜いてない人は歯列矯正のために全て抜く必要がある。

俺の場合は幸か不幸かすべての親知らずが綺麗に生えていたから難なく抜けたんだけど、顔が小さい人とかは親知らずが横向きに生えているパターンとかがあって、

抜いてしばらくは歩けなくなったり、最悪抜くために入院が必要になるケースもあるらしい。

いずれにせよ親知らずの抜歯は遅かれ早かれ必要になる。歯列矯正を決断してから抜くのはそれはそれで大変だから、今生えている人は来たる歯列矯正に備えてとっとと抜いてしまうのがおすすめ。親知らずが生えてたところでメリットは無い。

歯列矯正のカウンセリングの流れ

さて歯列矯正を始めるためにはまず歯医者でカウンセリングを受ける必要がある。ただ、歯列矯正を取り扱っている歯医者は意外と少ないんだ。自分が通っている歯医者で取り扱っていない場合はウェブで歯列矯正を取り扱っている歯医者を探す必要がある。

寧ろ自分が通っている歯医者で取り扱っていたとしてもセカンドオピニオンは絶対に受けた方がいい。歯列矯正は高額だし一年以上の期間がかかるから、自分が納得するまで話を聞くべき。

歯の写真と顎周りのレントゲンを撮影

カウンセリングの流れは歯医者によって様々だけど、多くの場合は口の中に鏡を突っ込まれて多数の歯並びの写真を一眼レフカメラで撮られたり棒を加えさせられて顎全体のレントゲンを撮られたりする。使ってる一眼レフカメラはなぜかキャノン製が多かった。

その後に撮影した歯並びを見ながらどの歯を抜くか、どの矯正方法を使うか、あとはかかる期間と金額を提示される。

抜歯する歯は歯医者によって異なる

歯列矯正は驚くほど歯医者によって手法が違う。親知らずを抜きたがる歯医者もあれば前歯を抜きたがったり前から4本目の歯を抜きたがったりと様々。

この辺りは歯医者ごとに完了までの最短ルートを検討した結果なんだと思う。というのも親知らずを抜いてしまうと親知らずが生えていたスペースまで歯を下げないといけないからその分時間がかかるんだ。

前歯の歯並びが悪いなら前歯を抜いたほうが手っ取り早い。既に親知らずが無い場合はそれ以上の抜歯を提案されることはない。

矯正方法の提案も歯医者によって異なる

あと歯医者によって取り扱っている矯正方法も様々で、ワイヤー矯正しか取り扱っていないところもあればインビザラインしか取り扱っていないところもある。

中には最初はワイヤー矯正で途中からマウスピース矯正というハイブリット型を提案する歯医者もあった。どうもインビザラインはまだ新しい手法だからか老舗の歯医者ほど信用しておらず嫌っている印象だった。

インビザラインなら最短一年で完了

結局お前はどの手法を選んだんだって話なんだけど、俺は順当にインビザラインを選んだ。その理由は下記。

  • 見た目への影響が少ない
  • 取り外しができる
  • 矯正加速装置で期間を1年に短縮可能

インビザラインはやっぱり見た目への影響が少ないのが大きくて、はなからインビザラインを選択するつもりで一応他の話も聞いた結果やっぱりインビザラインになった。

34歳で矯正器具を付けるのはちょっと恥ずかしい。あとは取り外しができるからYoutubeの撮影とか必要に応じて柔軟に対応できるのが魅力だった。

インビザラインは矯正加速装置を使える

インビザライン矯正がその見た目以上に魅力的なのは矯正加速装置が使えることなんだ。俺も歯医者で話を聞くまでは全然知らなかったんだけど、最新の矯正方法であるインビザラインは日々研究も進んでいるらしくて、インビザラインでしか使えない矯正加速装置が存在していたりする。

それがスマイルプロとかオルソパルスと呼ばれる装置なんだけど、これを使うことで矯正期間を2年から1年に短縮可能。もちろん別途20万円程度のオプション料金はかかるけど、20万円で一年を買えるなら激安。

矯正加速装置を取り扱う歯医者は少ない

ただ、その歯医者がインビザラインを取り扱っているからといって矯正加速装置を取り扱っているとは限らないから注意。

俺は4か所目のカウンセリングで初めてオプションとして矯正加速装置を提示されてその存在を知った。やっぱりカウンセリングは多めに受けた方がいい。

今の歯医者を選んだ理由

俺は9月に矯正を申し込んで11月から既にスタートしている状況なんだけど、俺が最終的に今の歯医者を選んだ理由はその歯医者が矯正加速装置を取り扱っていたことと担当医が好印象だったからなんだ。

結局値段はどこも代り映えしないから最終的には今後長く通うことになるであろう歯医者の雰囲気を重視した。

一件目は5%オフが期限切れで再検討

当初は2月ごろに一度カウンセリングを受けた歯医者に申し込むつもりで9月に再度のカウンセリングを受けたんだけど、1度目に提示された5%オフがもう期限切れだと頑なに拒否されたから再検討することになった。

この時に提示された金額はオルソパルス込みで130万円。完了までの期間は1年半だった。

別の歯医者でカウンセリング

その後改めて矯正加速装置オルソパルス込みのインビザラインを取り扱っている歯医者を調べてカウンセリングを受けた結果、そこでは矯正加速装置のオルソパルスと更にスマイルプロ(スピードオルソ)も使って125万円という金額を提示された。


引用:目白歯科矯正歯科

ここで提示された期間は前の歯医者より半年も短い1年だった。矯正加速装置凄い。

待合室で決断するまでの葛藤

5万円も安くなったし期間も半年短くなったしもうここでよくね?って思った。ただ翌日にもう一か所カウンセリングを予約していた。明日の歯医者ではもっと良いプランを提示されるかもしれないし、無駄足になるかもしれない。どうする俺。

と迷っていたんだけど、その歯医者でのカウンセリング時に俺の顎が微妙にずれていること、矯正をすれば治るかもしれないし、治らないかもしれないと淡々と伝える客に媚びない態度が好印象だったからそこに決めることにした。

俺はその場で受付に「やっぱり今日の精密検査をお願いします」と精密検査代の4万円を支払って明日のカウンセリングをキャンセルした。

歯列矯正はインビザラインがメジャー

俺は最初からインビザラインを選ぶつもりで結局インビザラインを選んだから結局遠回りしているだけのような気もするけど、6か所でカウンセリングを受けた結果やっぱりインビザラインが自分に一番合っていると納得できた。

あと当初は存在も知らなかったオルソパルスとスマイルプロという矯正加速装置の存在を知れたお陰で、矯正期間を2年から1年まで短縮できたのは収穫だった。その分値段は80万円から125万円まで55万円高くなったんだけど、タイムイズマネーだから気にしない。

歯列矯正は医療費控除を受けられる

今回色々な歯医者で話を聞いて初めて知ったんだけど、歯列矯正は医療費控除の対象になる。厳密には歯列矯正は保険診療対象外だから医療費控除の対象にならないんだけど、歯列矯正の過程では必ず治療行為も必要になるから結局対象になるらしい。ややこしい。

どの歯医者に聞いても「税務署になにか言われれば診断書も書くので大丈夫ですよー」ってことだった。そもそも税務署も何も言ってこないらしい。ということで俺の場合は125万円から10万円を引いた115万円が控除の対象。俺の今年の所得税と住民税は現在50%の水準だから、125万円の歯列矯正で57万円税金が安くなる。

馬鹿にならない金額だから歯列矯正を始めるなら医療費控除の申請も忘れないようにしてほしい。

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/1/15

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-メンズ美容・健康

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.