ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

中国スマホ

【Nubia Red Magic 3】初の空冷ファン搭載ゲーミングスマホ

投稿日:

ASUSのROG Phoneに始まり、XiaomiのBlack Shark 2など、徐々に盛り上がりを見せるゲーミングスマホ市場に新たな̻刺客が現れた。ZTEの関連会社であるNubiaからスマホ史上初の空冷ファン搭載ゲーミングスマホ「Red Magic 3」が発表されて騒然となっている。しかも値段も過去最高に安くてヤバい。

今回はRed Magic 3の全貌を解明する。遂にスマホにも空冷ファンが搭載される時代になった。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



Red Magic 3の特徴

Nubia Red Magic 3の特徴は下記。

  • Snapdragon855/6ギガメモリからのハイスペック
  • 初の内蔵空冷ファン搭載スマホ
  • リフレッシュレート90Hzの有機ELディスプレイ
  • 最大で5本指タッチに対応(画面2点、トリガー2点、背面1点)
  • 5000mAh大容量バッテリー
  • 5万円を切る驚異的な安さ

Red Magic 3はゲーミングスマホとして重要になる高いスペックだけでなく、ゲーミングならではの5本指でのタッチ、空冷+液冷による高いCPUの冷却能力やリフレッシュレート90Hzの滑らかなディスプレイを搭載する。

Red Magic 3のスペック

Nubia Red Magic 3のスペックは下記。一つ一つ説明していく。

ディスプレイ 6.65(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Snapdragon855
メモリ 6/8/12
ストレージ 128/256/512
バッテリー 5000
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 215
サイズ 78.5×171.7×9.65

6.65インチ有機ELディスプレイ

Red Magic 3は6.65インチの巨大有機ELディスプレイを搭載する。アスペクト比19.5:9。最近のスマホのディスプレイは大型化の一途を辿ってはいるけど、それでも主流は6.4インチだと考えるとRed Magic 3はかなり大きい。

俺がメインマシンとして使っているMate 20 Proは6.4インチディスプレイでアスペクト比も全く同じだけど、手が大きいメンズの俺でも片手での使用はギリギリ。

Red Magic 3に関してはMate 20 Proより更にディスプレイが大きく、重量も215グラムとタブレット級。そろそろ片手での使用はあきらめた方が良いかもしれない。

最強カメラスマホMate 20 Proのカメラレビュー記事はこちら。

【Mate 20 Proカメラレビュー】機能と感想と弱点 in バンコク

一眼レフカメラを持ち歩かないためにMate 20 Proを購入してもう3週間くらいが経った。今はプライベートでタイのバンコクに旅行に来ているんだけど、今回はバンコクで撮影した作例と一緒に、Mate 2 ...

続きを見る

更に、Red Magic 3はリフレッシュレート90Hzの有機ELディスプレイを採用。

AQUOSフォンでもそうなんだけど、リフレッシュレートが高いと画面のが滑らかになることでブレが減ってゲームプレイ時のエイミング能力が上がる。

Snapdragon855/6ギガメモリから

Red Magic 3の最小構成は現行最強CPUのSnapdragon855と6ギガメモリから。最大で12ギガメモリのモデルまでが用意される。

Sponcerd


Snapdragon855は一年越してアップグレードされた現行最強のスマホCPUで、Snapdragon845と比較して処理能力は45%も向上している。

更にRed Magic 3はスマホ史上初となる内蔵ファンを搭載することでSnapdragon855の処理能力を最大限引き出す。

Red Magic 3は熱に弱いCPUの弱点を克服

CPUは高負荷の処理を続けることで発熱して処理能力が落ちるんだけど、Red Magic 3はCPUに高負荷をかけると同時に冷却することで高いパフォーマンスを保ち続ける。

冷却ファンに関してはROG Phoneのようにオプションパーツとして搭載することはあっても、スマホが内蔵ファンを採用するのは史上初。液冷も並行して採用している。Red Magic 3はゲーミンPCの技術をそのまま流用した。

このおかげでRed Magic 3のAntutuベンチマークの数値は43万点を達成。

同じSnapdragon855を採用するMi 9が37万点だから、

Red Magic 3は冷却機構を搭載することで6万点も数値を伸ばした。

Snapdragon855を搭載するMi 9を一ヵ月使用した感想記事はこちら。

Mi 9を1ヵ月使った感想と悪い所【Mate 20 Proと比較】

Mi 9をサブスマホとして使い始めて1か月が経過した。現在俺はメインスマホにMate 20 Proと、サブスマホにMi 9を使っているんだけど、せっかくハイエンドスマホが2台もあるんだから、Mate ...

続きを見る

5000mAh大容量バッテリー

Red Magic 3は内蔵ファンを採用したことで高負荷時に内蔵ファンが稼働するから通常のスマホよりも消費電力が大きくなるんだけど、それに対応して5000mAhもの大容量バッテリーを搭載した。

Red Magic 3は最大5本指タッチに対応

ゲーミングスマホで好んでプレイされるFPSゲームはその性質上同時に使える指が多いほど操作しやすい。Red Magic 3はその要望に応えるべく、最大5本指での同時タッチに対応。

親指2本でディスプレイをタッチして、人差し指が触れるトリガー部もセンサー化した。

さらに背面の指紋センサーもタッチボタンとして機能することで、最大5本の指に操作を割り当てられる。

ドルビーデュアルスピーカーを搭載

Red Magic 3は大画面で快適にゲームをプレイできるだけでなく、コンテンツを最大限楽しむために音質にも拘った。

Red Magic 3は前面デュアルスピーカーを搭載してるだけでなく、立体音響システムのDTS7.1を対応することで広がりのある音を楽しめる。

有線LAN接続にも対応

Red Magic 3はオンラインゲームで勝敗を分けるタイムラグを極限まで減らすために、有線LANへの接続にも対応する。有線LAN接続はアダプターを購入することで全てのスマホで対応できるんだけど、Red Magic 3のように専用オプションパーツが用意されるのは稀。

このオプションパーツにはイヤホンジャックと充電端子もついているから、同時にスマホの充電も可能。Red Magic 3のゲーミングスマホとしての本気度が伺える。

Sponcerd


48MPスーパースローモーションカメラ

ゲーミングスマホにカメラ画質を求める人は少ないからアピールポイントとしては弱いんだけど、Red Magic 3はそのスペックを活かして8K動画や1920fpsのスーパースローモーション動画が撮影できる48MP背面カメラを搭載している。

Red Magic 3は48,000円から

Red Magic 3はゲーミングスマホとしてだけでなく、歴代のスマホの中で圧倒的なスペックを誇りながら、6ギガメモリ、128ギガストレージのモデルは48,000円からと異様に安い。

ついこないだMi 9が5万円で発売されて市場を震撼させたかと思えば、10倍ズームのハイエンドスマホのOPPO Renoが7万円で発表されて、

【OPPO Reno】P30 Proに続いて10倍ズーム搭載で7万円

Rシリーズを廃止することを発表した中国OPPOが新たなスマホブランドを華々しく発表した。ブランド名は「Reno」。最大の武器はP30 Proと並ぶ倍率の10倍ズームだ。 今回は10倍ズームのトリプルレ ...

続きを見る

Lenovo Z6 Proが44,000円で更に度肝を抜いたのに、

【Lenovo Z6 Pro】Mi 9をコスパで上回るクアッドカメラスマホ

中国LenovoがSnapdragon855を搭載して5万円を切るLenovo Z6 Proを発表した。XiaomiのMi 9を筆頭にOPPOのRenoなど、Snapdragon855搭載機は続々とコ ...

続きを見る

Red Magic 3は空冷ファンとか5本指タッチ、リフレッシュレート90Hzなどのギミックをこれでもかと詰め込んで48,000円。最近のハイエンドスマホは値下がりの勢いが止まらない。

次々と安い高性能スマホが発売されるから買い時を見失いがちだけど、逆にいつ買っても値段に対して性能が高すぎる後悔しないスマホばかり。気になったスマホがあれば迷わず購入してしまうのがおすすめだ。

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/3/7

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

中国スマホ

2019/4/21

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

XiaomiのMi9が発表された当初からあまりの安さに注目し続けていたんだけど、遂にイタリアのアマゾンから輸入することで入手した。Mi 9は日本では知名度が低いけど、スペックの高さに対する値段の安さから日本以外で爆発的に売れていて現在も売り切れ続出の入手困難なスマホだったりする。 今回はMi 9の性能からカメラ、MIUIの独自機能に至るまで詳細にレビューする。 Xiaomi Mi 9の購入価格5.5万円 今回レビューするMi 9はイタリアのアマゾンで購入したもので、支払総額は送料込みで5.5万円ほど。日本 ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/3/10

iPhoneからAndroidに乗り換えて困ること【移行のデメリット】

通信と端末の完全分離が閣議決定したことで2019年の夏にもスマホの完全分離販売が始まる。これに伴ってキャリアが推したいスマホの本体代を通信料に含められなくなるから、本体価格が高いiPhoneの値段が浮き彫りになる。 ということで恐らくAndroidへの乗り換えが進むから、iPhoneユーザーがAndroidに乗り換えて困るであろうポイントをまとめる。これを読めばもうAndroidは怖くない。 よくあるAndroidに関する誤解 数年前までは明らかにiPhoneの方が品質が優れていたのは間違いない。ツイッタ ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.