ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ まとめ

【2020年版】Huaweiスマホおすすめランキングベスト7!

2018年1月1日

今やHuaweiは世界3位のスマホメーカーにまで上り詰めた。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

2016年に日本で最も売れたシムフリー端末P9の生みの親であるHuaweiは、中国のアップルとまで言わしめるスマホメーカーだ。その端末はすべてが高い水準で、まさに世界の最先端を突き進む企業にしか生み出せない品質とコストパフォーマンスを誇る。

今回はそんなHuaweiのレベルの高い端末の中でも、比較的直近で発売されたスマホをランキング形式で紹介するので参考にしてほしい。

7位 P20Pro

ディスプレイ 6.1(有機EL)
解像度 2240x1080
CPU Kirin 970
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 4000
防水
指紋認証
DSDS
重量 180
サイズ 73.9×155×7.8
価格 予想価格10万

レビュー

Huaweiが日本を手中に収めたスマホ。ドコモと協力して販売し、プロモーションにも力を入れたことでついにiPhoneの牙城を崩した。売りは1にも2にもカメラだ。カメラ画質評価サイトDxo MARKで歴代最高の評価を獲得したカメラの画質は伊達じゃない。その秘訣はセンサーサイズにある。画質を左右する要素の中で大きいのが光を切り取るセンサーなんだけど、iPhoneが1/2.9サイズのセンサーを採用しているのに対してP20Proは1/1.7サイズのセンサーを採用した。これはコンパクトデジタルカメラの中でも上位モデルが採用するサイズで、iPhoneXのセンサーの2倍以上の大きさを誇る。

驚異の4000万画素カメラは昼間はもちろん夜景でも圧倒的で、他のスマホを寄せ付けない。スマホのグレードとしてもハイエンドモデルに位置していて、CPUに同社のKirin970を搭載し、4ギガメモリ、ストレージに128ギガを採用した。また、有機ELパネルを実装しており、最強カメラで撮影した写真を美しい画面で確認できる。

Huawei初のドコモ端末で、DSDS機能の削除と引き換えにおサイフ機能に対応する。日本ではSIMフリー版の発売はなく、DSDSやツインアプリ機能が使えるSIMフリー版に拘りたい人は海外版を買うしか無い。スペック単体で見ると10万円という値段は少し高いが、最高画質のカメラをポケットで持ち運びたいというわがままを叶えてくれる夢のスマホだ。

6位 P20

ディスプレイ 5.8
解像度 2240x1080
CPU Kirin 970
メモリ 4
ストレージ 128
バッテリー 3000
防水
指紋認証
DSDS
重量 165
サイズ 70.8×149.1×7.65
価格 65000

レビュー

Huaweiが日本を取りに来たPシリーズのフラッグシップモデル。上位モデルにPro、下位モデルにliteがある。スマホ歴代最強カメラを搭載したP20Proと最強コスパスマホP20 liteに囲まれたバランス型のスマホ。P20 Proがカメラ画質評価サイトDxo MARKで歴代最強画質を獲得したが、実はP20も歴代3位に位置しており、カメラに妥協がない。スペックもメモリ容量でProに劣るものの4ギガと十分な容量を積んでいて、CPUにHuaweiの最上位モデルとなるKirin970を搭載している。カメラも優れたハイエンドスマホでありながら6万円台で購入できる最高にちょうどいいスマホだ。

コスパという意味ではP20 liteに劣るけど、そこそこの性能にもカメラの画質にも拘りたいという贅沢なニーズに答えてくれる。生活防水やDSDSにも対応している。実は俺のメインマシンでもあり、実は俺のメインマシンでもあり、渾身のレビューも書いているので、参考にして欲しい。

【Huawei P20レビュー】高画質カメラをポケットで持ち歩く

5位 Mate 20 lite

ディスプレイ 6.3(19:6)
解像度 2340x1080
Snapdragon 660 Kirin710
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 3750
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 172
サイズ 75.3x158.3x7.6

レビュー

Mate 20 Proの廉価版。廉価版とはいえCPUにミドルハイエンドクラスの中でも性能の高いKirin710と4ギガメモリ、64ギガストレージを搭載した。

ディスプレイは当然のように狭額縁で、スタイリッシュだしボディの質感も高い。ただ、4万円超えと廉価版にしては価格も高い。ほぼ同じ値段で遥かに性能が高いnova3があることを考えるとMate 20 liteを選ぶ理由に乏しい。

nova3は2位で紹介している。

4位 Mate 20 Pro

ディスプレイ 6.4(有機EL)
解像度 3120x1440
CPU Kirin 980
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 4200
防水 IP68
指紋認証
DSDS
重量 189
サイズ 72.3x157.8x8.6

レビュー

カメラ!カメラ!カメラ!3つのカメラでP20 Proを超える画質を実現した超高画質カメラスマホ。標準レンズ、望遠レンズと広角レンズを搭載したことで風景から動物園まで対応できる。とにかくカメラがすごい。

広角レンズ撮影

スーパーマクロ撮影

それだけかと思いきや、搭載されている数々の最新機能がすごい。Kirin980による現行Android最強ベンチマーク、IP68最高グレードの防水、6.4インチ有機ELディスプレイ、3120x1440解像度、無接点充電、画面内指紋認証に4200mAhの大容量バッテリーまで有する。

10万円という値段が安く感じられる、現存する全ての技術と最高の性能を詰め込んだ2018年の最高傑作。予算があるなら迷わず選びたい選択肢。

レビュー
Mate 20 Proを3週間使用した感想と悪い所【ズルトラ難民受け入れ先】

続きを見る

Mate 20 Proは現在OCNモバイルONEで1.5万円オフの激安セールを行っている。詳細はキャンペーン記事を確認してほしい。

3位 P20 lite

ディスプレイ 5.84
解像度 2260x1080
CPU Huawei Kirin 659
メモリ 4
ストレージ 32
バッテリー 3000
防水 ×
指紋認証
DSDS ×
重量 145
サイズ 71.2x148.6x7.4
価格 32000

レビュー

今日本で発売されているスマホの中で最もコスパが良いスマホ。3万円で購入できる最高の選択肢がP20 liteだ。今までであれば5万円のラインで販売されていたであろう品質のスマホ。

随所にHuaweiの本気度が伺える作りで、カメラ画質にも妥協がなく、昼夜を問わず十分な画質の写真を撮影できる。前面アルミのボディは質感が高く、ストレージに32ギガ、メモリに4ギガを搭載したことで動作もサクサクだ。

コンパクトなボディにノッチ液晶を詰め込むことで、iPhone7と同じ重量にiPhoneよりも1インチも大きい5.84インチの大画面を搭載した。でもボディはコンパクトだから片手でも余裕で持てる。しかも18:9の縦長ディスプレイを搭載することで、ウェブサイトの視認性も高い。Kirin659はミドルハイエンドCPUとして十分なスペックで、PUBGや荒野行動などの3Dゲームに少し弱いものの普段利用で不満はない。

たった3万円でこの美しいフォルムのノッチスマホに簡単に手が届く。唯一の弱点はDSDSに搭載していないこと、防水・防塵に対応していないことだけど、それにしたって安すぎる。

レビュー
【P20 liteレビュー】価格iPhoneの5分の1で普通に使えるスマホ

2位 nova 3

ディスプレイ 6.3
解像度 2340x1080
CPU Kirin 970
メモリ 4
ストレージ 128
バッテリー 3750
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 166
サイズ 73.7x157x7.3

レビュー

6.3インチディスプレイでハイエンドCPUを搭載しながら5万円台という異様なコスパが光るスマホ。

搭載しているKirin970はHuaweiが誇る最高ランクのCPUで、アプリの切り替えもサクサクだ。大画面ながら3750mAhバッテリーを搭載していて、2日続けて利用ができる。

前面と背面にデュアルカメラを装備し、合計4つのカメラでHuaweiが強みとしている高画質写真を撮影できるのもうれしい。

防水には対応していないけど、ボディの高い質感や機能、性能面で妥協がないハイエンドスマホだ(レビュー記事参照)

レビュー
【Huawei nova3レビュー】低価格ハイエンドスマホ【カメラも検証】

続きを見る

nova 3は現在OCNモバイルONEで31万円オフの激安セールを行っている。詳細はキャンペーン記事を確認してほしい。

1位 nova lite 3

ディスプレイ 6.21(19:6)
解像度 2340x1080
Snapdragon 660 Kirin710
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 3400
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 160
サイズ 73.4x155.2x7.95

レビュー

とにかく価格が信じられないくらい安い。メモリが3ギガとストレージ32ギガは最近のスマホにしては少ないけどCPUは新しいKirin710を搭載したことでP20 liteよりもサクサク動作する。

6.2インチの大画面ディスプレイは19:5.9の超縦長比率を採用することで片手でも持てるスマホに仕上がった。ボディの質感も高く、デュアルレンズカメラにはAIアシストも搭載された。

とりあえずスマホが使えればいいという人におすすめしたい、まともに使えるスマホとして最も安い選択肢。

格安SIMセットスマホランキング

最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

まとめ
【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

DSDS(2番号)スマホランキング

SIMを2枚挿し出来るDSDSスマホをまとめた。ビジネスとプライベートを分けるのに最適でおすすめだ。

DSDS
【2020年版】デュアルSIM(DSDS)スマホおすすめランキング10

続きを見る

大画面・コンパクトスマホランキング

スマホに大きさ、小ささを求める人向けにサイズ別にスマホをまとめた。

大画面
【2020年版】大画面スマホ・ファブレットおすすめランキングベスト30!

続きを見る

コンパクト
【2020年版】小さい小型スマホおすすめランキング9【コンパクト】

続きを見る

中国スマホランキング

日本未発売の中国のスマホのコスパがとにかくやばい。分かりやすくランキング形式でまとめた。

まとめ
【2020年版】中国スマホおすすめランキングベスト9!

続きを見る

中古スマホランキング

中古でもいいから使えるスマホを安く買いたい人向けにアマゾンで購入できる中古スマホのおすすめをまとめた。

白ロム
【2020年版】おすすめ白ロム・中古スマホ機種ランキングベスト13

続きを見る

格安SIMの選び方

どこの回線を契約するか迷っている人向けに格安SIMの選び方をまとめた。

まとめ
【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

NFCでSIMフリースマホをおサイフケータイ化

おサイフ非対応スマホでもひと手間かければおサイフケータイ化出来ます。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフケータイ化する方法

iPhoneとAndroidの違いまとめ

iPhoneからAndroidに乗り換えて便利になること【比較・違い】

続きを見る

iPhoneからAndroidに乗り換えて不便になること【比較・違い】

続きを見る

スマホのスペックの見方

スマホのスペックの知識が不安な人はスペック表の見かたを全て解説しているので確認して欲しい。

CPUの性能の違いなどスマホのスペックの見方を全て解説

あとがき

全てが高品質

Huaweiは多くのブランドでliteと銘打った廉価モデルを出しているんだけど、P10ぐらいからはもう全然liteじゃなくて、Mate10liteに至ってはただのハイスペック端末になってしまっている。ハイエンドモデルが超ハイエンドモデルになってしまったことで、ミドルハイエンドも上に引っ張られた形だ。端末の質感についても、実はP9 lite以外ではプラスチック素材が使われておらず、細部まで妥協のないHuawei端末のレベルの高さに驚きを隠せない。

同じような端末が多い

ただ、スペックも見た目も似たような端末が多い印象で、これはHuaweiがブランドごとの事業が高い独立性を有していることに起因してるらしい。差別化できてなさすぎるので、自社製品同士で市場のパイを奪い合っていうのが現状だし、ユーザーにとっても違いが分かりにくく、選択の難しさに繋がっている。もう少しブランドの統廃合を進める必要があるのではないかと思う。

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/5/17

【iPhoneSEレビュー】ライトユーザーへの最適解。俺はいらない。

全く使う気はないんだけどあのAppleが最強のA13チップ搭載iPhoneを5万で出すなら買わない理由が無い。ということで完全に金のためだけにiPhoneSEの128ギガモデルを購入したから忖度一切なしでレビューしていく。 もちろんYoutube動画にもする。Appleは金になるから好き。 新型iPhoneSEの特長 まず最初に新型iPhoneSEの特長は下記。 待望の4.7インチ小型iPhone 148グラム超軽量 指紋センサー搭載 A13チップ搭載 正直カメラと性能を良くしただけのiPhone8だから ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

-スマホ, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.