ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【3月はお休み】

中国スマホ

【Vivo iQOO 3】5G対応。スナドラ865で6万以下の最安スマホ。

世間では5G対応スマホとしてMi 10とかGalaxy S20が話題ではあるけどどれもこれもとにかく高い。

そんな中、日本ではほぼ知名度の無いVivoから5G対応でSnapdragon865を搭載しながら6万円を切る価格で販売されている超ハイコスパスマホが話題になっている。

今回は中国Vivoが販売するiQOO 3を紹介したい。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

中国Vivoとは

今回紹介するiQOO 3は日本ではほとんど知られてないVivoというメーカーが製造している。

とはいえVivoは日本での知名度が低いだけで、実は世界シェアが6位で、あのスマホ激戦区の中国市場でもAppleとXiaomiを上回るシェア3位に位置する実力派メーカーだ。

中国シェア
Huawei 39%
Oppo 14%
Vivo 13.1%
Apple 10.1%
Xiaomi 8.1%
Others 6.8%

しかも途上国インドではシェア2位、タイでは3位、マレーシアでも3位と、Xiaomiと同じく激安スマホ市場で勢力を伸ばしている確かな技術力のメーカーだったりする。残念ながら今のところ日本に進出する予定はない。

今は5Gに対応する意味は無いかも

そんなVivoが発売するiQOO 3はしっかりと最新の通信規格である5Gに対応しているんだけど、残念ながら現段階で5G対応のメリットはまだ少ない。

5G対応エリアは極小

5G5Gとは言っているものの実はまだ日本には5Gで繋がるエリアがほとんどない。2020年4月の段階では東京の中でもほんの一部らしく、5Gのために繋がるスポットを探さないといけないほどだとか。

5G対応サービスが無い

更に、現在の通信環境では4Gでも5Gでも恐らく違いは体感できない。確かに5Gは高速、低遅延、高信頼性が売りではあるんだけど、それはあくまで理論上の話。

実際にスマホで4Gとの差を体感できるかというとは別の話。精々スピードテストを楽しむことしかできないのが現状なんだ。

5G専用プランを契約できるのがメリット

唯一5G対応スマホを持つメリットがあるとすれば大手キャリアの5G専用プランに加入できることで、5G自体はまだ全然繋がらないんだけど、5Gスマホなら5Gプランには加入できる。

5Gプランを契約してもほとんどは4Gでの接続になるんだけど、5Gプランのデータ通信量無制限のキャンペーンは4G回線でもそのまま受けられる。

5Gスマホを持つメリットがあるとすればここで、今のところ5Gスマホを契約しても思っている以上になにも変わらないから注意。

Vivo iQOO 3の特長

Vivoと5Gの話が長くなったけど、ここからはVivo iQOO 3について解説する。Vivo iQOO 3の特長は下記。

  • 5G対応
  • Snapdragon865搭載
  • 6.44インチ有機EL
  • 画面内指紋認証
  • LRトリガー搭載
  • クアッドカメラ搭載
  • 55W急速充電
  • 6万円

iQOO 3は見た目は普通のプレミアムスマホなのにゲーマー用のLRボタンを本体に備えるのが特徴。ただし、ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzだから滑らかさは無い。

ライバルのMi 10が90HzでGalaxy S20が120Hzに対応していることを思うと少し残念ではあるけど、iQOO 3は丁度ゲーミングスマホとプレミアムスマホの中間に位置するデザインだ。

Vivo iQOO 3のスペック

Vivo iQOO 3の詳細なスペックは下記。

ディスプレイ 6.44(有機EL )
解像度 2400×1080
CPU Snapdragon 865
メモリ 6/8/12
ストレージ 128/256
バッテリー 4440
セキュリティ 指紋/顔
防水 ×
DSDS ○(非トリプル)
重量 215
サイズ 74.9x158.5x9.2

6.44インチ有機ELディスプレイ(60Hz)

iQOO 3は6.44インチの有機ELディスプレイを搭載する。

最近は6.7インチを超えるスマホも出てきている中、ディスプレイサイズを現状維持で抑えたのは好印象。

正直俺の手でも6.4インチが限界で、6.7インチはもう無理そうな気がしてる。この辺りは今月入手予定のRedmi Note 9SとかMi 10で検証していきたい。

【Redmi Note 9S】ほぼハイエンドの4眼カメラで2.8万円は安すぎ

そういえば最近新しいスマホに興味を持てず全然追跡していなかったんだけど、キャリアのプラン含め知識が遅れつつあるからしばらくはスマホとキャリアのプランを解説する記事を書くことで自分の知識を拡充する方針に ...

続きを見る

【47分後】Xiaomi Mi 10グローバル版発売開始セール情報

GEARBESTから3月28日の0時にMi 10のグローバル版を発売すると連絡が来たからその詳細を追記する。なんと今から1時間も無い。連絡直前過ぎ。あともしかすると中国時間だから日本時間1時かも。 G ...

続きを見る

ただ、繰り返しになるけど60Hzなのが惜しい。ディスプレイのリフレッシュレートは高いほど画面の動きが滑らかになるんだけど、一度滑らかな画面に慣れてしまうと、低いリフレッシュレートに耐えられなくなる。

最近のハイエンドスマホが幹並み90Hz以上に対応している中で60Hzなのは十分に購入しない理由になる。

Snapdragon865/6~12ギガメモリ

iQOO 3の最大の目玉はまだ搭載スマホが少ない最新CPUのSnapdragon865を搭載していることで、その処理能力はお墨付き。

メモリも最低が6ギガから最高12ギガまでのモデルを選択できる。個人的には4ギガあれば十分かと思っていたのは一年前の話で、ゲームアプリに限らず多数のアプリの高性能化によってReno Aなど4ギガメモリのスマホではアプリが落ちることが増えてきた。ということで今後は6ギガ以上を推奨したい。

Antutuスコア約580,000点

iQOO 3のウェブ上で公開されているAntutuスコアは55万点前後と超絶高い。

ガジェマガの過去の計測結果と比較すると下記。

  • iQOO 3 580,000(Snapdragon865)
  • iPhone11 508410(Apple A13)
  • ROG Phone 2 487983(Snapdragon855+)
  • Mi 9 431470(Snapdragon855)
  • Mate 20 Pro 355915(Kirin980)
  • Mi Note 10 254844(Snapdragon730G)
  • Mi 9T 254457(Snapdragon730)
  • OPPO Reno A 192793(Snapdragon710)

最新のCPUだけあって当然スコアも最高。今の市場でSnapdragon865を上回れるのはiPad Proに搭載されているA12X、A12Zチップぐらいしかない。

こんなハイスペックは一見無駄にも見えるけど、スマホのゲームアプリのグラフィックとCPU性能は追い付け追い越せで進化しているし、性能が高くなればスマホの可能性が広がるのは間違いないから歓迎したい。

4440mAhバッテリー/215グラム

iQOO 3は4440mAhバッテリーを搭載していて、最近のスマホとしては標準的ではあるんだけど、5GとSnapdragon865は消費電力が大きいという噂もあってどこまでバッテリーが持つかは未知数。

この辺りは同じくSnapdragon865搭載のMi 10で検証したい。また、重量215グラムは6.44インチディスプレイのスマホとしてはちょっと重すぎ。同じ6.4インチでもMate 20 Proが188グラム、Mi 9に至っては175グラムと軽い。

iQOO 3の215グラムはゲーマー向けのギミックが文字通りの重しになっている気がする。

クアッドカメラ搭載

iQOO 3は最近流行りのクアッドカメラにもしっかり対応してきた。

カメラ構成は下記。

  • 200万画素深度計測
  • 4800万画素メイン
  • 1300万画素広角
  • 1300万画素望遠

ざっくりYoutubeでカメラレビュー動画を見た感じは昼の写真は緑が強くて、夜はノイズが多めだったから、カメラにはそれほど力を入れていない気はしたけど、望遠レンズで1300万画素は他のスマホにはない高画素だから少し気になる。

それよりもフロントカメラの小ささに拘りがあるらしく、その直径はたったの2.98ミリと超小さいのが強み。

確かにディスプレイに付着したゴミ程度の大きさしか無くて全然目立たないのが凄い。

ゲーム用LRボタン搭載

iQOO 3はその見た目にはらしからぬLRボタンを搭載してる。用途はROG Phone IIとかと同じで、ゲームプレイ中に使える指を増やしてプレイを有利に進められる。

この機能はスマホゲーム界隈ではチート級と言われている機能らしく、特にFPSゲームにおいてはプロ御用達の機能らしい。

55W急速充電対応

iQOO 3は55Wの急速充電に対応している。お陰で15分で50%もバッテリーを充電できる。

更に、充電器は珍しいカプセル形状を採用していて、ゲームプレイを阻害しない工夫が凝らされている。

日本語対応、GooglePlay対応

Vivoのスマホなんて今まで触れたことが無いから肝心の日本語対応とGooglePlayストアの対応が心配なんだけど、普通に対応しているらしい。

言語で困ることも無いし、今のHuaweiスマホのようにアプリで困ることも無い。

Vivo iQOO 3の対応バンド

ドコモ 〇

全対応。ドコモのスマホと同じように使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドに完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile △

周波数帯は対応しているけど、auの通信規格は特殊なので何とも言えない。

Vivo iQOO 3は6万円

VivoのiQOO 3はかなり絶妙なラインを突いてきた印象のスマホだった。

無線充電に対応していないとか、リフレッシュレートが60Hzとか防水非対応とか不満点があるにはあるけど、それ以上に最高性能のSnapdragon865を搭載した5G対応スマホが6万円で買えるというインパクトは大きい。

ライバルのMi 10が8万円で、Galaxy S20が10万円以上だと思うとその価格差は大きく、とにかく安く高性能端末でゲームがしたいというニーズにはぴったりなスマホだった。

ただ一点、90Hzならゲーマーに手放しでおすすめできるスマホだっただけに60Hzなのが惜しい。俺はMi 10をもう購入してしまったからVivo iQOOは多分スルーする。

iQOOの購入はこちら

iQOO 3に関してはGEARBESTの値段がやたら高いから購入はAliExpressがおすすめ。AliExpressなら6万円で購入できる。

Ali ⇒ iQOO 3
GEARBEST ⇒ iQOO 3

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.