パソコン・周辺機器 まとめ

ZenBookおすすめ機種11選!機種の違いを総まとめ!

更新日:

ZenBookシリーズがかなり増えてきたからここらへんで総まとめしておきたい。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




ZenBook

ZenBookは2016年末に発売されたZenBook 3のスタイリッシュなデザインとコスパが話題となり、日本で薄型高性能ノートパソコンUltrabookとしての地位を築いたシリーズだ。

実はZenBookシリーズは、ZenBook 3の前にも多数発売されていて、そのすべてが驚くほどコスパの高い端末ばかりだ。今回は実際にZenBookを使っている俺が、今買っても満足できるZenBookを13機種紹介したい。この記事がウルトラブックの購入を検討している人の参考になれば嬉しい。

ZenBookの共通仕様

まずはZenBookシリーズの共通仕様を確認したい。

フルHD/IPS液晶

ZenBookシリーズは全てフルHD以上の解像度のIPS液晶を搭載している。どこから見ても色合いの変わらない高精細なモニタはとても美しい。

SSD搭載

ZenBookシリーズはそのすべてで高速に読み書きができるSSDを搭載している。OSやアプリの立ち上がりは爆速だ。

高音質

ZenBookシリーズはそのすべての端末が驚くほどの高音質だ。

メタルボディ

ZenBookシリーズはボディの素材にアルミ又はマグネシウム合金を使っており、質感が高い。

 

ZenBookシリーズは強力な共通仕様に下支えされていて、どれを買ってもハズレがない。ここからは発売順にZenBookを見ていきたい。

Sponcerd


 

2015年

ウルトラブックの成長期である2015年は、バッテリー持ちなどまだまだ未成熟なウルトラブックが多かったが、その中でもZenBookは登場したてのcoreM CPUを搭載してバッテリー持続時間を確保することで、まともに使えるウルトラブックをリリースした。

ZenBook UX305FA

ZenBook UX305FA
液晶サイズ 13.3(ノングレア)
解像度 1920x1080
CPU Core M-5Y10
CPUスコア 2741
ビデオ Intel HD Graphics
メモリ容量 4
ストレージ 128
駆動時間 8.5
重量(kg) 1.2
薄さ(mm) 12.3
サイズ(mm) 324x12.3x226
指紋センサー ×
キーボードバックライト ×
その他 microHDMI
USB3.0
-
microSD

超省電力CPUであるCoreMを搭載したZenBook。省電力CPUでファンレスを実現した。メモリ4ギガと128ギガストレージなので、重い作業は難しいが、初めてのパソコンやサブ機としてなら十分使える。中古価格も安いのでファンレスにこだわりたい人にはおすすめしたい。本体は12.3ミリと薄く、軽い。

 

2016年

バッテリー10時間以上のモデルが過半数をしめ、質感、性能ともに、メイン機としても十分利用できるZenBookが登場した。また、ZenBook 3を除いてフルサイズUSBを搭載しており拡張性が高く、サイズ感よりも実用性を重視したZenBookが多い。

ZenBook UX305UA

ZenBook UX305UA
液晶サイズ 13.3(ノングレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i5 6200U
CPUスコア 4013
ビデオ Intel HD Graphics
メモリ容量 8
ストレージ 128
駆動時間 12
重量(kg) 1.3
薄さ(mm) 16.05
サイズ(mm) 324x16.05x226
指紋センサー ×
キーボードバックライト ×
その他 microHDMI
USB3.0
-
SD

6世代i5と8ギガメモリという十分なスペックを12時間バッテリーと1.3キロの比較的軽量な重量がサポートするハイパフォーマンス機。フルサイズUSBを3個とフルサイズSDを搭載した拡張性を16ミリという薄さで実現した。ケチをつけるとしたらHDMIがmicroサイズであることと、キーボードのバックライトがないこと、指紋センサーが無いことだが、多くの人にとって問題にはならないだろう。ストレージが128ギガと少ないためメイン機としては心もとないが、サブ機としてなら最高の相棒になれるZenBookだ。

 

ZenBook UX303UB

ZenBook UX303UB
液晶サイズ 13.3(ノングレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i5 6200U
CPUスコア 4013
ビデオ GeForce 940M
メモリ容量 8
ストレージ 128
駆動時間 8.2
重量(kg) 1.45
薄さ(mm) 19.2
サイズ(mm) 323x19.2x223
指紋センサー ×
キーボードバックライト ×(英字キーボード)
その他 microHDMI
USB3.0
-
SD

上で紹介しているUX305UAと同日に発売されたZenBook。ほぼすべてのスペックが同じだが、ビデオカードを搭載し、映像描写に強くなった代わりに、本体の厚みと重量が増し、バッテリー持続時間も減った。また、英字キーボードなのもあって人を選ぶが、CADやLightroom、イラストレーターのようなアプリを持ち運びたい人におすすめのZenBookだ。

 

ZenBook Pro UX501VW

ZenBook Pro UX501VW
液晶サイズ 15.6(ノングレア)
解像度 3840x2160
CPU Core i7 6700HQ
CPUスコア 8145
ビデオ GeForce GTX 960M
メモリ容量 16
ストレージ 512
駆動時間 6.1
重量(kg) 2.06
薄さ(mm) 20.6
サイズ(mm) 383x20.6x255
指紋センサー ×
キーボードバックライト 〇(英字キーボード)
その他 HDMI
USB3.0
-
SD

4K解像度15.6インチモニタに16ギガメモリを搭載したハイスペックZenBook。CPUにi7の上位グレードモデルと512ギガストレージを搭載し、十分メイン機として使える端末に仕上がった。日本では一部の店舗でしか取り扱いがなかったため、弾数がほとんどない。また英字キーボードなので少し特殊だが、キーバックライトや高い拡張性など、贅沢なつくりがうれしい。

 

ZenBook Flip UX360UA

ZenBook Flip UX360UA
液晶サイズ 13.3(グレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i7 6500U
CPUスコア 4469
ビデオ Intel HD Graphics
メモリ容量 8
ストレージ 512
駆動時間 12.3
重量(kg) 1.3
薄さ(mm) 13.9
サイズ(mm) 321.6x13.9x219.1
指紋センサー
キーボードバックライト
その他 HDMI
USB3.0
USB3.1 Type-C
SD

今までのZenBookの薄さ、軽さをそのままに初の2in1に対応した端末。指紋センサーを搭載し、キーボードバックライトや12時間バッテリー、512ギガストレージなど、すべてが高次元でまとまっている。CPUに6世代のcore i7を搭載しており、フルサイズUSBも2つ搭載しているため十分メイン機として使うことができる。グレア液晶は好みが分かれる。

 

ZenBook 3 UX390UA

ZenBook 3 UX390UA-256GP ZenBook 3 UX390UA-512GP
液晶サイズ 12.5(グレア) 12.5(グレア)
解像度 1920x1080 1920x1080
CPU Core i5 7200U Core i7 7500U
CPUスコア 4676 5218
ビデオ Intel HD Graphics Intel HD Graphics
メモリ容量 8 16
ストレージ 256 512
駆動時間 8.7 8.7
重量(kg) 0.91 0.91
薄さ(mm) 11.9 11.9
サイズ(mm) 296x11.9x191.2 296x11.9x191.2
指紋センサー
キーボードバックライト
その他 - -
- -
USB3.1 Type-C USB3.1 Type-C
- -

Macbookに真っ向から対抗したことで話題になったZenBook。12.5インチモニタで1キロを切る驚異の軽量を誇り、CPUにMacbookのcoreMシリーズより処理能力の高いcore i5とi7を搭載した。特に上位モデルは16ギガメモリを搭載しており、重い処理も楽々こなせる高性能を備える。拡張性がUSB type-cのみなので、メイン機としての利用は難しいかもしれないが、大学ノートとほぼ同じサイズで持ち運べる手軽さは魅力的だ。ASUSのミニドックが標準で付属するのがうれしい。

 

ZenBook UX330UA

ZenBook UX330UA
液晶サイズ 13.3(ノングレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i5 7200U
CPUスコア 4676
ビデオ Intel HD Graphics
メモリ容量 8
ストレージ 256
駆動時間 12.3
重量(kg) 1.2
薄さ(mm) 13.5
サイズ(mm) 323x13.5x222.3
指紋センサー
キーボードバックライト
その他 HDMI
USB3.0
USB3.1 Type-C
SD

UX305UAの後継機。Core i5 CPUが6世代から7世代になった。本体は13.5ミリと非常に薄く、バッテリー持続時間がが12.3時間まで延び、キーボードバックライトがついた。ストレージも256ギガまで増えたので、メイン機としても持ち運び用としても活躍するZenBookだ。

Sponcerd


 

Zenbook UX310UQ

Zenbook UX310UQ
液晶サイズ 13.3(ノングレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i5 7200U
CPUスコア 4676
ビデオ GeForce 940MX
メモリ容量 8
ストレージ 256
駆動時間 9
重量(kg) 1.4
薄さ(mm) 18.35
サイズ(mm) 323x18.35x223
指紋センサー ×
キーボードバックライト
その他 HDMI
USB3.0
USB3.1 Type-C
SD

UX303UAの後継機。CPUの世代が上がり、ビデオカードのグレードも上がった。本体は薄く軽くなり、バッテリー持続時間も9時間まで伸びた。UX310UQは前世代機と違い日本語キーボードを搭載したので違和感なく入力できる。十分な性能でストレージが256ギガあるのでこちらも十分メイン機として使える。映像処理にこだわるかどうかでUX330UAとどちらを購入するか考えたい。

 

2017年

成熟期を迎えたウルトラブック市場で覇権を取るべく時代の流れに乗り、ラインナップは薄型軽量持ち運び用と、大型メイン機モデルにハッキリ別れた。薄型軽量モデルはフルサイズUSBを廃し、ボディの質感を上げた美しい端末が多く、保有する満足度を重視した。どれも超ハイスペックなので、家ではサブディスプレイにつないでメイン機としても利用したいモデルばかりだ。

 

ZenBook Pro UX550VD

ZenBook Pro UX550VD-7300 ZenBook Pro UX550VD-7700
液晶サイズ 15.6(ノングレア) 15.6(ノングレア)
解像度 1920x1080 1920x1080
CPU Core i5 7300HQ Core i7 7700HQ
CPUスコア 6854 8914
ビデオ GeForce GTX 1050 GeForce GTX 1050
メモリ容量 16 16
ストレージ 256 512
駆動時間 11.9 11.3
重量(kg) 1.84 1.84
薄さ(mm) 18.9 18.9
サイズ(mm) 365x18.9x251 365x18.9x251
指紋センサー × ×
キーボードバックライト
その他 HDMI HDMI
USB3.0 USB3.0
USB3.1 Type-C USB3.1 Type-C
microSD microSD

Macbook Proを意識したモデル。天板のASUSのロゴが光る。i5とi7の2モデルは両方とも上位グレードのCPUを搭載しており、16ギガの十分すぎるメモリとビデオカードまで積んでいるためヘビーな処理にも余裕で対応できる。それでいながら11時間という長時間バッテリーを実現している。15.6インチモデルにしては軽いが1.84キロという重量は、気軽に持ち運べる重さではなく、移動しながらというよりは出先での長時間の作業を想定したモデルだ。もちろんメイン機としても申し分ない性能だ。

 

ZenBook 3 Deluxe UX3490UAR

ZenBook 3 Deluxe UX3490UAR
液晶サイズ 14(グレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i7 8550U
CPUスコア 8049
ビデオ Intel HD Graphics
メモリ容量 16
ストレージ 1024
駆動時間 10
重量(kg) 1.2
薄さ(mm) 12.9
サイズ(mm) 329x12.9x214
指紋センサー
キーボードバックライト
その他 -
-
USB3.1 Type-C
-

名前の通りZenBook 3の上位モデル。14インチで1.2キロという驚異の軽さを誇るそのボディは、厚さたった12ミリと驚くほどの薄さを実現した。8世代のi7は性能が高く、メモリに16ギガ、ストレージに1Tを搭載した。バッテリー駆動時間も10時間と長い。USB type-cのみの拡張性は貧弱だが、付属のドックを使って家ではサブディスプレイに繋ぎ、メイン機としても使いたい超ハイスペックモデルだ。指紋センサーの搭載も地味にうれしい。

 

ZenBook Flip S UX370UA

ZenBook Flip S UX370UA
液晶サイズ 13.3(グレア)
解像度 1920x1080
CPU Core i5 8250U
CPUスコア 7471
ビデオ Intel HD Graphics
メモリ容量 8
ストレージ 256
駆動時間 8.7
重量(kg) 1.1
薄さ(mm) 10.9
サイズ(mm) 311.3x10.9x211.8
指紋センサー
キーボードバックライト
その他 -
-
USB3.1 Type-C
-

ZenBook Flipの後継機。10.9ミリという驚異の薄さを誇る。CPUに8世代のi5を搭載し、ストレージが256ギガ、メモリも8ギガと、2017年に発売されたモデルにしてはスペックは抑え気味だ。驚異の薄さを実現するためにバッテリー持続時間も8.7時間と、この年のモデルにしては少ない。それでも十分な性能で、指紋センサーやキーボードバックライトなど、作りに妥協は無く、家でも外でも活躍してくれるだろう。ZenBook 3と違い標準でドックが付属しないので、外部モニタにつなぐ場合は別売りのドックを買う必要があるので気を付けたい。

Sponcerd


 

あとがき

最近のUltrabookは数年前のモデルでも十分使える性能を秘めていて、あえて新製品を購入する必要がない。かくいう俺も新製品と迷った挙句UX360UAを購入した。とはいえ新製品の「この大きさにこの高性能」という限界への挑戦にワクワクせずにはいられない。

重視したのは拡張性

俺が機種選択の際に重視したのはフルサイズUSBとフルサイズSDカードが使えることで、最近流行の拡張性を犠牲にして薄型化するという流れには疑問を感じている。ドックを購入すればいいのかもしれないが、いざというときの為にせめてフルサイズUSBは欲しい。

それでも考えてみれば外でフルサイズUSBを使う機会なんて無線マウスくらいなもので、それ以外の用途はなかなか無いかもしれない。だからドックさえあれば、外ではBluetoothマウス、家ではドックに接続してマルチディスプレイという使い方なら十分実用性に耐えるし、ZenBook一台で全てを賄えるだろう。

俺がウルトラブックを迷いに迷って購入した経緯は別の記事で書いているのでそちらも参考にしてほしい→【どれ買えばいいかわかんねーよクソ!】ZenBookを買いまくった話【ノートパソコンレビュー】

まとめ ライフハック

2018/11/13

【2018年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

スマホ・タブレット 中国スマホ

2018/11/5

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/11/14

【ZenFone5Zが5万円】GEARBESTでスマホを安く買う

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

まとめ ライフハック

2018/11/5

【2018年】掃除の時短と効率化ができる買ってよかったもの14選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2018/11/16

【保存版】MVNO11社の格安シムの違いとデメリット、取り扱いスマホを比較

格安SIMとり扱う会社(MVNO)が増えすぎてもはや意味不明だ。既に格安SIMの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質尾ほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 MVNOの格安SIMを検討している人やそれと一緒に買えるお得なスマホを探している人はこの記事一つですべてわかるように作った。 本日もガジェマガ(@Gadgetka ...

ReadMore

-パソコン・周辺機器, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.