ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

パソコン・周辺機器

hueのLEDテープライトを間接照明として使う【Leproはクソ

2021年10月14日

そうだ!昼は明るく、夜は暗いライトを使うことでオンとオフを切り分けたい。間接照明だ!

という感じで改めて間接照明の導入を検討したんだけど俺の部屋はとにかく狭い。光は欲しいけど場所は取られたくない。これってトリビアになりませんか?と考えていた時にテープライトの存在を発見した。

テープライトなら場所を取らない間接照明として活用できる。しかもグーグルアシスタントでの操作も可能。完璧。ということで導入したからその経緯を記事にする。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

オンとオフを使い分けたいが始まり

繰り返しになるけど間接照明導入を思い立ったのはオンとオフを切り分けたいと考えたからなんだ。

BenQディスプレイライトが意外に良い

今月はデスク環境改善が目標で、その一環で多くのデスク環境Youtuberが紹介していた99%意味がないであろうBenQディスプレイライトを試しに購入してみたのが始まり。

こんなもん効果あるわけねーだろと思っていたんだけどいざ使ってみると明らかに目の疲労感が違う。

なんでなんで?と驚きつつ俺気付いた。メインで使っているシーリングライト照明を消したからだと。

そうか、明るい光は目への負担が大きいんだ、なら間接照明を導入すればもっとオンとオフを切り分けてリラックスできるんじゃないか。

こうして俺に新たな目標ができた。

LEDテープライトはhueが最強

ただ、いざ間接照明を導入すると言ってもその導入方法は様々。

そこでまたYoutubeで間接照明を解説しているおしゃれ系Youtuberの動画を漁ったんだけど、専門家曰くどうやら間接照明は明るい物を一つよりも、暗い物を複数配置する方がリラックス効果が大きいんだとか。

なら複数導入するしかない。とはいえ俺の部屋は地獄の6畳1Kで超狭い。これ以上物を増やすのはできる限り避けたい。だから場所を取らない間接照明が絶対条件。そこで登場したのがLEDテープライトなんだ。

Lepro LEDテープライトは暗すぎ

ということでAmazonで検索して上位に出てきて、おしゃれYoutuberも絶賛していたLeproのLEDテープライトを購入したんだけど光量が小さすぎてゴミすぎた。

間接照明というよりは蛍のような光でマジで使えたもんじゃねぇ。

hueのLEDテープライトは最強の明るさ

他にグーグルアシスタントに対応したLEDテープライトはないのかと探した結果見つかったのが鬼のように価格が高いhueのテープライトだった。上で解説したLeproのゴミテープライトが2400円なのに対して一流メーカーhueのLEDテープライトはなんと10,000円と超高い。

10,000円払って得られるものが明るすぎない照明というのはどう考えてもおかしい。光量と価格が見合ってない。しかもhueと言えばライトの他にブリッジと呼ばれる専用製品も購入しないとグーグルアシスタントでコントロールできない悪名高き製品でもある。

買うのか俺。買うのか俺。と迷うこと二日。買った。ブリッジも。

悲しいけどグーグルアシスタントでコントロールできるライトはhueが一強。そして市場を独占した製品の価格は吊り上げられる。hueがまさにそれ。独占企業の典型的な殿様商売だった。高い。悔しい。

とはいえhueのLEDテープライトはクソLeproのLEDテープライトと比べると光量が圧倒的。まず作りが雲泥の差でLeproの安物感がやばい。

Leproは何もかもがむき出し。hueはテープのデザインから凝ってる。hueすごい。

更に最大光量もこんな感じで圧倒的(上がLerpro、下がhue。カメラの撮影設定は全く同じ。)

マジでhueのLEDテープライトはそれ単独で6畳一間の照明としての役割を余裕で果たせるレベルで明るい。というか眩しい。一流メーカーすごい。

一般的な間接照明と比較してもこんな感じ。

60W電球にも全く引けを取らない明るさ。なんだこのLEDテープライト。

hueのLEDテープライトを間接照明に

買ってしまったものは仕方ないからhueのLEDテープライトを間接照明として使う準備を進める。といっても場所を探してテープライトを張り付けるだけだから超簡単。

問題はその貼り付け場所ではあるけど、俺の部屋は既にテレビ側には間接照明を一つ置いている状態で、

その反対側の作業スペースにライトが無く暗いことが気になっていた。

この中で2メートル分のテープライトを貼るにはベッド下が最適。

ということでベッド下に潜り込んでhueのテープライトを普通に貼っていく。マジで貼るだけ。非常に簡単。

セッティング完了。

点灯するとこんな感じで火力がやばい。

火力は後で調整することにする。

Lepro LEDテープライトも一応使う

問題はこいつだ。

光量がクソすぎて使い物にならないんだけど捨てるのも忍びない。ということでせっかくだからおしゃれYoutuberっぽく作業デスク裏側に張り付けて一応利用することにする。

張り付けて点灯するとこんな感じ。

火力はクソではあるけどすぐ背面の壁に反射するからギリギリそれっぽくなった。

とはいえ普通にシーリングライトをつけてしまうとほとんど視認できない程度の輝きになる。

シーリングライトと同時利用することは無いし無いよりはマシだからこのままいくことにした。Leproはクソ。

グーグルホームアプリで火力を調整

これで全ての間接照明の取り付けが完了したんだけど、上でも書いたようにhueのLEDテープライトは火力が高すぎ。

最大出力だと眩しくて仕方が無いからグーグルホームアプリから火力を調整したのが下記。

あとはグーグルホームのただいまルーチンで間接照明オン、シーリングライトオフになるように登録。

逆におはようルーチンで間接照明オフ、シーリングライトオンになるように登録した。これで終了。

間接照明でオンとオフを切り分ける

間接照明に果たしてどれくらい効果があるのかは不明。ただ、導入してから数日間で確かに眠くなりやすくなった気がした。

意識高い系インフルエンサーがしきりに照明の色は重要だと言っているように、仕事中は白い直接照明、寝る前はオレンジ色の間接照明というコントロールが意外とメンタルへの影響が大きいのかもしれない。

安い物は悪いし高い物は良い

あと改めてではあるけど今の世の中値段に見合わない物なんて無いんだなと思った。安い物はそれなりの性能だし、高い物はやっぱり良い。

これだけレビューが一般化してしまうと高くて質の悪い物はすぐに淘汰されてしまう。なんだかんだ市場に残っている製品はどれも適正価格だし、値段なりの品質だった。

つまりLEDテープライトは悲しいけど現状はhue一択。ライトメーカーの皆さん。今がチャンスです。

YEELIGHTのLEDテープライトが安い

と思ったんだけどこの記事を書いてからXiaomiのYEELIGHTからLEDテープライトが出ていることに気付いた。YEELIGHTはブリッジなしでもグーグルホームと連携できるし光量もしっかりあるのに値段はhueの3分の2程度。

hueの方が最低光量が小さいという違いはあるんだけど実用上は問題ない。今から買う人はYEELIGHTを買えば良いと思う。俺は後悔している。

【PCデスク環境改善】デスク下のコードを消す【ケーブル配線トレー

俺は自宅がオフィスだから特にパソコン周りのデスク環境には惜しむことなく金を使いまくっているんだけど、長年自宅に引きこもって作業しつつガジェットを継ぎ足し継ぎ足ししてきたから秘伝のタレのようなケーブル地 ...

続きを見る

【Blue Compass】シンプルで高い一生物のマイクアーム

月刊ガジェマガ10月号で目標にしたデスク環境改善計画もいよいよ終盤でもうそろそろやることが無くなってきているんだけど高めのマイクアームを購入したから一応紹介する。 マイクアームなんか誰が使うんだよとは ...

続きを見る

デスクツアー動画

スマホ レビュー

2021/10/9

【iPhone 13 Proレビュー】スマホ史上最高傑作。弱点4つ

毎年恒例のiPhone13シリーズが発売されたから俺も例に漏れずに購入した。別の記事でも解説した通り今回のiPhoneはProモデルが熱い。 ということでPro Maxを買いたかったんだけど出荷数が少なすぎるらしく手に入らなかったから大きさ以外の仕様が同じProを購入した。13になることでどれほど進化しているのかを確認したい。 iPhone 13 Proの特徴 今回のiPhone 13はProモデルが熱いというのは上でも書いた通りだけど、Proモデルは進化点が多い。特徴は下記。 リフレッシュレート120H ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/11/11

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/10/8

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

スマホ レビュー

2021/11/13

【Pixel 6 Proレビュー】iPhoneを殺す【弱点4つ】

グーグル謹製の鳴り物入りスマホPixelシリーズの第6弾が発売された。Pixelシリーズと言えば今まではグーグル謹製とは名ばかりのがっかりスマホというイメージが強かったんだけど、今回のPixel 6 Proは今までとは一味違う。 多数の独自機能が追加されているしスペックも全然悪くないのに値段が安い。これひょっとするとひょっとするんじゃないかという気がしている。 ということで6度目の正直となるPixel 6 Proを購入したからレビューしたい。 Pixel 6 Proの特徴 今回購入したPixel 6 Pr ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/10/23

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.