ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

カメラ スマホ

【2020年版】超望遠カメラ搭載スマホまとめ【ハイブリッド10倍】

最近10倍スマホ乱立しすぎ。そもそも2019年でスマホ市場が成熟してしまって他にやることが無くなってきているのが原因ではあるんだけど、ハイエンドスマホがことごとく10倍ズームから100倍ズームを搭載していてもはや意味不明。

ということで今回は超望遠ズームを搭載するスマホを簡単にまとめる。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

【注意】超望遠ズームはほぼ使わない

ガジェマガでは繰り返し言っているんだけど、スマホに限らず、超望遠ズームは思っている以上に使わない。

プロのカメラマンでも使う倍率は精々上半身から上を収める2倍ズームと、顔のアップを撮影する3倍ズームが一般的で、それ以上のズームは野鳥もしくは浮気調査向け。

日常生活で5倍以上のズームカメラが必要になるシチュエーションは動物園とかちびっこの撮影もしくは盗撮程度で、想像以上に少ない。

スマホの超望遠カメラは画質が荒い

しかもスマホの超望遠カメラは数値ばかりアピールしていて実際の性能はおもちゃみたいなものばかり。

実際に俺も高額5倍カメラを搭載したMi Note 10でテスト撮影をしてみたんだけど使いもにならなかった。

下記がMi Note 10の標準カメラと5倍ズームカメラの比較。

一応写ってる程度のレベルで実際に使えるかと言われると無理。

現実的なところで2倍3倍に収めるのが画質的にも倍率的にもギリギリ実用の範囲内で、超望遠カメラを求めてスマホを購入するくらいなら普通にちゃんとしたズームカメラを購入した方が遥かにマシ。これは今後の超望遠カメラ競争が激化することで変わるとは思うけど、現状はそんな感じだということを覚えておいてほしい。

望遠カメラ搭載スマホ一覧

ハイブリッド10倍望遠以上のズームカメラを搭載した有名スマホは下記。

P30 Pro 光学5倍 ハイブリッド10倍
OPPO Reno 10x 光学5倍 ハイブリッド10倍
Mi Note 10 光学5倍 ハイブリッド10倍
Mi 10/Mi 10 Pro 光学2倍 ハイブリッド10倍
Galaxy S20 Ultra 光学4倍 ハイブリッド10倍

Mi10/Mi 10 Proが光学2倍、Galaxy S20 Ultra光学4倍ズームではあるけど、ざっくりこんな感じ。特長としてその全てが最上位モデルもしくはプレミアモデルという位置づけで、5倍以上の望遠カメラはもはや金持ちの道楽と化しつつある。

光学/デジタル/ハイブリッドの違い

スマホのズームには下記3種類がある。

  • 光学
  • デジタル
  • ハイブリッド

光学ズーム

光学ズームはその名の通りではあるけど、カメラの配置を変えることで焦点距離を変化させる望遠で、アップになるのに画質の劣化が無いのが特徴。

デジタルズーム

デジタルズームは要は画像切り抜きのこと。画質が劣化しない光学ズームに対して、デジタルズームは単純に大きな写真の切り抜きでしか無いから画質が超絶劣化する。

ハイブリッドズーム

ハイブリッドズームはデジタルズームの画質の劣化を解決するために登場した。

要は光学とデジタルズームを組み合わせてソフトウェアでこねくり回すことで、劣化の無いズームを実現したということなんだけど、光学と比べると明らかに画質は劣化していてやっぱり使いにくい。

P30 Pro

P30 Proのスペック

ディスプレイ 6.5(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Kirin980
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 4100
セキュリティ 指紋/顔
おサイフ
防水 IPX8
DSDS ×
重量 192
サイズ 73x158x8.7

超望遠スマホの元祖。発表時は最大50倍のズームが話題になった。

実際のカメラは光学5倍ズームとハイブリッド10倍ズームの構成で、それ以降はデジタルズームになる。

スペックは手堅く当時のHuaweiの最強スペックを詰め込んだKirin980と6ギガメモリを組み合わせたハイエンドスマホで、位置づけとしてはsnapdragons845と855の間だから3Dゲームもサクサクプレイできる。

日本版はドコモからの限定販売で、DSDSが潰されている代わりにおサイフに対応している。

OPPO Reno 10x

Reno 10xのスペック

ディスプレイ 6.6(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Snapdragon855
メモリ 8
ストレージ 256
バッテリー 4065
セキュリティ 指紋/顔
おサイフ ×
防水 ×
DSDS
重量 215
サイズ 77.2x162x9.3

P30 Proで話題になった10倍ズームを追従した超望遠ズームスマホ。

光学5倍、ハイブリッド10倍のズームに対応する。とはいえ残念ながらカメラ画質の評判は良くない。

こちらもスペックは最強で、当時の最強CPUであるSnapdragon855と8ギガメモリで3Dゲームもサクサクプレイできる。

シムフリースマホとして発売されたけど10万円という価格が悪かったのか存在が薄い。

Reno Aと同じようにおサイフに対応してたら化けたと思うけど、イマイチ推しが無い。

Mi Note 10

Mi Note 10のスペック

ディスプレイ 6.47(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Snapdragon730G
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 5260
セキュリティ 指紋/顔
おサイフ ×
防水 ×
DSDS
重量 208
サイズ 74.2 x 157.8 x 9.7

Xiaomiが日本進出第一弾として発売したカメラ特化型スマホ。光学5倍、ハイブリッド10倍に対応する。

超望遠カメラスマホとしては珍しいミドルハイエンドスマホで、Snapdragon730Gと6ギガメモリのスペックは低くは無いけど高くもない。

カメラが売りの割りに値段が微妙に高くて、そのくせスペックも微妙な掴みどころがないスマホ。価格設定が惜しい。

Mi 10/Mi 10 Pro

Mi 10/Mi 10 Proのスペック

Mi 10 Mi 10 Pro
ディスプレイ 6.5(有機EL90Hz) 6.5(有機EL90Hz)
解像度 2340×1080 2340×1080
CPU Snapdragon865 Snapdragon865
メモリ 8/12 8/12
ストレージ 128/256 128/256/512
バッテリー 4500 4500
セキュリティ 指紋/顔 指紋/顔
おサイフ × ×
防水 × ×
DSDS
重量 208 208
サイズ 74.8x162.6x9.0 74.8x162.6x9.0

Xiaomiが満を持して発売する2020年のフラッグシップスマホ。

光学2倍ズームとハイブリッド10倍ズームに対応する。光学の倍率の割りにハイブリッドの倍率が高い。

Youtubeのレビュー動画をあさりまくったけど、望遠カメラをレビューしている動画を見つけられなかったから画質は不明。

スペックは最新CPUのSnapdragon865と最低8ギガメモリを搭載したことでスマホ業界最高レベルになった。

グローバル版がまだ発売されていないからグーグルプレイストアを使えるMi 10/Mi 10 Proがまだ存在しない。

Galaxy S20 Ultra

Galaxy S20 Ultraのスペック

ディスプレイ 6.9(有機EL)
解像度 3200×1440
CPU Snapdragon 865
メモリ 12/16
ストレージ 128/256/512
バッテリー 5000
セキュリティ 指紋/顔
おサイフ ×
防水 IP68
DSDS
重量 220
サイズ 76x166.9x8.8

サムスンGalaxyのフラッグシップであるGalaxy S20シリーズの最上位モデル。

光学4倍、ハイブリッド10倍に対応する上、スマホ業界最高のデジタル100倍ズームに対応する。

デジタル100倍はP30 Proの50倍を遥かに上回るズームで、もちろん使えた画質ではないけど、できないよりはできる方が嬉しい。

スペックはMi 10と同じくSnapdragon865と最低12ギガメモリを搭載していて最強。

日本版はまだ発売されていないけど、恐らくキャリアの専売でDSDSが廃止されておサイフ携帯に対応する。

超望遠ズームはアピール材料

今回超望遠カメラ搭載スマホを色々調べてみたけど、発表の度に話題になる割には意外と数が少ない印象だった。

残念ながら超望遠ズームは今のところ撮影しても使い物にならない画質のカメラばかりなのが実情で、多分メーカーも実用性というよりは、やることがなくなったスマホ市場の発表会で少しでもインパクトを追加するために搭載しているんだと思う。

実際Youtubeレビュー動画でも超望遠カメラに触れている人はごく少数で、語るほどの画質も需要ないとみなされてるっぽい。

スマホの超望遠カメラをアピールされればされるほど、他にアピールできるものが無いメーカー側の息詰まりが伝わってきて、誰も得しない結果になっているように感じた。

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

お得情報 ライフハック

2020/4/1

【東京都の一人暮らし】渋谷区6畳一間の生活費を解説【約16万円】

Youtubeぼーっと眺めてたら月の出費内訳を公開しているOLの動画があって、なにこれすげぇおもしれーおれもやろーって思ったんだけど、急に動画にすると色んな抜け漏れが発生するから、まずは記事にすることで動画のクオリティを高める。 ということで今回は都会へのアクセスを何より重視して渋谷駅徒歩圏内の一人暮らしとしては最低ラインの生活を送っているであろう俺の月の出費をまとめる。これから都会での一人暮らしを検討している人は参考にしてほしい。そろそろ結婚したい。 一人暮らしの生活費を下げる方法 ガジェマガの過去の記 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/6/5

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛のカウンセリング価格が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ご ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/10/2

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 ライフハック 体験談

2020/10/27

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-カメラ, スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.