カメラ

一眼とスマホカメラの画質が違う理由

更新日:

画素数に意味は無い。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




そろそろ高止まりをみせてきたスマホカメラの画素数の向上について、そもそも画素数で画質がよくなっているのかという点について書きたい。店舗でスマホを見ていると店員の画素数押しが半端なく、その都度意味を分かっているのか疑問に思うので、カメラ市場の中でスマホのカメラがどらくらいの立ち位置なのかということの参考にしてもらいたい。

追記

この記事はかなり古いです。実際にスマホと一眼で画質を比較するために対決してみました。スマホの画質がどこまで一眼に迫ることができているのか、時代を感じてください→【カメラ比較】スマホ(Mate9)vs 一眼(K-5)in 歌舞伎町

 

3大高画質写真スマホ

個人的に考える3大高画質スマホはiPhone、Xperia、Galaxyだ。

iPhone

中でももっとも優秀なのはやはりiPhoneだろう。どんな環境でも明るく撮れ、パッと見で見やすく、好印象な写真になる。フロントカメラの画質の高さは素晴らしく、自分を含めた風景の撮影がしやすいこともポイントが高い。自撮りの詐欺写メの撮影にももってこいだ。

Galaxy

そのiPhoneと争い続けてきたのがGalaxyだ。色味や色合いがよく、こちらも好印象な写真が撮れやすい。ただし暗所に弱い。ここがiPhoneとの決定的な差になった。フロントカメラも暗所にめっぽう弱く、夜間だと使い物にならない。

Xperia

Xperiaはもがき続けている印象だ。センサーとしては最も大きいものをつんでいるので、理論上もっとも高画質な写真を撮れるはずではあるが、全体的に暗く、色が薄い。そのため冴えない写真ばかり撮れる。これはソフトウェアの問題なので、ソニーにはもう少し誰でも簡単にきれいに見える写真が取れるような調整をしてもらいたい。スマホでの写真の詳細設定なんて誰も求めていない。

スマホ以外のカメラと比較して

さてそれではカメラ市場全体におけるスマホカメラの立ち居地はどのようなものなのか。結論から言うと、一眼レフカメラやミラーレス一眼には適わないが、デジカメ(コンデジ)はいらなくなった。市場を見てみても、今や誰もデジカメを買わなくなった。その理由は、誰もが持っているスマホで、同じような画質の写真を撮れてしまうからに他ならない。

 

画質を決めるセンサー

写真はレンズを通してセンサーに光が当たることで景色を切り取って生み出される。このセンサーは大きければ大きいほど高画質な写真を撮ることができる。だから画素数なんて飾りなのだ。

このセンサーにはスマホ用からプロ用カメラまでこれだけのサイズがある。

カメラと散歩さんより拝借しました。問題があればご連絡ください。)

切り取った形式をピクセルに分けたものが画素だ。センサーは大きければ大きいほど鮮明な写真を撮れる。スマホで使われているセンサーはというと、残念ながら主流のセンサーはここに記載してあるものよりも小さい。

センサーは視力

センサーとはつまりなんなのか。これは視力のようなものだと考えてもらいたい。視力が悪い人が見ている光景をいくら引き伸ばしてもぼんやりしている。それに対して、2キロ先のダチョウを見分けるマサイの戦士が見ている光景を引き伸ばせばどこまでも鮮明だ。今のスマホ業界では視力の悪い人が見ている光景の引き伸ばしが行われているのだ。

大きさの違い

現在iPhone6sなどのスマートフォンに搭載されている主流のセンサーの大きさは1/2.6型だ。カメラに力を注いでいるエクスペリアZ3でさえ上記のセンサーサイズでもっとも小さい1/2.3型しか載せていない。ちなみにこれは一般的なデジカメと同じセンサーサイズなので、XperiaZシリーズは理論的にはデジカメと同じ画質の写真が撮れることになる。では一眼カメラはどうなのか、入門用一眼に使われるもっとも多いものはAPS-Cと呼ばれるサイズだ。プロが使う一眼にはフルサイズと呼ばれるセンサーが搭載されている。
スマホのセンサーと入門用一眼レフセンサーのサイズ差は約14倍で、プロ用一眼レフセンサーとのサイズ差は32倍にもなる。それなのに最新スマホとフルサイズ一眼の画素数ほぼ同じ2000万画素なのだ。どれだけ今のスマホが異常かが分かると思う。

スマホと一眼の比較

下記は俺が愛用しているスマホであるGalaxy Note 3(1300万画素)と愛用している一眼レフカメラPENTAXのK-5の写真の比較だ。

Galaxy Note 3

K-5

この状態だとあまり代わり映えしないが、拡大すると繊細さが全く違う。

 

 

画素数に騙されてはいけない

2000万画素がまるで今の業界標準のように扱われているが、これは馬鹿な消費者をだますための基準でしかない。「iPhoneは1300万画素だから画質は悪い」ではないのだ。むしろ小さいセンサーに対して小さい画素数で勝負し、画質の鮮明さではなく、画質の色合いや明るさを補うほうに力を入れることで、ハズレの無い写真を取れるように工夫している。個人的にはiPhoneの画素数ですら大きすぎると思う。

追記

実際にスマホと一眼で画質を比較するために対決してみました。スマホの画質がどこまで一眼に迫ることができているのか、時代を感じてください→【カメラ比較】スマホ(Mate9)vs 一眼(K-5)in 歌舞伎町

ライフハック まとめ

2018/10/4

【2018年版】生活が変わる!ガジェマガ式買ってよかったモノ18選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

中国スマホ スマホ・タブレット

2018/10/20

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/8/21

【ZenFone5Zが2万円も安い!】中国版Amazonの「GEAR BEST」が要チェックや!!

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

ライフハック まとめ

2018/8/22

【2018年版】一人暮らしを効率化するために買ってよかったおすすめグッズ13選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

格安SIM スマホ・タブレット まとめ

2018/10/18

【2018年版】格安SIMとセットで安いスマホのおすすめ15選!

格安スマホの完成度が高くなることで、敢えてキャリアスマホを選ぶ必要が無くなってきている。 次は格安スマホを購入しようと考えている人は多いと思うんだけど、そこで悩むのがどの通信会社と契約するかだ。キャリアに縛られない格安スマホを購入するのであれば月額費用も安く抑えたい。 そんな需要に応えるべく最近は格安SIMと格安スマホのセットがかなりお買い得になっている。回線も安いのに、セットで購入すればスマホも安い。今回は格安SIMとセットで安く購入できるスマホのおすすめランキングを作成した。 本日もガジェマガ(@Ga ...

ReadMore

LINE@で更新情報をお届け

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の32歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

-カメラ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.