ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

ブログPV・アクセス

【ブログ記事の書き方】133日連続更新中のガジェマガ流テンプレート

投稿日:

いつの間にか毎日更新記録が133日を超えていて、なんとなく記事の書き方が固まってきた感がある。今のところまだ誰からもブログの書き方についての質問はもらってないんだけど、この機会に俺のブログ記事の書き方をまとめておきたい。

3か月前までの俺と同じように、書いても書いても伸びずに悩んでいる駆け出しブロガーとか物書きの人、クラウドソーシングでのライティングでの副業を考えている人の参考になればうれしい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



ガジェマガは現在133日連続更新中

ブログ記事の書き方を解説する前に、お前誰だよって話なんだけど、今のガジェマガの記事数は合計381記事。2019年内の目標を毎日更新としていて、昨日の更新で連続更新133日目だ。

つまりこの記事が134日目の更新になる。この数値の受け取り方は人によって様々だとは思うけど、自分の実感としては、133日前より記事執筆がかなり上達したと感じている。

ガジェマガのPVとかUUは全て月刊ガジェマガで公開しているから、気になる人は月刊ガジェマガカテゴリを確認してほしい。

ブロガーが記事を書くときに抑えるべき基礎

俺が記事を書く流れを解説する前に、まず基礎となる記事の書き方から解説する。基礎を抑えないと多分永遠に伸びない。

一つの記事は一つのテーマでまとめる

初心者にありがちなのが、スタートと結論で全く違う話をしているパターン。

例えば下記

・パソコンを壊さない方法でスタート

・パソコンを買い替えるポイントでゴール

一見似ているんだけど、2つのテーマが混ざってしまっていてまとまりがない。原則として一つの記事は一つのテーマで書く。

序文で読者にメリットを伝える

記事を書くときは常に検索して辿り着いた一読者を想定する。多くの読者は序文の触りを読んでその記事が自分に有益かどうかを判断する。

つまり序文の内容で興味を惹かないと本文は読まれない。この記事だとここ。

いつの間にか毎日更新記録が133日を超えていて、なんとなく記事の書き方が固まってきた感がある。今のところまだ誰からもブログの書き方についての質問はもらってないんだけど、この機会に俺のブログ記事の書き方をまとめておきたい。

3か月前までの俺と同じように、書いても書いても伸びずに悩んでいる駆け出しブロガーとか物書きさん、クラウドソーシングでのライティングでの副業を考えている人の参考になればうれしい。

序文はこの記事を読んでどんな悩みが解決できるのかを、読者の興味を惹ける内容でまとめる。

ポイントは下記3点

  • この記事を書こうと思った経緯を書く
  • 書いている人の実績や体験談、経緯を織り交ぜる
  • 誰がどんな悩みを解決できるのかを書く

ある程度の実績がある人が読者の現在の悩みについて書いているのであれば読まれる。

伝えたいことよりも読者が知りたいことを優先する

ブログ記事の基本的な考え方として、ほぼすべての読者はリピートしてくれない。多くの読者はその時の疑問に答える俺の記事に検索で偶然辿り着いただけで、俺のブログとか俺に興味があるわけではない。ガジェマガも読者の9割は新規ユーザーで、ほぼ全員が初めまして。

初めましての人は俺が伝えたいような俺のプロフィールとか自慢には興味は無い。もちろんプロフィールは絶対にあった方が良いんだけど、それはわかりにくいところに置いといて、読者の目につきやすいところには読者にとって有益であろう情報を配置する。

自己紹介はこちら。

逃げることには全力。ガジェマガ式自己紹介。

月19記事の目標は思っているより重い。それ以上を継続してる有名ブロガーってマジですごいと思う。とはいえガジェマガも最近徐々にPVが増えてきたし、企業からのレビュー依頼待ったなしの状況になってきたので、 ...

続きを見る

初めましての人を想定して毎回全て説明する

上で書いているようにほぼ全ての読者は初めましてだから、どの記事も初めましての人を想定して書く。

これは前回の記事で書いたから今回は省くとかいらない。前も書いたかもしれないけど、今の記事を読むのは新しい人だから、何度でも同じようなことを書く。

俺は散々スマホカメラで撮れる写真の限界を伝えるためにMate 20 Proのバンコクでの作例記事を紹介しているんだけど、その記事を読んでいる人にとっては初めての紹介だから気にしない。スマホのカメラに関連する段落では毎回紹介する。

【Mate 20 Proカメラレビュー】機能と感想と弱点 in バンコク

一眼レフカメラを持ち歩かないためにMate 20 Proを購入してもう3週間くらいが経った。今はプライベートでタイのバンコクに旅行に来ているんだけど、今回はバンコクで撮影した作例と一緒に、Mate 2 ...

続きを見る

見出しと文中に想定している検索ワードを大量に使う

読者は検索エンジンから記事に辿り着く。つまり、検索エンジンで上位表示されないと書いても読者の訪問はない。

1記事2000文字以上とかの検索エンジン最適化については下記の記事でまとめているから参考にしてほしいんだけど、

月間10万PVの向こう側へ行くSEO対策まとめ【超実践的経験談】

ガジェマガでは基本的に好きなことを書いているんだけど、ガジェマガで生活するという目標を達成するためにSEO対策も色々検討して取り組んでいる。 今回はガジェマガで過去に取り組んで効果があったと実感してい ...

続きを見る

なにより大切なのは、想定している検索ワードを大量に記事内に使うことなんだ。iPhoneについて書いているのに、記事内で「iPhone」のことを「スマホ」と書いてしまってはグーグルがその記事の内容を正しく判別できない。

誰よりもまず検索エンジンに記事の内容を伝えるために、記事が想定している検索ワードをしつこいくらいに使う。そのために代名詞はほぼ使わず、すべて正式名称で呼称する。

例えば最近新しく買ったノートパソコンのSpectre X360 15についてのレビュー記事を書いたんだけど、

【HP Spectre X360 15レビュー】動画編集もゲーミングもこれ一台の持ち運べるノートパソコン

外出先で快適に動画編集したいというニッチな需要を満たすために、それまで使っていたHuaweiのMateBook X ProからHPのSpectre X360 15に買い替えた。動画編集はパソコンでこな ...

続きを見る

実はSpectre X360 15の正式名称は「HP Spectre x360 15-df0000」とクッソ長い。でもそんなことは気にしない。検索エンジンが俺の記事の内容を判別しやすいように、何度も何度もしつこく「HP Spectre x360 15-df0000」と書く。

Sponcerd


思いついた内部リンクは全部入れ込む

検索エンジンから辿り着いた1読者が別の記事も読めばそれだけで2PVになる。ブログはPV数が全てではないけど、PV数が多ければメリットしかない。少しでもPV数を稼ぐために、関連する記事内リンクは思いつく限り埋め込む。

ところで今回は133日毎日更新して得たノウハウをまとめているけど、その前に300記事達成した時に感じた継続のメリットから読んでほしい。

【300記事達成】ブログを副業にする難易度は上がり続けている【体験談】

ガジェマガは昨日の記事でついに300記事を達成した。別に300記事達成を目標にしてきたわけでは無いけどキリが良い数字だから、競争が激化するブログ業界において、300記事を達成したブログが副業としてどう ...

続きを見る

↑こんな感じ。関連している内容の記事であれば興味を持って読んでくれる可能性が高い。

PVが上がればブログ全体が評価されるだけでなく、リンク元の記事(この記事)とリンク先の記事(↑)が検索エンジンから個別に評価されて検索順位が伸びやすい。ページ内リンクは思いつく限り入れる。

なるべく画像は多く使う

俺は毎日必死に文章を書きまくっているんだけど、ほとんどの読者は文章を読んでいない。主に見出しと画像を流し見して、気になった段落のみ本文を斜め読みする程度。

だからといって本文の手を抜くわけにはいかないんだけど、まずは読者の気を惹く必要がある。そのためにはインパクトのある見出しと画像は欠かせない。

画像が印象的であればそこで読者の手は止まってページの滞在時間が伸びて記事の評価につながる。読者の気を惹くための努力を惜しまない。

そのためにカメラは絶対に良い物を使った方が良い。俺は散々迷った挙句にソニーのフルサイズ一眼のα7Riiを使っているんだけど、もうこのカメラの元は取れたと思っている。

俺がブログ執筆で使っている仕事道具をまとめた記事は下記。

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなもの ...

続きを見る

まとめはしっかりとまとめる

最初に序文が大切だと書いたんだけど、それに次いでまとめも大切。結局その記事が何を伝えたかったのかを再復習することで読者の印象に残って、ブログに対する好感度が上がる。

Sponcerd


商品レビューは写真を先に撮る

ここからは商品レビュー記事を書く方法について解説していく。といってもこれが正解というわけではなくて、俺が商品レビュー記事を書く時の流れなんだけど、俺は商品レビューではまず写真を撮る。

写真さえとってしまえばあとはその写真が何を意味しているかの説明文章を入れていくだけだから何も考えずに書ける。撮影の作業工程は多いんだけど、レビュー記事を書くのは意外と簡単。

写真はレビューの流れを想定しながら撮影

商品レビューのための写真を撮るときは、レビューの構成を考えながら撮影する。何を伝えたいから今の写真を撮っているのかを考えながら撮影しないと読者もその写真のどこに注目していいのかがわからない。

例えばこの写真はスマホを片手で持った時のサイズ感を伝えるために撮影している。

伝えたいことがわからない写真だと読者の気を惹けない。その商品を漠然と撮影するのではなく、その写真で伝えたい内容を強調した写真を撮影する。

商品レビュー記事を書く流れ

俺が商品のレビュー記事を書く流れは下記。

商品を買った動機を書く

まず俺がその商品を買うことになった動機を解説する。

これは一見すると俺が伝えたいことを発信しているように見えるかもしれないけど、俺が抱いた悩みは他の多くの人が抱く。最初に自分が商品購入を検討した動機と、その答えが今回紹介する商品であるという流れを書くことで、後に同じ道を通る人のための轍を作る。

その商品に求めたこと書く

これは上で書いている動機と似ているんだけど、購入した理由+αでその商品に求めていることを書けば、商品を検討している読者がより具体的にメリットをイメージできるようになる。色々な使い方を提案することで、少しでも多くの人が共感できる記事を作成できるようになる。

具体的な商品の良いところを書く

その商品を購入した動機と、その商品に求めたことに沿って、その商品の良いところを紹介することで、実際に悩みを解決できることを具体的に伝える。

商品レビュー記事を差別化するためにやること

商品レビュー記事は偏り過ぎると信頼を失う。柱は客観的に書いて、枝として個人的な感想を織り込むことで、他のレビュー記事と差別化してより強く読者の興味を惹けるようになる。

写真の綺麗さで差別化する

上で読者は見出しと写真しか見ていないと書いた通り、写真のクオリティはその記事への興味に直結する。ハッとさせられる写真なら人は感動して手を止める。

そして本文に興味を持つことでページ滞在時間が伸びて検索エンジンからの評価が上がる。

商品のレビュー記事は写真に拘れば拘るほど伸びる。そして美しい写真の枚数は常識的な範囲内で多ければ多いほどいい。

個人的に一押ししたい商品の良いところで差別化

繰り返しになるけど商品レビューには客観性が求められる。例えばAKBファンがAKBを褒めても誰にも響かないように、偏った視点には信用がない。

あくまで客観的な視点が重要なんだけど、その中でも細かく主観を織り交ぜればレビューに人間味が出て信頼性が増す。

例えばSpectre X360 15のレビュー記事なら、

【HP Spectre X360 15レビュー】動画編集もゲーミングもこれ一台の持ち運べるノートパソコン

外出先で快適に動画編集したいというニッチな需要を満たすために、それまで使っていたHuaweiのMateBook X ProからHPのSpectre X360 15に買い替えた。動画編集はパソコンでこな ...

続きを見る

「ペンが標準で付属するのはありがたいけど、俺は使わない」など。

どうでも良すぎる個人的な情報でも、多くの人が共感できるならそれはいい意味で人間味が増してレビューの信頼性向上に繋がる。

まとめで商品の魅力と悪いところを一回振り返る

これも繰り返しにはなるんだけど、商品レビューは本格的にやると長くなりがち。読者に大量の情報を与えて混乱させてしまうから、最後に判断基準となるような情報をまとめて羅列することで、迷っている読者の判断を助ける。あくまで読者視点。

どんな人におすすめかを書く

全ての人におすすめできる商品なんてほぼ無いし、いかがわしすぎる。

どんな人であればベストマッチなのかを書くことで、刺さる人に刺さる記事になる。人間関係と同じで全員に好かれることを目指すと誰にも好かれない。例え少人数でも好きになってくれる人がいるようなレビュー記事の執筆を目指す。

Sponcerd


コラム・持論は下書きで全体の骨子を先に作る

ここからは商品レビューの記事執筆の流れは忘れて、コラムや持論の記事を書く場合の流れを紹介する。

下書きが出来上がればゴールが見えるから精神的に楽

コラムや持論の記事は商品の説明をするレビュー記事と違ってひたすら考えないといけないからパワーがいる。

少しずつ考えながら進めていくと途中で力尽きて内容がブレるから、まずは全体像となる下書きを作成する。

例えばこの記事を書く時に作った下書きはこんな感じ。

一度下書きを作ってしまえばあとはそれに肉付けをしていくだけだから執筆作業が楽になる。もちろん途中で修正することもあるんだけど、0から作りながら修正するのと違って、既にあるものを微調整する程度だから楽だし、全体像が見えているから話がブレない。

考えながら書くとテーマがブレる

コラムや持論記事は考えながら書くと記事の内容が破綻してしまうことが多い。

例えば上でも書いたんだけど、

・パソコンを壊さない方法でスタート

・パソコンを買い替えるポイントでゴール

という感じ。

この記事なら

・ブログ記事の書き方解説でスタート

・現在の自分の状況でゴール

という感じで微妙に破綻している。

コラムや持論の記事は考えながら書くと一つの問題を解決する前にもう一つの問題を提示してしまったりする。繰り返しになるけど、一つの記事は一つのテーマでまとめるのが原則。検索エンジンも複数テーマの記事を嫌う。

コラム、持論記事は絶対に下書きから書くように心がけたい。

明日も記事をかくために前日に内容を検討する

ここからは133日毎日更新して感じた毎日更新のコツなんだけど、その日に書く記事の内容をその日に考えていると、記事執筆が遅れる。

それでなくとも記事を一つ書くのはパワーがいるし、人が一日に思考できるリソースは限られているから、そのリソースは記事の内容を考えることではなくて、記事を書くことに使いたい。

一日の早い段階で記事執筆に取り掛かるためにも、前日の内に翌日の記事の内容を検討しておく。

記事を書き始めたら書き切るまで止めない

記事は勢いで書ききる。途中で休まない。記事の執筆は情熱が大切なんだけど、その情熱は長時間持続しない。一度書き始めたときの勢いを大切にする。記事を書き終わってからも見直しとか微調整の作業があってまだまだ大変だから、記事を書くことで足止めを食らっていると完成しない。

記事の質を維持するために、まずは記事を書き切って叩き台を作る。

Sponcerd


ブログの対価は労働に見合わないことを覚悟する

最後に、ブログの伸びに悩んでいるブログでの生活を夢見る人向けに、4月に晴れて独立して2か月が経過しようとしている俺の状況を伝えておきたい。独立した時に書いた記事が下記。

【月刊ガジェマガ4月号】独立して「ガジェマガの人」になりました

4月1日というと入学とか新社会人とかで慌ただしいんだけど、今年はそこに新元号の発表とかも加わるから世間が騒がしい。個人的にはこの機会に元号は廃止してもいいんじゃないかと思ってるけど、俺が考えることじゃ ...

続きを見る

ブログでの独立を目指していた頃はブログでの生活が夢、独立したら明るい未来が待っていると思っていたんだけど、今の俺の生活は過去最高にブログ一色。全ての責任が自分にのしかかるから仕事の辞め時が見つからなくて労働時間は伸び続けているし、それでも明日は待ってくれないから記事のネタを考え続けないといけないという状況にいる。

あんなに憧れた自由な生活を手に入れた現在

今現在は人生で過去にないくらい多忙な毎日を送っている。しかも毎日更新していて休みが無いから精神的にはボロボロになりつつある。もちろんプライベートもない。時間に縛られないフリーランスなんて幻想だった。駆け出しブロガーは一日12時間労働のスタート時間を選べるに過ぎない。

安定しない低収入

かといって今の労働に収入が見合っているということもない。なんとか生活できているというレベル。しかも安定もない。いつかこの労働が報われることを夢見て書き続けている。

独立してからが下積みの始まり

とはいえ独立しなかったらこの苦しさも経験できなかったし、多くの人がブログが収入にならずに挫折していくなか、独立できるぐらい成長できた俺は恵まれている。

毎日更新はどこかを境に慣れて余裕になるのかもしれないし、苦しくても努力が報われたと言える日が来るかもしれないけど、少なくとも今は全然楽じゃない。現段階なら会社員として無気力に働いている時の方が精神的には遥かに楽だった。

今は人生の楽しみはグーグルアナリティクスの伸びを見ることだけ。

ブログを90日毎日更新して変わったこと【アクセスとかメンタル等】

85日くらい前に打ち立てた毎日更新の目標を昨日で遂に90日連続で達成した。90日連続更新したらその感想を書こうとは思ってたけど本当にこの日が来た。 この90日の間にアクセスが伸びたりブログで独立したり ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-ブログPV・アクセス

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.