パソコン・周辺機器

【レビュー】ultrabook「ZenBook UX305UA」とギリギリまで迷ったultrabook

更新日:

ultrabookデビュー

とうとうultrabook(ウルトラブック)と呼ばれるタイプのノートパソコンを購入したのでレビューしたり悩んだポイントや、比較したノートを紹介したい。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




Vivobook E200HAが寿命を迎えた

俺が今まで使ってたサブ機はASUSのVivobook E200HA(R206SA)で、これはクソスペックであるかわりに、951グラムと軽く、しかも10時間以上バッテリーが持つので、その安心感が気に入っていた。でもHDD(厳密にはeMMc)が32ギガなのよね。始めは32ギガでもやってけるっしょって思ってたけど本当に無理。アプリ全然入れてないのにウィンドウズアップデートで容量オーバーになるからね。こんなもん使えるかよ企画通した奴いい加減にしろ。でも世の中には意外なほど容量32ギガの格安パソコンは溢れてるから本当に気を付けて。

無駄な出費はしたくなかったけど、容量不足の警告メッセージが頻発するので、買い替えの必要に迫られていた。とはいえ所詮サブなのでアプリを多数インストールする予定もなく、容量は64ギガあればいい。ただ、安物を何台も買うのも馬鹿らしいので、次に持ち運び用のノートパソコンを買うのであれば、ある程度ちゃんとしたものを買いたいと考えていた。

Sponcerd


条件

そこで俺が考えた次に購入するサブノートの条件はこうだ

・絶対金属製ボディ

持ってて嬉しいから

・メモリ4ギガ以上

2ギガはやっぱり話にならない

・ストレージ64ギガ以上

ウィンドウズアップデートで苦しみたくないから

・フルHD(1920×1080)

嬉しいから

・USB端子2個以上(Type-cは含まない)

USB無線マウスとか使いたいから

・軽量であること

11.6インチならば1キロ以下、13.3インチなら1.4キロ以下

・CPUは第7世代以上

すごいから

・ファンレス

うるさくないしホコリを気にしなくていいから。

・キーバックライト付き

綺麗だから

 

こんな感じの条件を前提に価格と睨めっこして購入したのが今回紹介するZenbook UX305UAだ。

基本スペック
液晶サイズ  13.3 インチ 解像度  フルHD (1920x1080)
CPU Core i5 6200U(Skylake) CPUスコア  3985
2.3GHz/2コア
メモリ容量 8GB ストレージ容量 SSD:128GB
詳細スペック
駆動時間 12 時間 その他 Webカメラ
microHDMI端子
Bluetooth
USB3.0
SDカードスロット
サイズ・重量
幅x高さx奥行 324x16.05x226 mm 重量 1.3 kg

上の前提条件と比べるといくつか上回っていたり諦めていたりしているけど、価格を考えるといい選択だったと思う。

まず絶対条件だったメタルボディが何よりうれしい。ひんやりする。ASUSのZenbookだと一目でわかる放射線状の光の反射が美しい。このモデルはカラーがブラックしか用意されていないんだけど、実際はチャコールブラックっぽくって、光の加減によっては紫にも見える。

右側に電源、USB、microHDMI、イヤホン端子がある。

左側にUSBが2つとSDがある。フルサイズなのがうれしい。

開いてみると狭額縁ではないのでスタイリッシュ感はない。

キーボードは配置は普通。キーバックライトは泣く泣くあきらめることにした。パームレストはひんやりしてる。

タッチは意外と深く、クッション性もあるので、しっかりとした触感が指から伝わる。

電源ボタンが右上にあるのでデリートとシャットダウンしてしまうことが多いぞ☆

タッチパットの縁はダイヤモンドカットが施されていて、光の反射が美しい。

音は信じられないほどいい。これは想定外だった。

背面。奥側にファンの排気口がある。スピーカーが左右に二つ。

重量は13.3インチであれば合格レベル。

モニタはフルHDのIPS液晶なので、視野角は広い。グレア加工が施されているので全体に少し白っぽいが光の反射は少ない。

今まで使っていた11.6インチ端末e200haとのサイズ比較。13.3は大きさとしても十分で、A4ノートよりも一回り大きいので、持ち運ぶにはぎりぎりのサイズだと思う。フルHDの細かさを扱うにも最適のサイズだ。

いつものベンチマーク。メイン機が7世代core i5なのに対して、やっぱり6世代core i5だとずいぶんスペックに違いがでる。とは言え十分なスピードで電源を入れてからの立ち上がりに10秒かからないし、アプリの起動もとても早い。この辺りはSSDの影響も大きいと思う。

初めてのultrabookの購入にあたって、様々な端末を検討したけど、どれも中身は当然として、外観もかなりしっかりしている印象だった。薄くて軽く、モニタがきれいなのは当たり前、スピーカーの音がいいのは当たり前、キーボードのタッチの感覚からして安物とは違った。高いんだし当然だよね。

UX305UAを選択した理由

最大の理由は価格が安いことだ。Zenbook3からプロモーションに力を入れ始めた感のあるZenbookシリーズは、2016年モデルまではまともな名前すらなく、このモデルもスペックや品質の割には不人気なモデルだ。型落ちしていることもあり価格がこなれてきている。

大きかったのはUSB端子を2個以上搭載している拡張性で、更にフルHDであること、corei5であること、メモリが8ギガあることから、間違いなく快適な端末だし、サブ機にしては十分なオーバースペックだった。だからこれさえあればもう他のパソコンがいらなくなる安心感はあった。外出先でもできればiPadでマルチディスプレイ化したいと考えていた俺にとってUSB端子二つ以上の搭載は必須だった。

この価格でこのスペックならばファンレスとキーバックライトはあきらめてもいい。それでも10万円という価格は十分に安く感じられた。

追記

またノートパソコン買い換えました。

【どれ買えばいいかわかんねーよクソ!】ZenBookを買いまくった話【ノートパソコンレビュー】

 

惜しくも購入に至らなかったultrabook達

最近のultrabook市場の盛り上がりが楽しい。各社こぞって新製品を出しているお陰でかなり悩んだので、惜しくも落選したultrabook達を紹介したい。

MacBook Air 1600/13.3 MMGF2J/A

K0000752288

最後まで残った有力候補。スペックも見た目も価格も今回購入したZenbookほぼ一緒だ。Zenbookより少し重く、画面の解像度が少し低い。Bootcamp機能を使ってウィンドウズをインストールすればスタバでドヤれる端末と高性能ウィンドウズultrabookが同時に手に入る。しかもキーバックライト付きだ。でもMac用のキーボードが不安で決断できなかった。

 

Lenovo YOGA 710 80V6000XJP

安いし性能もいいし第7世代i5を搭載しながら13時間のバッテリー持ちを実現しているモンスター端末。そのくせ値段が10万円を切る。フルHDディスプレイとアルミボディもうれしい。外した理由は塗装がいまいちで高級感が少ないアルミボディと、フルHDの11.6インチは細かすぎキツいと思ったことが理由。USB端子が一つしかないのも不安だった。価格とスペックを考えたコスパは最もいい。

 

MacBook

K0000752283

12インチのモニタを実装しながら1キロを切る軽さとスタイリッシュボディの質感はさすがのApple製品という感じで、他社の追随を許さない圧倒的な美しさだった。キーバックライトの搭載やファンレスもうれしい。Bootcamp機能でWindowsをインストールして使うか迷ったが、拡張性が糞過ぎだし、バッテリー持続時間もcoreMシリーズの非力なCPUも微妙で却下。

 

ZenBook3

K0000912543

言わずもがなのZenbook最新モデルにして1キロを切る超計量モデル。しかもモニタが12.5インチと1キロを切るモデルの中でもかなり大きい。見た目がマックブックとそっくりだけど、価格がちょっと高い。CPUはMacbookと違ってi5、i7を搭載していけどMacbookを真似るあまり拡張性もType-cのみと糞なので、候補から早々と消えた。

 

MateBook X

Matebook X

発表されたての超軽量ハイスペック端末。この重量で12.5インチはすごい。でも高すぎ。あほか。しかもType-cのみ。

 

Lets note(CF-SZ6)

SZ6

スペック十分だけどダサすぎ。スペックのわりに高すぎ。あと謎に音が悪い。

 

dynabook V62

K0000926255

かなりあり。質感が良く音もモニタもいい。指紋センサーにキーバックライトも搭載してバッテリーも17時間と意味不明なレベルで1キロなので総合的に素晴らしい。14万出せるならこれ。広告が下手すぎるだけ。日本のノートパソコンはultrabook分野では十分戦えると思った。音がharman/kardonなんだけど、最近いろんなところに絡んできすぎ。

 

Inspiron11 3000

J0000019928

価格.comでずーっと上位にある超ハイコスパ端末。35,000円でこの性能はやばすぎ。でも今回は見た目もいいノートを買うと決めていたのでスルーした。液晶も青すぎて目が痛い。5万以下ならこれで間違いない。

 

ASUS VivoBook R416SA R416SA-3050

asus_vivobook_r416sa-1

ASUSの変わりだま。14インチのメタルボディで4万円を切る価格が魅力。ちょっとスペックが低すぎたかなーなにより14インチモニタで1366×768解像度はきつい。フルHDならこれにしてたかも。

 

Spectre x360 13-ac000

J0000024059

Specreシリーズの中で唯一金メッキ部分が大人しくまとまっているのでアリだと思った。質感も性能も細部に至るつくりも最高。けど高い。

 

ライフハック まとめ

2018/10/4

【2018年版】生活が変わる!ガジェマガ式買ってよかったモノ18選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

中国スマホ スマホ・タブレット

2018/10/20

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。 そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。 しかし今回はそれを上回る。立役者は ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/8/21

【ZenFone5Zが2万円も安い!】中国版Amazonの「GEAR BEST」が要チェックや!!

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

ライフハック まとめ

2018/8/22

【2018年版】一人暮らしを効率化するために買ってよかったおすすめグッズ13選

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが一人暮らしの課題だ。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 一人暮らしに家事を分担できる相手はいない。ご飯を作ってくれる人もいなければ看病してくれる人もいない。いや人によってはいるかもしれないけど、大半の世の一人暮らしは恵まれない人間関係の中でたくましく生き抜くこと ...

ReadMore

格安SIM スマホ・タブレット まとめ

2018/10/18

【2018年版】格安SIMとセットで安いスマホのおすすめ15選!

格安スマホの完成度が高くなることで、敢えてキャリアスマホを選ぶ必要が無くなってきている。 次は格安スマホを購入しようと考えている人は多いと思うんだけど、そこで悩むのがどの通信会社と契約するかだ。キャリアに縛られない格安スマホを購入するのであれば月額費用も安く抑えたい。 そんな需要に応えるべく最近は格安SIMと格安スマホのセットがかなりお買い得になっている。回線も安いのに、セットで購入すればスマホも安い。今回は格安SIMとセットで安く購入できるスマホのおすすめランキングを作成した。 本日もガジェマガ(@Ga ...

ReadMore

LINE@で更新情報をお届け

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の32歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

-パソコン・周辺機器

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.