ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

スマホ・タブレット

【OPPO Reno】P30 Proに続いて10倍ズーム搭載で7万円

更新日:

Rシリーズを廃止することを発表した中国OPPOが新たなスマホブランドを華々しく発表した。ブランド名は「Reno」。最大の武器はP30 Proと並ぶ倍率の10倍ズームだ。

今回は10倍ズームのトリプルレンズを搭載した上位モデルと、デュアルレンズの下位モデルを紹介する。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



OPPO Reno上位モデルは10倍ズーム搭載

OPPO Reno最大の特徴は10倍ズーム可能なトリプルレンズを搭載していることだ。OPPO曰く、3つのレンズを組み合わせることで、どの倍率でも800万画素を維持できるハイブリッドズームらしいけど、どこまでが劣化の無い光学ズームなのかは発表されていない。

ズームの構造は多分P30 Proと同じ

恐らくP30 Proと同じ5倍光学ズーム+デジタルハイブリッドズームによる10倍という形だと思う。

ちなみにP30 Proの10倍ズームの威力がこちら。10倍望遠のヤバさを体感してほしい。

もちろん10倍ズームなんて日常生活で必要になることは無いんだけど、無駄でも技術革新にはトキメキがある。

10倍ズームレンズの使い道

主な使い道は俺がバンコクへ行った時のMate 20 Proの3倍望遠ズームと同じで、綺麗なお姉さんの盗撮になる。

俺もこれからは盗撮を想定しながら外を歩きたい。

Mate 20 Proのカメラをレビューした記事はこちら。

【Mate 20 Proカメラレビュー】機能と感想と弱点 in バンコク

一眼レフカメラを持ち歩かないためにMate 20 Proを購入してもう3週間くらいが経った。今はプライベートでタイのバンコクに旅行に来ているんだけど、今回はバンコクで撮影した作例と一緒に、Mate 2 ...

続きを見る

ペリスコープにより超望遠を実現

一般的に光学5倍望遠を搭載するにはそれなりのレンズサイズが必要になる。例えばフルサイズ一眼レフカメラの望遠レンズはこんなに大きい。

これをスマホに収めるためにRenoはP30 Proと同じくペリスコープ機構をスマホ本体内に搭載している。

簡単に言うと潜望鏡のような構造で距離を稼ぐことで間にレンズを多数配置して光学望遠を実現している。スマホカメラの進化の勢いは留まるところを知らない。

48MP標準レンズと広角レンズも

OPPO Renoは8MPの望遠レンズ以外にも48MPの標準レンズと13MP広角レンズを備える。

Mate 20 Pro以降ハイエンドモデルは広角レンズを搭載するトリプルレンズ仕様を採用する流れになってるけど、Renoもそれを踏襲した。

Sponcerd


OPPO Renoのスペック

OPPO Renoには10倍ズームを搭載した上位モデルと10倍ズームが無い下位モデルがある。スペックは下記。

10倍ズームあり 10倍ズーム無し
ディスプレイ 6.6(有機EL) 6.4(有機EL)
解像度 2340x1080 2340x1080
CPU Snapdragon855 Snapdragon710
メモリ 6/8 6/8
ストレージ 128/256 128/256
バッテリー 4065 3765
防水 × ×
指紋認証
DSDS
重量 210 185

上位モデルはSnapdragon855採用

RenoはCPUにSnapdragon855を搭載している。最新スマホだから順当な流れではあるんだけど、まだXiaomiとGalaxyシリーズにしか存在しないSnapdragon855搭載スマホに新たな仲間が加わる。

Snapdragon855のスペックは過去最強で、同スペックのXiaomi Mi 9のAntutuベンチマークのスコアは驚異の37万点。

iPhoneXSを含めても現存するCPUで最もスペックが高い。

Snapdragon855を搭載しながら5万円で購入できるコスパ最強スマホMi 9のレビュー記事はこちら。

【Xiaomi Mi 9実機レビュー】5万円なのに10万円スペック【欠点3つ】

XiaomiのMi9が発表された当初からあまりの安さに注目し続けていたんだけど、遂にイタリアのアマゾンから輸入することで入手した。Mi 9は日本では知名度が低いけど、スペックの高さに対する値段の安さか ...

続きを見る

下位モデルはSnapdragon710

下位モデルが搭載しているCPUはSnapdragon710。これは最新のミドルハイエンドCPUで、Antutuベンチマークのスコアは約17万点と十分高い。

Snapdragon855が37万点だから感覚が狂うけど、過去にガジェマガで計測した結果と比較すると、既にハイエンドスマホのMate9を上回ってP20に迫る。

  • Mi 9 370408(Snapdragon855)
  • Mate 20 Pro 276,214(Kirin980)
  • nova3 208,857(Kirin970)
  • P20 205,806(Kirin970)
  • 約170,000(Snapdragon710)
  • Mate9 148,204(Kirin960)
  • Redmi Note 6 Pro 116,545(Snapdragon636)
  • iPad Air 2 108,431(A8X)
  • ALLDOCUBE Cube M8 103,727(Helio X27)
  • Lenovo S5 77,424(Snapdragon625)
  • UMIDIGI One 64,756 (Helio P23)
  • GalaxyNote3 65,352(Snapdragon800)
  • Moto G4 Plus 57,671(Snapdragon617)
  • P20 lite 53,072(Kirin670)

スマホのCPUの進化は漫画みたいなインフレを続けてる。Snapdragon710でも十分すぎるくらい性能が高い。

フロントカメラは飛び出し式

OPPOといえばFind Xの飛び出し式カメラが有名だけど、今回もフロントカメラを飛び出し式にすることで、完全な全面ディスプレイを実現した。

飛び出し式のフロントカメラはカメラ全体が持ち上がるFind Xと違って斜めに飛び出す。

Find Xよりは耐久性が高そうではあるけど、こういうギミックは楽しい反面スマホ本体の脆さにも繋がる。カメラが飛び出している時にスマホを落とすと一発で壊れそうだから注意が必要。

有機ELパネル搭載

OPPO Renoは上位モデル、下位モデルともに有機ELパネルを搭載している。

有機ELパネルは黒を発光しないことで表現する次世代パネルで、省電力性も高い。上位モデルのみが有機ELパネルで、下位モデルは液晶パネルというのが各メーカー主流なんだけど、下位モデルにも有機ELパネルを搭載するのは良心的。

Sponcerd


10倍ズームモデルで約7万円

驚異的なのは10倍ズームを搭載したモデルが約7万円で市場に投入されることだ。

これは中国での価格だから、日本でどのくらいになるかはまだ分からないけど、同じく10倍ズームを搭載したP30 Proが13万円だから5万円も安い。

OPPO Renoは日本での発売も約束されているから続報に期待したい。

RenoのPVが超ユニーク

最後に、OPPO RenoのPVがユニークだったから紹介したい。


普通のスマホ工場かと思いきや、10倍望遠レンズを押し込んで

最後にモンスターを詰め込む

Renoの10倍望遠とハイスペックの特徴をわかりやすく紹介したセンスのあるPVだった。

スマホ業界はチキンレース化してる

Snapdragon855と10倍ズームという最新スペックの詰め合わせが「たったの」7万円と感じてしまうのはスマホオタクが故かもしれないけど、今のスマホは一昔前からは考えられないほど高スペックで安くなってしまった。Mi 9のコスパにも感動したけど、OPPO Renoのコスパはそれに匹敵する。

中国で競争が激化することでスマホ市場はチキンレースの一途をたどっている。ユーザーにとってはありがたいのは間違いないんだけど、メーカーとしては旨味の少ない業界に変わりつつある。

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.