↓プライムデーを見逃すな!↓

ガジェット全般 生活

【フィリップスhue × グーグルホーム】声で操作出来ること出来ないこと一覧

更新日:

別記事でもチラッと書いてるけど、フィリップスhueホワイトグラデーション購入しました。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

フィリップスhueはスマートライト呼ばれる分野の製品で、スマホやスマートスピーカーと連携してライトのコントロールができる優れものだ。

導入方法とか感想は色んなブログで腐るほど書いてあるからそれは省いて、ここでは俺が購入前に一番知りたかったけど知ることができなかった、どこまで声でコントロールできるのかという情報を記したい。

 

スマホでできること

その前にまず、フィリップスhueをスマホでコントロールできることはこれだけある

ライトのオン・オフ

当たり前にできる。

ライトの明るさの調整

100%まで1%単位で調整できる。

ライトの色の変更

ホワイトグラデーションモデルの場合は白色と電球色のみだけど、通常モデルの場合は何色にでも買えられるのが魅力だ。

シーン設定の変更

hueアプリにはあらかじめ、「集中する」「やる気を出す」「読書する」「リラックスする」「夜間照明」などのシーン設定が入っていて、タップするだけで最適な色合い、明るさに変更してくれる。

自動点灯・自動消灯設定

自動的に電気の付く時間、消える時間を曜日ごとにルーチン設定できる。

目覚まし機能

あらかじめ指定した時間にライトがつくように設定できる。これは好きな色での設定が可能だ。しっかり目を覚ましたいときは白、ゆったり置きたいときはオレンジなど調整できる。

 

声でできること

ライトのオン・オフ 〇

当たり前にできる。

ライトの明るさの調整 〇

100%まで1%単位で調整できる。

ライトの色の変更 〇

これもできる。ただし、ホワイトグラデーションモデルの場合は少し癖があって、

白色に変えて 〇

オレンジ色に変えて ×

電球色に変えて 〇

となっていて、オレンジ色だと認識してくれないので注意が必要だ。通常モデルであれば何色と言っても反応してくれるだろう。

シーン設定の変更 ×

できない。

自動点灯・自動消灯設定 ×

できない。

目覚まし機能 ×

できない。

スポンサードリンク

 

そのほかにできること

家に近づいてきたらオン

IFTTTというアプリと連携することで、スマホの位置情報から、家に近づいたらライトをオンにして、電気がついた家に帰ってくることができる。これで一人暮らしでも寂しくないね。

メールやLINEなどの着信で点滅

これもIFTTTというアプリと連携することで、メールやLINEなどの通知をスマホではなくて、hueの点滅でお知らせすることができる。ユニークな機能だ。

 

ライトでの目覚ましは起きやすい

hueランプもアップデートが繰り返されているので、声でできることのバリエーションは今後増える可能性はあるけど、2018年4月14日現在はこんな感じだった。ライトでの目覚まし機能は自然に起きるためにかなり貢献してくれるので、寝ぼけ眼でもいいので声で設定したかった。これができればグーグルホームの目覚ましとhueの目覚まし両方を声で設定できたのに、今のところはhueの目覚ましを設定するために眠い中眩しいスマホの画面を眺めないといけないのがつらい。今後のアップデートに期待したい。

Amazonアレクサでも出来る

筆者が保有しているのはグーグルホームであって、Amazonアレクサではないので、今回はグーグルホームに限った話になるが、Amazonアレクサでもグーグルホームでできることはすべてできることを確認している。逆にAmazonアレクサならさらにできることが多いかもしれないけど、それはAmazonアレクサを入手したときに調査してみたい。

この記事も読んで欲しい↓

スポンサードリンク

カテゴリー

LINE@始めました。


更新情報をお届けします。ご登録おねがいします。
友だち追加
  • この記事を書いた人

ガジェル

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

【逃げることには全力。ガジェマガを書いている理由。】

-ガジェット全般, 生活

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.