ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

中国スマホ

【Mi Note 10】変態1億800万画素ペンタカム(5眼)【購入済み】

2019年11月7日

Xiaomiの最近の突き抜けっぷりが本気過ぎてヤバイ。

少し前に360°ディスプレイの用途不明スマホMi Mix Alfaを発表したかと思えば、今度は1億800万画素5眼カメラ搭載スマホを発売してきた。

しかもカメラ数が多いだけのおもちゃスマホじゃない。なんと最強カメラスマホMate 30 ProにDxoMARKで並んでしまった。

更にMate 30 Proよりも7万円も安い6万円で購入できてしまう。利益率が低く薄利多売で有名なXiaomiはいよいよ価格だけでなくスペック面でもライバルを潰しにきた。

今回は昨日発売されたばかりのMi Note 10を紹介する。もちろん俺は購入した。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

Mi Note 10の5眼カメラ構成

Mi Note 10に関してはスペックとか特徴とかもはやどうでもよくて、そのカメラ構成が全て。

HuaweiのMate 30 Proをぶちのめすカメラが一体どうなっているのかが重要になるんだけど、詳細な構成は上から順に下記。

  • 5倍望遠(125mm) 500万画素 F値2.0
  • 2倍望遠(50mm) 1200万画素 F値1.69
  • 標準(25mm) 1億800万画素 F値1.69
  • 広角(13mm) 2000万画素 F2.2
  • マクロ 200万画素

こいつは久しぶりに頭おかしいスマホが登場しやがったぜ…

1億800万画素メインカメラ

なんといっても主力は1億800万画素 F値1.69のメインカメラだ。

これに関してはXiaomiは大量の明瞭なサンプル写真を公開してくれてはいるんだけど、

本当にMi Note 10で撮影しているのかは不明。自分で試すまでは何とも言えない。

とはいえ絶対こんなに画素数いらないという当たり前の主張よりも、発表時のインパクトを大切にするXiaomiの心意気が楽しい。

DxoMARKでは歴代最高得点を獲得

この作例が本物かを確認する術はないけど、カメラ画質評価サイトDxoMARKではMate 30 Proと並ぶ歴代最高点数を獲得しているから期待せずにはいられない(Mi CC9 Proは中国版)

しかもこのメインレンズはセンサーサイズも1/1.33と超巨大。HuaweiのMate 30 Proのメインレンズと全く同じサイズを採用している。

繰り返しにはなるけどもちろん1億画素もいらない。センサーが巨大になったとは言え所詮1/1.33サイズだし、明瞭な写真が撮影できるはずはないんだけど、

それでも一度試してみたいと思わせるワクワク感はガジェット好きの心をつかんで離さない。

今回5眼も搭載してきているからなんらかのハイブリッド撮影を行うことでセンサーサイズ以上の明瞭な写真撮影を実現していることに期待したい。

5倍望遠、2倍望遠、広角、マクロカメラ

Mi Note 10は5つもレンズを搭載しているから1億画素のメインレンズを除いてもまだ4つも解説しないといけない。めんどくさすぎ。

とはいえ残るは5倍望遠と2倍望遠、広角とマクロという多種多様なスマホで採用されている標準的画角をそれぞれのレンズに割り当てただけ。

これが功と出るか吉と出るかはマジで使ってみないとわからない。

遂に高級コンデジ市場は全滅するかも

スマホはこれまでカメラ画質を改善し続ける歴史を歩み続けていたんだけど、それでもやっぱり一眼はおろか高級コンデジにも叶わない画質というのが正直なところだった。

ところが今回のMi Note 10は5倍、2倍、広角、マクロあらゆるシーンに対応できる画角を用意していて、これで画質も良ければひょっとするとひょっとするんじゃないかと思わせられる。

遂に高級コンデジが世の中から駆逐される時が来てしまったのかもしれない。

Mi Note 10の多すぎる撮影モード

これだけのレンズがあるから当然といえば当然なんだけど、Mi Note 10には多すぎるぐらい多い撮影モードが用意されている。

一例が下記。

  • ポートレートモード
  • マクロ撮影モード
  • ナイトモード
  • 10倍ハイブリッドズーム
  • Vlogモード
  • スーパースローモーション撮影

いくらなんでもユーザーに選択肢を与えすぎ。全く使いこなせる気がしない。

せめてこの中でどれがおすすめなのかだけでも教えてほしい。

しかも今回は動画撮影時の手振れ補正も凄いらしい。

さらにこの手振れ補正機能はソフトウェア補正だけでなく、メインレンズと5倍望遠レンズに関しては光学手振れ補正も搭載する。色々ヤバイ。

真っ向からMate 30 Proにぶつけてきた。

Mi Note 10のスペック

カメラの紹介が長すぎたからあとはおまけ程度になるけど、ここからは誰もそんなに興味がないMi Note 10の基本スペックを抑えておく。

ディスプレイ 6.47(有機EL)
解像度 2340x1080
Snapdragon 660 Snapdragon730G
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 5260
セキュリティ 指紋/顔
防水 ×
DSDS
重量 208
サイズ 74.2 x 157.8 x 9.7

Snapdragon730/6ギガメモリ

CPUにはSnapdragon730の改良版となる730Gを搭載。AntutuスコアはSnapdragon835と並ぶレベルのハイエンドCPUらしい。メモリはたっぷりの6ギガ。

5260mAhバッテリー(65分)

バッテリー容量は5260mAhと多め。大量の撮影にも対応できそうな安心感が嬉しい。

また、30Wでの急速充電にも対応していて、65分で0%から100%までの充電が可能。

重量もしっかり208グラムと重いから落とした時の衝撃は計り知れない。ゴツ目のカバーをつけておきたい。

Mi Note 10はラウンド形状の高級ボディ

俺がメインマシンとして使用し続けているMate 20 Proもそうなんだけど、

Mi Note 10もラウンド形状のボディを採用することで高級感を演出している。

このラウンド形状には全く利便性の向上は無いんだけど、利便性が悪くなることも無く見た目に美しいから気に入っている。

更に、Mi Note 10はおなじみの画面内指紋認証を搭載することでボディをすっきりさせた。

Mi Note 10対応バンド

ドコモ 〇

ドコモのバンドに完璧に対応している。ドコモのスマホと同じように使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドに完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile △

3Gの周波数には対応しているけど、auの通信規格は特殊なので何とも言えない。

Mi Note 10の実際のカメラ作例に期待

ボディは普通だけどカメラが尖りまくっているMi Note 10の進化は実際に撮影できる画質が全てになるんだけど、昨日発売されたばかりでまだ誰も検証できていない。

あいにくMate 30 ProがGoogleに潰されたことから、日本で実用的に使える最強カメラスマホはMi Note 10一択になってしまった。

Mi Note 10のカメラ画質が本物なら来年3月からを予定している日本一周でのカメラ担当をMate 20 ProからMi Note 10に変更する予定。

俺も昨日購入したから実機が届き次第カメラ画質等の検証を行っていきたい。Mi Note 10は現在GEARBESTでの先行独占販売が行われていて、GEARBESTでしか購入できない。

まだ在庫はあるから、スマホ史上最高レベルのカメラを試したい人は購入してほしい。

Mi Note 10実機レビュー

実機を入手したのでレビューしています。あと一歩というところでした。

【Mi Note 10レビュー】夜景が弱い。他の買った方がマシ

俺は二つ折りの時代から携帯電話のカメラには拘り続けてきたし、カメラと携帯電話は統合すべきだと考えてきた。 だから今も俺が購入するスマホはカメラに拘ったものばかりだし、未だに一年前に発売されたMate ...

続きを見る

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/9

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 16位 黒 ...

ライフハック 買ってよかったもの

2021/8/1

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ライフハック 体験談

2021/6/18

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ライフハック

2021/7/25

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

AFFINGER6導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

-中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.