ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット まとめ

【2019年版】格安スマホ(Huawei編)おすすめスマホ機種ランキングベスト9!

更新日:

今やHuaweiは世界3位のスマホメーカーにまで上り詰めた。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



2016年に日本で最も売れたシムフリー端末P9の生みの親であるHuaweiは、中国のアップルとまで言わしめるスマホメーカーだ。その端末はすべてが高い水準で、まさに世界の最先端を突き進む企業にしか生み出せない品質とコストパフォーマンスを誇る。

今回はそんなHuaweiのレベルの高い端末の中でも、比較的直近で発売された全15機種をコスパという視点でのおすすめランキング形式で紹介するので参考にしてほしい。

9位 Mate10 Pro

端末名 Mate10Pro
新品相場 97000
ディスプレイ 6(有機EL)
解像度 2160x1080
CPU Huawei Kirin 970
メモリ 6
ストレージ 64
バッテリー 4000
指紋認証
DSDS
防水
重量(g) 178
サイズ(mm) 74.5x154.2x7.9

レビュー

フルモデルチェンジを果たした新たなHuaweiのフラッグシップモデル。CPUにHuawei最高スペックのKirin 970を搭載し、6ギガメモリ、64ギガストレージと驚異のハイスペックを誇る。6インチになったディスプレイにはHuawei初の有機ELパネルを搭載し、さらにiPhone7と同じくイヤホンジャックを廃すことで、これもHuawei初となる高い防水、防塵性能に対応した。新しいLeicaダブルレンズカメラはF1.6と、さらに明るくなっただけでなく、AIが撮影シチュエーションを自動的に認識して画質の調整までしてくれる。デュアルシムデュアルスタンバイは世界初の4G同時待ち受けに対応した。前世代のMate9と同じ4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、AIによるバッテリーコントロールにより、過去最高のバッテリー持ちを実現している。Mate9よりもディスプレイが0.1インチ大きくなりながら、重量はMate9よりも12グラムも軽い。10万円という価格にも納得できる、すべての最新技術を贅沢に詰め込んだ端末だ。10万円出せるなら迷わずMate10 Proを選びたい。

8位 honer9

端末名 honer9
新品相場 50000
ディスプレイ 5.15
解像度 1920x1080
CPU Huawei Kirin 960
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 3200
指紋認証
DSDS
防水 ×
重量(g) 155
サイズ(mm) 70.9x147.3x7.45

レビュー

密かにSIM契約と同時にセット販売されているモデル。他のHuawei端末と違って電気屋で見かけないのであまり知られていない。honerは背面がガラスで、オーロラのような美しい反射が特徴のモデルだ。ダブルレンズカメラがLeica監修ではない以外はほぼP10と同じスペックで、実はハイエンドモデルでもある。CPUにKirin 960を搭載し、メモリ4ギガ、ストレージ64ギガ、バッテリー3200mAhまでP10と同じだ。ディスプレイサイズが5.1インチから5.15インチに変わっただけで、デュアルシムデュアルスタンバイにだって対応している。honer9は特定の格安SIMキャリアとのセット契約でしか手に入らないので、SIM契約をするつもりがなければP10を購入したい。

7位 P10

 端末名 P10
新品相場 56000
ディスプレイ 5.1
解像度 1920x1080
CPU Huawei Kirin 960
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 3200
指紋認証
DSDS
防水 ×
重量(g) 145
サイズ(mm) 69.3x145.3x6.98

レビュー

Huaweiが満を持して送り出すフラッグシップモデル。CPUにハイエンドクラスのKirin 960を搭載し、メモリに4ギガ、ストレージに64ギガという贅沢なスペックを搭載している。Leicaダブルレンズカメラは第2世代になり、モノクロカメラの画素数をP9の1200万画素から、2000万画素にアップすることで、より高精細な描写を実現した。また、フロントカメラもLeicaカメラとなり、従来機より明るさや画質が向上した。Huawei最軽量となるたったの145グラムのボディに3200mAhのバッテリーを搭載しながら、デュアルシムデュアルスタンバイにも対応した。iPhoneにそっくりの本体はダイヤモンドカットが施され、質感が高い。それなりの価格ではあるがスペックにもカメラにも画質も音質も妥協したくない、シムも2枚使うかもしれないし、大画面でも小型の端末が欲しいという全てのわがままを実現した端末だ。

Sponcerd


6位 P20Pro

ディスプレイ 6.1(有機EL)
解像度 2240x1080
CPU Kirin 970
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 4000
防水
指紋認証
DSDS
重量 180
サイズ 73.9×155×7.8
価格 予想価格10万

レビュー

Huaweiが日本を手中に収めたスマホ。ドコモと協力して販売し、プロモーションにも力を入れたことでついにiPhoneの牙城を崩した。売りは1にも2にもカメラだ。カメラ画質評価サイトDxo MARKで歴代最高の評価を獲得したカメラの画質は伊達じゃない。その秘訣はセンサーサイズにある。画質を左右する要素の中で大きいのが光を切り取るセンサーなんだけど、iPhoneが1/2.9サイズのセンサーを採用しているのに対してP20Proは1/1.7サイズのセンサーを採用した。これはコンパクトデジタルカメラの中でも上位モデルが採用するサイズで、iPhoneXのセンサーの2倍以上の大きさを誇る。

驚異の4000万画素カメラは昼間はもちろん夜景でも圧倒的で、他のスマホを寄せ付けない。スマホのグレードとしてもハイエンドモデルに位置していて、CPUに同社のKirin970を搭載し、4ギガメモリ、ストレージに128ギガを採用した。また、有機ELパネルを実装しており、最強カメラで撮影した写真を美しい画面で確認できる。

Huawei初のドコモ端末で、DSDS機能の削除と引き換えにおサイフ機能に対応する。日本ではSIMフリー版の発売はなく、DSDSやツインアプリ機能が使えるSIMフリー版に拘りたい人は海外版を買うしか無い。スペック単体で見ると10万円という値段は少し高いが、最高画質のカメラをポケットで持ち運びたいというわがままを叶えてくれる夢のスマホだ。

5位 Mate9

端末名 Mate9
新品相場 53000
ディスプレイ 5.9
解像度 1920x1080
CPU Huawei Kirin 960
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 4000
指紋認証
DSDS
防水 ×
重量(g) 190
サイズ(mm) 78.9x156.9x7.9

レビュー

Huaweiがイチ押しするPシリーズと違い地味に登場した端末だが、スペックはこのあとに発売されたP10、P10 Plusと同じでそのくせ価格はP10よりも安い超ハイコスパ端末。CPUにハイエンドクラスのKirin 960を搭載し、4ギガメモリ、64ギガストレージとハイスペックでまとめている。P10と同じ第2世代ダブルレンズカメラを搭載し、高い表現力の写真を撮影できる。画面解像度はフルHDに抑えながら4000mAhバッテリーを搭載したことで、2日持ちを実現した。デュアルシムデュアルスタンバイにも対応している。ケチをつけるとしたらその大きさと重量で、5.9インチ190グラムは狭額縁とは言え人を選ぶしポケットの中での存在感もすごい。大きさに拘らない人、大きいスマホを探している人にとっては妥協のないスペックを最も安く手に入れる選択肢になる。

4位 P20

ディスプレイ 5.8
解像度 2240x1080
CPU Kirin 970
メモリ 4
ストレージ 128
バッテリー 3000
防水
指紋認証
DSDS
重量 165
サイズ 70.8×149.1×7.65
価格 65000

レビュー

Huaweiが日本を取りに来たPシリーズのフラッグシップモデル。上位モデルにPro、下位モデルにliteがある。スマホ歴代最強カメラを搭載したP20Proと最強コスパスマホP20 liteに囲まれたバランス型のスマホ。P20 Proがカメラ画質評価サイトDxo MARKで歴代最強画質を獲得したが、実はP20も歴代3位に位置しており、カメラに妥協がない。スペックもメモリ容量でProに劣るものの4ギガと十分な容量を積んでいて、CPUにHuaweiの最上位モデルとなるKirin970を搭載している。カメラも優れたハイエンドスマホでありながら6万円台で購入できる最高にちょうどいいスマホだ。

コスパという意味ではP20 liteに劣るけど、そこそこの性能にもカメラの画質にも拘りたいという贅沢なニーズに答えてくれる。生活防水やDSDSにも対応している。実は俺のメインマシンでもあり、実は俺のメインマシンでもあり、渾身のレビューも書いているので、参考にして欲しい。

【Huawei P20レビュー】高画質カメラをポケットで持ち歩く

HuaweiのP20を購入した。同じHuaweiのハイエンドスマホであるMate9を半年前に購入したばかりなのに(倒置法 ...

3位 Mate10 lite

端末名 Mate10lite
新品相場 42000
ディスプレイ 5.9
解像度 2160x1080
CPU Huawei Kirin 659
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 3340
指紋認証
DSDS ×
防水 ×
重量(g) 164
サイズ(mm) 75.2x156.2x7.5

レビュー

Mate10の下位モデル。外観は上位モデルのMate10とほとんど変わらず超狭額縁になり、見た目がスタイリッシュになった。CPUに最新型ミドルハイエンドクラスのKirin 659を搭載し、3ギガメモリ、32ギガストレージで手堅くまとめてきた。5.9インチの画面はアスペクト比が縦長になり解像度も2160x1080と縦に伸びている。Huawei端末の中で唯一4つのカメラを搭載しており、Leica監修ではないものの、前と後ろに2つずつ搭載されたダブルカメラでワイドアパーチャ機能や高い描写力の写真を撮影できる。デュアルシムデュアルスタンバイには対応していないが、Mate9と同じ5.9インチで、25グラム軽いボディに仕上げた。ゲームもデュアルシムもいらないし、少しくらい大きくても気にしないなら、Mate10liteが答えだ。

2位 nova lite 2

ディスプレイ 5.65
解像度 2160x1080
CPU Huawei Kirin 659
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 3000
防水 ×
指紋認証
DSDS ×
重量 143
サイズ 72.05x150.1x7.45
価格 25000

レビュー

nova 2 の廉価モデル。Mate 10 liteを小さくしたようなスペックで、メモリとストレージが若干少なくなったものの価格が大幅に安くなった。最近流行りの狭額縁モデルで、正面からのスタイリッシュな見た目が嬉しい。背面にはHuaweiのお家芸となりつつあるデュアルレンズカメラを搭載しており、モノクロレンズとカラーレンズを駆使して高精細高画質な写真を撮影できる。安価で性能が高く、しかもカメラ画質も良い。DSDSや防水には対応していない。

1位 P20 lite

ディスプレイ 5.84
解像度 2260x1080
CPU Huawei Kirin 659
メモリ 4
ストレージ 32
バッテリー 3000
防水 ×
指紋認証
DSDS ×
重量 145
サイズ 71.2x148.6x7.4
価格 32000

レビュー

今日本で発売されているスマホの中で最もコスパが良いスマホ。3万円で購入できる最高の選択肢がP20 liteだ。今までであれば5万円のラインで販売されていたであろう品質のスマホ。

随所にHuaweiの本気度が伺える作りで、カメラ画質にも妥協がなく、昼夜を問わず十分な画質の写真を撮影できる。前面アルミのボディは質感が高く、ストレージに32ギガ、メモリに4ギガを搭載したことで動作もサクサクだ。

コンパクトなボディにノッチ液晶を詰め込むことで、iPhone7と同じ重量にiPhoneよりも1インチも大きい5.84インチの大画面を搭載した。でもボディはコンパクトだから片手でも余裕で持てる。しかも18:9の縦長ディスプレイを搭載することで、ウェブサイトの視認性も高い。Kirin659はミドルハイエンドCPUとして十分なスペックで、PUBGや荒野行動などの3Dゲームに少し弱いものの普段利用で不満はない。

たった3万円でこの美しいフォルムのノッチスマホに簡単に手が届く。唯一の弱点はDSDSに搭載していないこと、防水・防塵に対応していないことだけど、それにしたって安すぎる。

【Huawei P20 liteレビュー】iPhoneを嘲笑う3万円スマホ

HuaweiのP20 liteをサブ機として検討し続けているんだけど、ちょうどP20 liteが手元にあったのでどれくら ...

あとがき

判断基準

分かってはいたけどレベルの高い戦いだった。個人的には片手で持てる限りは画面は大きければ大きいほど良いと思っていて、大画面端末を上位にしたが、手が小さい人や、携帯性を優先する人の場合はまた違った視点になると思う。また、スペックもストレスのない範囲で操作できればよく、重い処理でしか違いを体感できないであろうハイエンドCPUは必要ないと思っている。それよりも端末が壊れた時に電車に身投げしない価格が重要だと考えた。

全てが高品質

Huaweiは多くのブランドでliteと銘打った廉価モデルを出しているんだけど、P10ぐらいからはもう全然liteじゃなくて、Mate10liteに至ってはただのハイスペック端末になってしまっている。ハイエンドモデルが超ハイエンドモデルになってしまったことで、ミドルハイエンドも上に引っ張られた形だ。端末の質感についても、実はP9 lite以外ではプラスチック素材が使われておらず、細部まで妥協のないHuawei端末のレベルの高さに驚きを隠せない。

同じような端末が多い

ただ、スペックも見た目も似たような端末が多い印象で、これはHuaweiがブランドごとの事業が高い独立性を有していることに起因してるらしい。差別化できてなさすぎるので、自社製品同士で市場のパイを奪い合っていうのが現状だし、ユーザーにとっても違いが分かりにくく、選択の難しさに繋がっている。もう少しブランドの統廃合を進める必要があるのではないかと思う。

格安SIMとセットで安い

最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

まとめ
【ほぼ同じ】格安SIM11社の料金と特徴比較+おすすめスマホ15

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 ...

DSDS(2番号)対応スマホが続々登場

2015年ごろから登場したSIMを2枚挿し出来るDSDSスマホが増え続けている。ビジネスとプライベートを分けるのに最適でおすすめだ。

DSDS
【2019年版】DSDS対応スマホおすすめランキングベスト14

日本でDSDS機能が使える端末を一覧化してランキング形式で紹介する。基準はコスパだ。DSDSスマホを使えば2つのSIMカ ...

続きを見る

大画面スマホ・コンパクトスマホ

スマホに大きさを求める人がいれば小ささを求める人もいる。両方の需要に合わせてまとめてあるので確認してほしい。

大画面
【2019年版】大画面スマホおすすめランキングベスト30!ファブレットならコレ!

大画面スマホに限定したランキングを作成した。今回も重視したのは性能に対するコストパフォーマンスだ。画面の大きさは5.5イ ...

続きを見る

コンパクト
【2019年版】おすすめコンパクトスマホランキングベスト11!小型が人気!

今や世の中は大画面スマホに埋め尽くされている。 最新端末はそのほとんどが大画面化、ベゼルレス化が進んでいて、小型端末は絶 ...

続きを見る

中国スマホの勢いが凄い

日本未発売の中国のスマホのコスパがとにかくやばい。分かりやすくまとめているので、是非視野に入れてほしい。

まとめ
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでお ...

続きを見る

カメラで選ぶなら

もうスマホの性能は良いからとにかくカメラに拘りたいという人にはこちらのまとめがおすすめ。

まとめ
【2019年版】カメラがおすすめのスマホ機種ランキング17!

最強カメラスマホであるP20 Proが短期的な売り上げでiPhoneXを抜いたように、成熟しきった現在のスマホ市場で次に ...

中古スマホを安く買いたい人に

中古でもいいから使えるスマホを安く買いたい人向けにアマゾンで購入できる中古スマホのおすすめをまとめた。

白ロム
【2019年版】おすすめ白ロム・中古スマホ機種ランキングベスト13

※本記事は2018年6月11日に更新しました。 正直なところ最近は格安スマホもスペックで「おっ」と思うものが出てきている ...

続きを見る

SIMの契約で迷っている人に

どこの回線を契約するか迷っている人は俺がシム契約を決めた経過もまとめているので参考にして欲しい。

元携帯乞食の私はワイモバイルを選びました

紆余曲折あって現在はY!mobileをメイン回線として使っている。なにも考えずにCMがうざいワイモバイルを選択したわけで ...

格安SIM「LIBMO」の通信速度と料金、キャンペーンまとめ

ガジェマガでは何度か書いてるんけど、今は格安SIMの戦国時代で、100社以上の格安SIMが骨肉の争いを繰り広げている。正 ...

おサイフ機能に拘りたい人へ

おサイフ非対応スマホでもひと手間かければおサイフケータイ化出来ます。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフケータイ化する方法

SIMフリースマホを買いたいけど、おサイフ機能が無いのがネックで移行できない人に朗報です。 SIMフリースマホでおサイフ ...

スペックの見方が知りたい?

スマホのスペックの知識が不安な人はスペック表の見かたを全て解説しているので確認して欲しい。

CPUの性能の違いなどスマホのスペックの見方を全て解説

Snapdragonとか画素数とかメモリとか画面の大きさとか、スマホを買うときにそもそもどこをどう見たらいいのかわからな ...

スマホには黒のシリコンケースをつけよう

せっかく購入したスマホのワクワクを少しでも長く保つために黒のシリコンケースを装着するのがおすすめです。

大切なスマホに黒のシリコンケースをおすすめする理由【P20編】

P20を購入して最近テンションが上ってる。やっぱり新しいスマホは嬉しい。起動するたびに画面にうっとりするし進化した質感、 ...

まとめ ライフハック

2019/2/10

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選【Amazon】

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/2/10

【ほぼ同じ】格安SIM11社の料金と特徴比較+おすすめスマホ15

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.