スマホ・タブレット 格安SIM

格安スマホと格安シムの注意点(赤ロム・バッテリードレインなど)

更新日:

そもそも格安SIMとは

格安SIMとは大手キャリアの回線を使った別会社(MVNO)が提供する独自のプランだ。多数あるMVNOは大まかに2種類あり、auの回線を使ったものと、docomoの回線を使ったものだ。プランは異なるものの回線はauとdocomoなので、それぞれのキャリアから発売された端末であれば特に手を加えることなくそのまま使うことができる。
逆に、ドコモの端末をauのMVNOで使いたい場合は、ドコモ端末にかかっているドコモのSIMロックを解除するSIMフリー化が必要だ。もちろんauの端末をドコモの回線で使いたい場合も同じだ。

白ロム・赤ロム

キャリアが販売している端末には、端末ごとにキャリアの回線を使って通信の可否が設定されている。これをネットワーク利用制限という。通信できるものを白ロムといい、通信が制限されている端末を赤ロムという。9割以上は通信できる白ロムだが、端末の代金が支払われていないものは赤ロムとして登録され、ドコモから発売された端末だったとしてもドコモの回線で通信できない。赤ロムとなるのは、分割で購入したが、途中で支払いが滞って、中古市場に流れた端末や、盗難された端末などが赤ロムになる。赤ロムはWiFiでは問題なく通信できる。また、赤ロムはキャリアごとの通信ロックになるため、ドコモの赤ロムだったとしても、その端末をSIMフリー化し、auのSIMを使うことで問題なく通信ができる。

赤ロムの確認方法

白ロムか赤ロムを確認するには、各キャリアのショップに端末を持参するか、各キャリアが提供しているウェブサイトで、端末の製造番号を入力する。結果に「×」と出れば赤ロムということになる。端末代金の支払いが終わった端末は「○」になるが、購入当初は一括で購入していたとしても「△」と表示される。一度「○」になったものが「×」になることはない。このあたりはキャリアによって若干仕様が異なるので、確認してもらいたい。

ドコモMVNOの注意点

ドコモの端末はドコモのMVNOではテザリングができない。同じどこもなのにいったいどういうことなのかと思うだろうが、これにはドコモのいやらしさがにじみ出ている。ドコモのスマホは、ドコモとの契約でしかテザリングを許してくれない。ドコモの回線を使ったMVNOはドコモとの契約ではないため弾かれる。これはドコモの端末の仕様なので、au端末や、シムフリー端末では発生しない。
また、ドコモ端末を使う場合でもauのMVNOを使うことで回避できる。ただし、ドコモ端末にはドコモのシムロックがかかっているので、それを解除する必要がある。
特例としてiPhoneの場合はドコモのiPhoneであってもドコモのMVNOでテザリングが可能だ。

auMVNOの注意点

auはVoLTEでシムロックをかけているため、VoLTE対応端末は、auのMVNOが使えない。MVNOがVoLTEに対応すれば済む話ではあるが、現在のところはまだ対応していない。つまり、VoLTE対応端末でauのMVNOを使うためには、シムロックを解除する必要がある。auはVolteでクソ仕様に磨きをかけた形だ。

格安スマホが超えられないキャリアスマホの機能

正直なところ最近は格安スマホもスペックで「おっ」と思うものが出てきている感は否めないが、キャリアのスマホの最大のメリットは、日本の独自機能にある。おサイフやワンセグ、赤外線を搭載しており、特におサイフ機能は一度使うと手放せなくなるほど便利だ。早速次の記事でお勧めの白ロムランキングを紹介したい。
→格安スマホは買ってはいけない!おすすめ白ロムランキングベスト8!

まとめ ライフハック

2018/11/13

【2018年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

スマホ・タブレット 中国スマホ

2018/11/5

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/11/14

【ZenFone5Zが5万円】GEARBESTでスマホを安く買う

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

まとめ ライフハック

2018/11/5

【2018年】掃除の時短と効率化ができる買ってよかったもの14選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2018/11/16

【保存版】MVNO11社の格安シムの違いとデメリット、取り扱いスマホを比較

格安SIMとり扱う会社(MVNO)が増えすぎてもはや意味不明だ。既に格安SIMの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質尾ほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 MVNOの格安SIMを検討している人やそれと一緒に買えるお得なスマホを探している人はこの記事一つですべてわかるように作った。 本日もガジェマガ(@Gadgetka ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 格安SIM

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.