ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

中国スマホ

【日本発売決定】Xiaomi Black Shark 2感圧センサー搭載ゲーミングスマホ

更新日:

Mi 9で世界を震撼させたXiaomiが、その技術力を注ぎ込んで新たなゲーミングスマホを発売した。その名もXiaomi Black Shark 2。旧型のBlack Sharkはガジェマガでも紹介しているコスパの高いゲーミングスマホなんだけど、新型は旧型の不満点を潰して更にコスパの高いスマホへと昇華させたから紹介したい。

日本版発売決定

Black Shark 2が初のXiaomiスマホとして日本市場に投入されることが決定した。日本版の仕様は12ギガメモリと256ギガストレージの超パワフルモデルだ。価格はしっかりと高い107,870円。現在先行予約販売を受け付けていて、先着3000名に15,000円相当の専用ボディケースとゲーミングコントローラーがプレゼントされる。

先行予約販売サイトはこちら

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



【旧型】Black Sharkの紹介記事はこちら

まず旧型の品質から確認したい人はこちら。

【Xiaomi Black Shark】格安ゲーミングスマホの特徴、価格【ROG Phoneと比較】

スマホゲーのクオリティが上がるにつれてスマホゲーを快適にプレイするためのゲーミングスマホが登場している。日本でもASUSのROG Phoneがそれで、ゲームに特化した高い性能と独特な見た目が特徴的な面 ...

続きを見る

Xiaomi Black Shark 2の強み

Xiaomi Black Shark 2の強みは下記。

  • Snapdragon855の最強スペック
  • 液冷の高いパフォーマンス
  • 6.4インチ有機ELディスプレイ
  • 感圧センサーをゲームプレイに活用可能
  • 画面内指紋センサー
  • 6ギガメモリ128ギガストレージが5万円

もはやXiaomiといえばコスパモンスターのイメージが強いけど、Black Shark 2も例外ではない。というかパラメータをゲーミングに全振りしてきたからとにかくスペックが高く面白いスマホに仕上がっている。

Xiaomi Black Shark 2のスペック

Xiaomi Black Shark 2のスペックは下記。一つ一つ詳細に解説していく。

ディスプレイ 6.39(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Snapdragon855
メモリ 12
ストレージ 256
バッテリー 4000
防水
指紋認証
DSDS
重量 205
サイズ 75×163.6×8.7

Snapdragon855・6/8ギガメモリ

Xiaomi Black Shark 2はCPUに発売されたばかりのSnapdragon855を採用した。Snapdragon855は現在のAndroid最強CPUで、処理能力はiPhoneXsも上回る。

Antutuベンチマーク38万点越え

実際に同じCPUとメモリ構成のXiaomi Mi 9のAntutuベンチマークは38万点と、iPhone Xsの36万点を上回る。

ゲーミングではなくカメラにパラメータを振ったバランス型スマホMi 9の詳細は下記。

【Mi 9】トリプルカメラ、初のスナドラ855搭載のXiaomiフラッグシップモデル【2月26日発売】

XiaomiのフラッグシップブランドMiシリーズの最新モデルである「Mi 9」発売があと二日と迫った。今回は発売が直前に迫ったXiaomi Mi 9について、現在までにリークされている情報をまとめたい ...

続きを見る

ちなみに俺はMi 9をイタリアのアマゾンで購入していて、今は到着待ちの状況だ。購入方法は下記。

AmazonイタリアでMi 9を購入した話【購入方法解説】

圧倒的コスパのXiaomiのMi 9が発売されて日本以外の世界中で話題になってるんだけど、とにかく手に入らない。というのも5万円なのに現存するスマホで最も性能が高くて、しかもカメラ画質もiPhoneX ...

続きを見る

Black Shark 2は液冷搭載

Xiaomi Black Shark 2は旧型と同じく背面に液冷機構を搭載している。

CPUは高負荷の処理を続けることで発熱して処理能力が低下するんだけど、液冷機構によって効率的に排熱することで、長時間高いパフォーマンスを保ち続けることができる。まさにゲームをプレイするための構造だ。

6.39インチ有機ELディスプレイ

Xiaomi Black Shark 2は遂に有機ELディスプレイを搭載した。旧型が液晶ディスプレイだったのが不満点の一つだったから、不満点を一つ解消したことになる。

有機ELディスプレイは液晶ディスプレイと違って、黒を発光しないことで表現するためコントラスト差が高く、くっきりとした画を楽しめる次世代ディスプレイだ。

Sponcerd


4000mAhバッテリー

Xiaomi Black Shark 2に搭載されているバッテリーは4000mAh。6.4インチのスマホとしても多いほうで、Snapdragon855の省電力性能を考えてもバッテリー持ちはいいことが予想できる。

もちろんゲームをプレイするとバッテリーはみるみる減る。

オプションでゲーミングコントローラーを購入可能

旧機と同じようにXiaomi Black Shark 2はオプションで専用のゲーミングコントローラーを購入できる。

スマホでのゲームに慣れていないという人や、家庭用ゲーム機と同じような感覚でプレイしたい人にとって、専用コントローラーを選べるのはうれしい。

感圧式センサー搭載

Xiaomi Black Shark 2はゲーミングスマホとして、画面を横に持った時に左右二か所で感知できる感圧式センサーを搭載した。

感知できるのは左右の二か所のみ。押し込んだ時にタップする位置はXiaomi Black Shark 2の専用アプリで設定可能。

これによってXiaomi Black Shark 2では、右の親指で照準を合わせてからの、右親指を押し込んで射撃までスムーズに操作できる。射撃ボタンを押す必要がないのが嬉しい。

標準、望遠のAIデュアルカメラ

Xiaomi Black Shark 2の背面デュアルカメラは標準レンズと望遠レンズの二枚構成。

AIアシストによってシーンを自動で判別して最適な明るさと色合いに調整してくれるほか、被写体との距離感によってレンズを使い分けることもできる。

Sponcerd


Redmi Note 6 Proの実機レビューでも書いてるんだけど、XiaomiのAIアシストはかなり控えめだけど、色合いのバランスは良く、ナチュラルに良い写真が撮れる。

【Redmi Note 6 Pro実機レビュー】1位への殺気と意地で出来たスマホ

今回以前から気になっていたRedmi Note 5 Proの新型であるRedmi Note 6 Proが発売されたから自分用に購入した。今回はまだ知名度の低いXiaomi製のスマホを丸裸にしたい。 本 ...

続きを見る

DSDS対応

Xiaomi Black Shark 2はnanoSIM2枚差しのDSDSに対応してる。というかXiaomiのスマホで対応してないスマホを知らない。

グローバル版の発売待ち

Xiaomi Black Shark 2は防水に対応していない以外に文句の付け所がない超ハイスペックスマホだ。

価格は6ギガメモリ/128ギガストレージモデルが55,000円から。色はブラックの他にシルバーが用意されている。

ゲーミングっぽいデザインから一般受けは難しいけど、ゲームに拘りたい人には最強の選択肢になる。

Xiaomi Black Shark 2はまだ発売されたばかりで中国版しか存在しない。中国版スマホは中国語と英語しか収録されていないほか、プレイストアやGoogleMapが使えないから使いにくい。中国語版とグローバル版の詳細な違いは下記記事で確認してほしい。

【技適マークや情報漏洩等】中国スマホ購入の注意点は5つ【いつ買うか】

Huaweiのスパイ疑惑やMi 9の圧倒的コスパなど、最近何かと中国スマホが話題だ。最近の中国製品の品質向上は目を見張るものがあって、ことスマホに関しては中国製が世界を牛耳りつつある。 そんな中国製ス ...

続きを見る

おとなしくグローバル版の発売を待ってから購入するのがおすすめだ。

 

日本版発売決定

Black Shark 2が初のXiaomiスマホとして日本市場に投入されることが決定した。日本版の仕様は12ギガメモリと256ギガストレージの超パワフルモデルだ。価格はしっかりと高い107,870円。現在先行予約販売を受け付けていて、先着3000名に15,000円相当の専用ボディケースとゲーミングコントローラーがプレゼントされる。

先行予約販売サイトはこちら

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 中国スマホの世界シェア 中国の家電業界 ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/4/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス ライフハック

2019/4/2

【月刊ガジェマガ4月号】独立して「ガジェマガの人」になりました

4月1日というと入学とか新社会人とかで慌ただしいんだけど、今年はそこに新元号の発表とかも加わるから世間が騒がしい。個人的にはこの機会に元号は廃止してもいいんじゃないかと思ってるけど、俺が考えることじゃないから恒例の月次報告に移りたい。 3月に反響のあった記事 まずは3月に反響があった記事のご紹介から。 iPhoneからAndroidに乗り換えて困ること【移行のデメリット】 通信と端末の完全分離が閣議決定したことで今年の夏は恐らくiPhoneからAndroidに乗り換える人が続出すると予想して書いた記事が伸 ...

ReadMore

パソコン・周辺機器 ライフハック

2019/4/4

ブラインドタッチで分間400打を超える方法【タイピング速度向上】

スマホの普及によってタイピングできない人が増え続けている。それは別にいいとは思うんだけど、会社に入社して初めて自分用のパソコンを支給されて、タイピングができなくて仕事が遅いという焦りを抱える新卒が多い。 今回はスマホの普及によってタイピングから取り残された人向けに、最速で分間400打を超える方法をレクチャーする。 社会人に求められるタイピング速度 そもそも論として、社会人に求められるタイピング速度はどのくらいなのか。 とりあえずそのレベルをクリアしているのであれば日常業務をこなすのに不便しないから、まずは ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.