ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

スマホ 中国スマホ

【Xiaomi Mi 10リーク情報まとめ】今年も最強に一番乗り

2020年1月30日

2020年2月11日にXiaomi発表会でMi 10が発表されると噂されていて、続々とMi 10のリーク情報が出てきているからまとめる。

2019年はXiaomiのMi 9の年だったと言ってしまっても過言ではない。Mi 9はは最強スペックなのに4万円という新たな業界スタンダードを作り上げることで俺にもスマホ業界全体にも衝撃を与えたスマホだった。

Mi 9の発売は他メーカーにとっては悪夢の始まりで、Mi 9発売後はあらゆるスマホの価格に対して「でもMi 9は4万円だしな」とケチが付けられるようになった。

そんな悪夢が更にパワーアップして帰ってくる。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Mi 10は初のSnapdragon865搭載スマホ

スマホ業界は2019年で一旦の成熟をしていて、多くのスマホが高い処理能力と長時間バッテリーを両立している。

これに大きく貢献したのがスマホのCPUであるSnapdragon855で、それを最初に搭載したのがなにを隠そうMi 9だった。

そして実はMi 10も最新CPUであるSnapdragon865を搭載する最初のスマホになることが発表されている。

正直スマホのスペックに関してはこれ以上いる?って質問にまだ誰も解答できてないんだけど、例え使い道が無くても処理能力が上がることは素直に歓迎したい。

Snapdragon855はSnapdragon845と比べて45%も性能が向上することで話題になったんだけど、

リーク情報によるとSnapdragon865のAntutuベンチマークスコアは56万点前後になる予定。

引用:ReaMEIZU

Snapdragon855が46万点前後だからそこからの性能向上は20%ほどと比較的大人しい。

とはいえ既にスマホのCPUは成熟しつつあるから処理能力よりも省電力性の向上に期待したい。

2019年にスマホ業界を震撼させたMi 9は現在も俺のサブスマホとして活躍してくれている。

レビュー記事と感想記事は下記。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

XiaomiのMi9が発表された当初からあまりの安さに注目し続けていたんだけど、遂にイタリアのアマゾンから輸入することで入手した。Mi 9は日本では知名度が低いけど、スペックの高さに対する値段の安さか ...

続きを見る

Mi 10はパンチホールデザイン

まだ噂段階だけどMi 10のデザインの特長は下記。

  • パンチホールディスプレイ採用
  • 側面湾曲デザイン採用
  • 4眼カメラ

Mi 10はパンチホールディスプレイ採用

Mi 10はGalaxy S10シリーズと同じパンチホールディスプレイを採用することでほぼ全画面のすっきりしたディスプレイになる予定。

フロントカメラは同社でもMi 9Tシリーズでギミックによるポップアップカメラを採用していたんだけど、

Mi 10は正統派になるっぽい。

ただ、リーク画像によってはフロントカメラがあったりなかったりで真意は不明。

Mi 9Tのレビュー記事は下記。

【Mi 9T/Redmi K20レビュー】文句なし。でもコレジャナイ

ギミック付きのガジェットはその合理性はともかくとして男心をくすぐることは間違いない。フロントカメラが稼働するスマホといえばフリップカメラを搭載したZenFone 6が話題だけど、今回ZenFone 6 ...

続きを見る

Mi 10は側面湾曲デザイン採用

Mi 10は最近のハイエンドスマホではおなじみの側面湾曲デザインを採用する。手に優しく持ちやすい。

Mi 10は4眼カメラ

Mi 10は背面4眼カメラを採用するらしい。それぞれの役割は今のところ不明。

最近は5眼もあるから4眼ではもう驚かなくなったけど、カメラが充実してるのはなんだかんだ嬉しい。

Mi 10のスペック(噂段階)

Mi 10はノーマルモデルとProモデルの2種類が発売される予定。調べた限りのリークスペックは下記。

Mi 10 Mi 10 Pro
ディスプレイ 6.5(有機EL90Hz)
解像度 2340×1080 2340×1080
Snapdragon 660 Snapdragon865 Snapdragon865
メモリ 8/12 12
ストレージ 128/256 128/256/512

6.5インチ90Hz有機ELパネル

Mi 9ですら6.4インチの有機ELパネルを搭載していたんだけど、Mi 10はそこから0.1インチ大きくなって、更に90Hzのリフレッシュレートに対応した。

リフレッシュレートは一秒間に画面が書き換わる回数を表す数値で、数値が大きいほど画面の動きが滑らかになって、ブラウジングのスクロールが滑らかになったり、ゲームプレイでも索敵が有利になったりする。

一般的なスマホのリフレッシュレートが60Hzだから、Mi 10はその1.5倍。

このリフレッシュレートの向上を体感できるかは人によるんだけど、俺がレビューした120HzのROG Phone IIは肉眼で見ても明らかに滑らかだったから90Hzも多分わかる。

2019年の最強スペックを詰め込んだ120HzゲーミングスマホROG Phone IIのレビュー記事は下記。

【ROG Phone 2レビュー】やっぱり究極。2019年のマスターピース

ASUSといえば格安スマホの代名詞と言われたのは昔の話。今のASUSは色々吹っ切れてぶっ飛んでる。 それまでミドルハイエンドが多数を占めていたZenFoneシリーズは6でハイエンドに絞ったし、ROGブ ...

続きを見る

Snapdragon865/8ギガメモリ

繰り返しになるけどMi 10はSnapdragon865と最低8ギガのメモリを搭載する。

そもそもスマホの性能は既に多くの人にとって違いを体感できないレベルにまで向上しているから、このスペックの活かし方は謎。

それよりも省電力性能の向上に期待したい。メモリ容量8ギガもスマホとしては多過ぎてもはや意味不明だ。

4500mAhバッテリー

Mi 9が3300mAhバッテリーだったのに対して、Mi 10は4500mAhバッテリーを搭載するらしい。

バッテリー容量は使用時間と直結するんだけど、Mi 9はSnapdragon855の省電力性能が高いことから、3300mAhバッテリーでも実使用時間は14時間以上と長い。

Mi 10はSnapdragon865になることで更に省電力性能が向上しているはずだから、丸二日は余裕で使えるくらいのバッテリー持ちになる。

IMX686センサー採用4眼カメラ

Mi 10、Mi 10 Proともに4眼カメラを搭載していて、しかもMi 10はノーマルモデルにソニー製のIMX686カメラセンサーを、Mi 10 Proにはサムスン製の1億画素カメラセンサーを採用しているらしい。

俺はカメラのセンサーには全然詳しくないんだけど、要するに理論上はすごくきれいに撮れることになるっぽい。

確かに一年前に発売されたMi 9は4万円とは思えないカメラ画質で感動したんだけど、逆に2019年11月にXiaomiから1億画素センサー搭載スマホとして発売されたMi Note 10はカメラ画質にがっかりさせられた過去がある。

Xiaomiのことだから同じ過ちは繰り返さないだろうけど、カメラ画質に関しては実際に試してみるまでは期待半分に留めたい。

1億画素センサー搭載最強カメラスマホMi Note 10のレビュー記事は下記。

【Mi Note 10レビュー】夜景が弱い。他の買った方がマシ

俺は二つ折りの時代から携帯電話のカメラには拘り続けてきたし、カメラと携帯電話は統合すべきだと考えてきた。 だから今も俺が購入するスマホはカメラに拘ったものばかりだし、未だに一年前に発売されたMate ...

続きを見る

Mi 10は超高速充電に対応

Mi 10はノーマルモデルで有線40W、無線30Wの充電に対応し、Proモデルでは有線66W、無線40Wの超高速充電に対応する。

俺は寝てる間に充電するタイプだから充電速度に拘りは無いんだけど、気にする人にはありがたい進化。

Mi 10が5万、Mi 10 Proが7万

リーク情報によると、Mi 10の価格は4万円から6万円で、Mi 10 Proは6万円から7万円くらいの価格になるらしい。

Mi 9の4.5万円という価格設定の衝撃と比べるとインパクトは弱いけど、最強スペックで更に90Hzディスプレイと40W高速充電のスマホなら6万円だとしてもまだまだ安い。

なんだかんだMi 9の発売から一年が経過したことで、今のスマホ史上は4万円前後の超高性能スマホが溢れていて、正直低価格路線は見飽きた感がある。

Mi 10がマンネリ気味のスマホ市場に一石を投じて、2020年のスマホ市場を牽引する存在になることに期待したい。俺は買う。

あと全てリーク情報でしか無いからこの記事の情報が間違っていても一切の責任は取らない。2月11日のXiaomi発表会を心待ちにしたい。

【動画で解説】Mi 10リーク情報まとめ

ライフハック 買ってよかったもの

2020/1/3

【2020年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/1/2

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容 体験談

2020/1/14

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/2/10

【iPhone11レビュー】妥協が無い。予算8万の最適解【欠点3つ】

俺はブランドよりコスパを重視するタイプだからAndroidをメインマシンとして使い続けてきたんだけど、2019年に発売されたiPhone11はそんじょそこらのAndroidスマホを凌駕するほどコスパが高い。iPhoneなのに(倒置法) ということでiPhone11を購入して検証しながら乗り換えるか悩みに悩んだんだけど、皮一枚でMate 20 Proの続投を決定した。 今回は10年ぶりに購入したiPhone11をレビューしつつ惜しくも俺のメインスマホになれなかった理由を解説する。 iPhone11の特長 i ...

ReadMore

スマホ まとめ 格安SIM

2020/1/29

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

AFFINGER

2019/12/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGERを購入した口なんだけど、AFFINGERを導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月から ...

ReadMore

-スマホ, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.