Movie

【7点】ガジェルの映画レビュー

投稿日:2018年1月6日 更新日:


ツイッターで呟いた映画レビューをそのまま貼り付けるコーナーです。よければツイッター(@Gadgetkaeru)のフォローもお願いします。

この記事は7点の映画を掲載しています。

評価基準

10点 後世に語り継ぎたい
9点 心に刻み込まれる
8点 超面白い
7点 面白い
6点 楽しめる
5点 どちらともいえない
4点~0点 時間の無駄

 

オデッセイ

火星に取り残された主人公が不毛の地で生き残る話。救助までの生き残るためにじゃがいもを栽培する過程や、火星基地が崩壊するトラブルへの対処など、孤独の中で巻き起こるトラブルをクリアしていくワクワク感が素晴らしい。壮大な救助計画の表現も簡潔でわかりやすい。

ライヤーライヤー

24時間嘘をつけなくなった弁護士の話。何も取り繕えなくなって崩れていく日常を最大級のオーバーリアクションで描く。アメリカ式の笑いは合わないと思っている人にこそ見てほしいコメディ映画。見せ場となる最後の裁判シーンから繋がるハートフルなストーリーもいい。

ソルト

ロシアスパイの疑惑を掛けられたCIA職員の話。開始早々からスパイ疑惑を掛けられる急展開に引き込まれて、視聴者も主人公に振り回され続ける。信念に生きる主人公の目的や動機が徐々に明かされる緻密なシナリオは見事。冷戦の根の深さを感じさせるラストも余韻があっていい。

96時間

CIAの元凄腕スパイである最強パパが、娘を誘拐したアルバニアの誘拐ビジネス組織をぶっ潰す話。よく出来過ぎた展開ながらも、元同僚からもらった名刺を片手にフランス警察に扮して一人で敵拠点に乗り込むとんでもない名シーンがこの映画の価値を押し上げた。続編は見てはいけない

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-Movie