ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

お得情報 スマホ・タブレット

AQUOS zeroが3万円値下がり【OCNモバイル販売記念特価】

投稿日:

シャープがSIMフリースマホ業界に殴り込みをかけた本気スマホAQUOS zero(SH-M10)がまたまたOCNモバイルONEで採算度外視セールを行っていたから紹介したい。

OCNモバイルONEは以前も俺がMate 20 Proを購入した直後に3万円も本体価格を値引きする頭のおかしいセールをしていたことが記憶に新しい。今回のAQUOS zero(SH-M10)販売記念セールも例に漏れず値下げ額がヤバいから力説する。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



OCNならAQUOS zeroが67,800円

OCNモバイルONEの音声プランの加入が条件にはなっているけど、OCNモバイルONEの格安SIMとセットで購入するとAQUOS zero(SH-M10)が67,800円で購入できる。

おいおいスマホオタクが馬鹿いってんじゃねーよ。スマホに7万も出せるかよって言いたい気持ちはわかるんだけど、このAQUOS zero(SH-M10)は業界最安で名高い価格ドットコムだと本体のみで余裕の10万オーバーだったりする。

税込み金額で計算してもその差額は実に3万円以上。すごいぞOCNモバイルONE!相変わらず安すぎるぞOCNモバイルONE!

OCNモバイルONEセール詳細ページ

OCNモバイルONEのトータル料金

ただ、これだけ安いということはもちろんカラクリがある。ランニングコストで回収できるから3万円も安くなっているはず。と思いきやランニングコストで全然回収できない。

OCNモバイルONE音声プランの月額料金

AQUOS zero(SH-M10)を安く買うための条件はOCNモバイルONEの音声SIMプランを契約することなんだけど、その月額料金が下記。

一番安いプランなら月額1,728円で維持できる。

OCNモバイルONEは最低契約期間6か月

しかもOCNモバイルONEの最低契約期間はたったの6か月。

つまり、OCNモバイルONEのためだけにAQUOS zero(SH-M10)を契約して本体価格以外にかかる料金は下記。

  • 契約事務手数料 3,240円
  • 6か月の通信量 1,728円 × 6 = 10,368円

合計金額はたったの13,608円。

本体のみで買うより17,000円安い

価格金額と比較した本体価格の差額が3万円だから、乗り換えが難しくても普通にOCNモバイルONEを新規で契約して6か月ぴったりで解約したほうが17,000円もお得。

つまり6か月ぴったりで解約されたら赤字。今回のセールもユーザーが6か月以上使ってくれることを前提にした良心頼みのセールだった。

6か月で解約されたら儲けが無いだろ。OCNモバイルONEはこの辺の計算をどう思ってるのか謎だ。

OCNモバイルONEセール詳細ページ

AQUOS zero(SH-M10)は史上最強に軽いスマホ

67,800円という価格が安いか高いかは置いといて、定価よりかなり値引かれてるのはわかったと。それならAQUOS zero(SH-M10)がその金額を出すのに値するスマホなのかというのが重要になる。

AQUOS zero(SH-M10)の特徴は下記の記事でまとめているんだけど、

【AQUOS zero】6.2インチ最軽量モンスターがSIMフリー市場に殴り込み

中国ホンハイに買収されてから明らかに開発スマホに磨きがかかったシャープが、4月12日からSIMフリー市場に過去最高のモンスターを投入する。投入されるのは現在ソフトバンクで販売されている最高スペックモデ ...

続きを見る

最大の特徴は6.2インチスマホとは思えない史上最強の軽さだ。名前のzeroは軽さを意味する。

実際AQUOS zero(SH-M10)は6インチ以上かつ3000mAhバッテリー以上かつIPX5以上の防水に対応したスマホで最も軽いことを売りにしている。

AQUOS zero(SH-M10)のスペック

スペックはこんな感じ。

ディスプレイ 6.2
解像度 2992x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 3130
防水 IP68
指紋認証
おサイフ
DSDS ×
重量 146
サイズ 73×154×8.8

6.2インチスマホのくせに146グラムと圧倒的に軽いのに3130mAhバッテリーも搭載している。

同じ画面サイズのスマホと比較

同じ6.2インチの有名スマホと比較するとこんな感じ。

重量 バッテリー
AQUOS zero(SH-M10) 146 3130
nova lite 3 160 3400
ZenFone5Z 155 3300
R15 Neo 168 4230

同じ重量のスマホと比較

逆に同じ重量のスマホで比較するとAQUOS zero(SH-M10)はこんなに画面がデカいしバッテリーもたんまり積んでいる。

重量 画面サイズ バッテリー
AQUOS zero(SH-M10) 146 6.2 3130
P20 lite 145 5.84 3000
Arrows M04 148 5 2580
iPhone8 148 4.7 1821
Pixel 3 148 5.5 2915

なんと画面サイズ4.7インチのiPhone 8よりも軽い。すごい。

Snapdragon845/6ギガメモリのハイエンドスマホ

AQUOS zeroは軽さだけでなくスペックにも全然妥協が無い。CPUにスマホ業界最高クラスのSnapdragon845を採用したことでどんなゲームも快適にプレイできる。

現在はSnapdragon855が登場したことで王者の座を奪われたけど、その性能はまだまだ圧倒的。

初の国産有機ELスマホ

ここはセールスポイントとして迷うところではあるけど、今までは有機ELといえばほぼ全てがサムスン製だったのに対して、AQUOS zero(SH-M10)は業界初の国産有機ELパネルを搭載した。

有機ELパネルは黒を光を発しないことで表現する明暗差が大きい次世代パネルだ。国産だから少なからず日本の応援に繋がるのが嬉しい。

おサイフケータイとデュアルスピーカーと防水に対応

AQUOS zero(SH-M10)はSIMフリースマホとしてはかなり珍しいおサイフケータイ機能に対応しているから、電子マネー機能をフルに活かせる。

しかも高音質化技術ドルビーアトモスに対応したデュアルスピーカーを搭載しているから大画面と迫力のサウンドでコンテンツを楽しめる。

更に浸水も可能なIP68防水に対応しているのも嬉しい。

今ままではSIMフリースマホ市場といえばHuaweiとかASUSのZenFoneが強い市場で、日本のスマホは大手キャリアの囲い込みでぬくぬくと販売するという構図だったんだけど、シャープが遂にAQUOS zeroでSIMフリー市場に殴り込みをかけた。

現在のSIMフリー市場にある10万円クラスの上位モデルと比較しても、おサイフケータイやデュアルスピーカーが他にない強みとなる遜色ない作りで、日本製のスマホを購入したいというニーズに正面から答えられる作りだ。

格安SIMセットスマホ最安値

相変わらずOCNモバイルONEは安い。安い安いと言われながらも価格破壊を続けている。俺もMate 20 Proと一緒にOCNモバイルONEを契約して今も使ってるけど通信品質は極めて普通。まぁドコモエリアなんだから当たり前か。

OCNモバイルONEセール詳細ページ

まとめ ライフハック

2019/4/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス ライフハック

2019/4/2

【月刊ガジェマガ4月号】独立して「ガジェマガの人」になりました

4月1日というと入学とか新社会人とかで慌ただしいんだけど、今年はそこに新元号の発表とかも加わるから世間が騒がしい。個人的にはこの機会に元号は廃止してもいいんじゃないかと思ってるけど、俺が考えることじゃないから恒例の月次報告に移りたい。 3月に反響のあった記事 まずは3月に反響があった記事のご紹介から。 iPhoneからAndroidに乗り換えて困ること【移行のデメリット】 通信と端末の完全分離が閣議決定したことで今年の夏は恐らくiPhoneからAndroidに乗り換える人が続出すると予想して書いた記事が伸 ...

ReadMore

パソコン・周辺機器 ライフハック

2019/4/4

ブラインドタッチで分間400打を超える方法【タイピング速度向上】

スマホの普及によってタイピングできない人が増え続けている。それは別にいいとは思うんだけど、会社に入社して初めて自分用のパソコンを支給されて、タイピングができなくて仕事が遅いという焦りを抱える新卒が多い。 今回はスマホの普及によってタイピングから取り残された人向けに、最速で分間400打を超える方法をレクチャーする。 社会人に求められるタイピング速度 そもそも論として、社会人に求められるタイピング速度はどのくらいなのか。 とりあえずそのレベルをクリアしているのであれば日常業務をこなすのに不便しないから、まずは ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-お得情報, スマホ・タブレット

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.