ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

中国スマホ

【Huawei P Smart + 2019】3万円のトリプルレンズスマホ

トリプルレンズ搭載スマホといえばP20 ProとかMate 20 Proに始まって、最近ではGalaxy S10とかXiaomiのMi 9など、名だたるハイエンドスマホが軒を連ねているんだけど、P Smart + 2019の登場によってトリプルレンズはもっと身近になるかもしれない。

今回は3万円で購入できるトリプルレンズ搭載スマホ、Huawei P Smart + 2019を紹介する。

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

P Smart + 2019のスペック

まずはP Smart + 2019のスペックから。

ディスプレイ 6.21
解像度 2340 x 1080
CPU Kirin710
メモリ 3
ストレージ 64
バッテリー 3400
防水 ?
指紋認証
DSDS ?
重量 160
サイズ 73.4 x 155.2 x 7.95

CPU Kirin710/3ギガメモリ

P Smart + 2019は3万円という格安価格でありながらMate 20 liteやnova lite 3と同じミドルハイエンドCPUのKirin710を搭載している。

メモリ容量は3ギガと、最近のAndroidの主流よりも少ないけれど、CPUの性能が高いので、大量のアプリを起動しない限り動きに不便を感じることはない。

Antutuベンチマーク

参考に、P Smart + 2019と全く同じ構成のnova lite 3のAntutuベンチマークのスコアは128555点。

過去にガジェマガで計測したスマホと比較するとP Smart + 2019は2年前に発売されたハイエンドスマホであるMate9に迫る。スマホのスペックの進化はすさまじい。

  • Mate 20 Pro 276,214(Kirin980)
  • nova3 208,857(Kirin970)
  • P20 205,806(Kirin970)
  • Mate9 148,204(Kirin960)
  • P Smart + 2019 128,555(Kirin970)
  • Redmi Note 6 Pro 116,545(Snapdragon636)
  • iPad Air 2 108,431(A8X)
  • ALLDOCUBE Cube M8 103,727(Helio X27)
  • Lenovo S5 77,424(Snapdragon625)
  • UMIDIGI One 64,756 (Helio P23)
  • GalaxyNote3 65,352(Snapdragon800)
  • Moto G4 Plus 57,671(Snapdragon617)
  • P20 lite 53,072(Kirin670)

64ギガストレージ

P Smart + 2019に実装されるストレージは64ギガ。最近のスマホはストレージが大容量化する傾向なんだけど、P Smart + 2019も例に漏れずに大容量化している。

64ギガもストレージがあれば多くのユーザーがストレージ不足で悩まされることはない。

3400mAhバッテリー

P Smart + 2019のバッテリー容量は3400mAh。これは電力消費の少ないミドルハイエンドスマホとしては一般的で、ハードに利用しなければ一回の充電で2日程度利用できる。

Sponcerd


画面占有率89%のティアーノッチディスプレイ

最近ではもう当たり前になりつつあるけどP Smart + 2019は超狭額縁によって画面占有率89%を実現した。手のひら一杯にディスプレイが広がる感覚が気持ちいい。

P Smart + 2019のトリプルレンズの構成

冒頭でも紹介した通りP Smart + 2019の最大の特徴は3万円で変えるトリプルレンズ搭載スマホというところだ。

とはいえP Smart + 2019のトリプルレンズ構成は、Mate 20 ProやGalaxy S10とは違う。P Smart + 2019は2つの画角が異なるレンズと、一つの深度センサーを搭載している。実質的にはZenFoneシリーズのレンズ構成と同じ。

P Smart + 2019のレンズ構成は下記。

  • 2400万画素メインレンズ
  • 1600万画素の広角レンズ
  • 200万画素深度センサー

なにより最近流行りの広角レンズを採用しているのが嬉しい。

ちなみに、これを書いている俺のメインスマホは望遠、標準、広角レンズを搭載したMate 20 Proを使っているんだけど、望遠レンズの使いどころを探すのは難しいのに対して、広角レンズは使いやすい。

異なる画角ごとに撮影できる写真の違いは下記の記事で解説しているから参考にしてほしい。

【Mate 20 Proカメラレビュー】機能と感想と弱点 in バンコク

一眼レフカメラを持ち歩かないためにMate 20 Proを購入してもう3週間くらいが経った。今はプライベートでタイのバンコクに旅行に来ているんだけど、今回はバンコクで撮影した作例と一緒に、Mate 2 ...

続きを見る

P Smart + 2019は望遠レンズは無いものの、よく使うメインレンズと使いやすい超広角レンズの構成だから、スマホでの写真撮影が楽しくなること間違いなしだ。

Sponcerd


DSDS対応

P Smart + 2019はまだ情報が少ないから詳細はわからないんだけど、Huaweiの今までの流れを見る限り、おそらくDSDSに対応してくる。

というか3万円以下で発売されているnova lite 3が既にDSDSに対応しているから、P Smart + 2019もDSDSに対応する可能性が高い。

ツインアプリ対応

Huaweiスマホの嬉しいポイントはツインアプリに対応していることで、LINEやFacebookなどのSNSアプリを複製できる。

ツインアプリLINEを複製

これによって一つのスマホで2つのアカウントを使えるから、SNSアプリを仕事とプライベートで使い分けたい人に最適だ。

日本での発売に期待

まだ情報が少ないP Smart + 2019だけど、旧機のP Smart 2019が日本で発売されていないことを考えるとP Smart + 2019も恐らく発売は難しい。

というか既にHuawei製品としてはnovaやMate、Pやhonerブランドがひしめき合っている日本でP Smart + 2019を発売する隙間が無い。

今のところまだ海外通販サイトでも取り扱っているところがないから手に入れるのは至難ではあるんだけど、P Smart + 2019からは今後のHuaweiの廉価スマホの方向性が垣間見える。

まとめ ライフハック

2019/11/12

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ダイエット・健康・美容

2019/11/8

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.