ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

スマホ・タブレット まとめ

【2019年版】電子マネー・Felica対応SIMフリースマホおすすめランキング11

更新日:

日本独自規格の電子マネー、おサイフケータイは一度使い始めると手放せなくなる便利さがある。今でこそQRコード決済が普及し始めてはいるけど、ロックを解除する必要もなく、かざすだけで支払いが完了するスマホの電子マネーは快適そのもの。

キャリアから販売されているスマホのほとんどが電子マネーに対応しているのに対して、SIMフリースマホでの電子マネー対応スマホは意外に少ない。今回は電子マネーに対応しているSIMフリースマホをおすすめランキング形式で紹介したい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



11位 Arrows M04

ディスプレイ 5
解像度 1280x720
CPU Snapdragon 410
メモリ 2
ストレージ 16
バッテリー 2580
おサイフ
防水
テレビ ×
重量 148
サイズ 71x144x8

レビュー

5インチの小型スマホとしてよく話題に上る廉価版Arrowsシリーズ。常にハイスペックを追い求める本家Arrowsシリーズと違って、小型版はスペックが低い。特にSnapdragon410はギリギリ動く程度のスペックで今となってはつらい。

特徴は石鹸を使っての水洗いができることで、スマホ本体を常に清潔に保つことができる。

スペックが低いながら画面解像度が低いこともあって、SNSやブラウジングであれば使えないことはないけど、スマホの選択肢が多く値段も安くなっている今、敢えてArrows M04を選ぶ理由を探すのは難しい。

10位 Pixel 3 XL

ディスプレイ 6.3
解像度 2960x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 4
ストレージ 128
バッテリー 3400
防水 IPX8
指紋認証
重量 184
サイズ 76.7x158x7.9

レビュー

Google謹製のAndroid。おサイフケータイ付きの貴重なハイエンドスマホ。基本的な構成はPixel 3と同じ。

3年間のOSアップデート保証があったり、ROM焼きしやすかったりとかなり玄人向けの作りではあるものの、IP68防水や高画質カメラなど全体的なつくりは手堅い。

特にGoogleが力を入れたカメラはiPhone XRに迫る画質でレベルが高い。更にフロントカメラは標準レンズと広角レンズのデュアル仕様で、使い分けることでバリエーション豊富なセルフィ撮影ができる。

CPUに採用したSnapdragon845はAndroid最高クラスで、あらゆるスマホゲームを快適にプレイできる。純正Androidの軽さもあって動きはサクサク。

また、強く握ることでGoogleアシスタントを起動できる「Active Edge」のおかげで「オッケーグーグル」と呼ぶことなくスムーズに音声検索ができる。

独特なノッチの形状とスペックの割には高い本体価格が傷ではあるけど、刺さる人には刺さる尖ったスマホ。

SIMフリー版はGoogleストアで購入可能。

9位 iPhoneXS

ディスプレイ 5.8(有機EL)
解像度 2436x1125
CPU A12
メモリ 4
ストレージ 64/256/512
バッテリー -
防水 IP68
指紋認証 ×
重量 177
サイズ 70.9x143.6x7.7

レビュー

現存する最強のiPhoneで、ノッチを採用したiPhoneの二代目。

AndroidのSnapdragon855が登場したことでパワーバランスが変わりつつあるものの、2018年までの最強スペック。高すぎるスペックと軽いiOSによって動作はこれ以上ないレベルで快適。

背面に搭載したデュアルレンズの性能も高く、HuaweiやGalaxyのハイエンドマシンとトップ争いを続けている。iPhone7からおサイフと防水に対応したことで弱点が無くなりつつあって完成度は非常に高い。

iOSのシンプルな使いやすさもあって、おサイフ搭載の最も無難な選択肢。唯一12万円を超える価格が曲者だけど、ハズレはない。価格がネックであればこの後に紹介する廉価版のiPhone XRがおすすめ。

 8位 Pixel 3

ディスプレイ 5.5
解像度 2160x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 2915
防水 IPX8
指紋認証
重量 148

レビュー

Google謹製のAndroid。おサイフケータイ付きの貴重なハイエンドスマホ。基本的な構成はPixel 3 XLと同じ。

3年間のOSアップデート保証があったり、ROM焼きしやすかったりとかなり玄人向けの作りではあるものの、IP68防水や高画質カメラなど全体的なつくりは手堅い。

Pixel 3 XLとの違いはストレージが半分の64ギガになったこと、画面サイズが小さくなってノッチが無くなったことだ。重量148グラムは今のスマホとしてはかなり軽い。

Pixel 3 XLと同じく処理能力は最強クラスで、Snapdragon845であらゆる動作を快適にこなす。カメラの性能も高い。

更にこれもPixel 3 XLと同じく「Active Edge」に対応していて強く握るだけでGoogleアシスタントを呼び出せる。

少し大きめのベゼルは気になるけど、カメラが良くておサイフがついていて小型のハイエンドスマホという貴重な選択肢。ライバルはAQUOS R2 compact辺りになる。

SIMフリー版はGoogleストアで購入可能。

7位 AQUOS R compact SH-M06

ディスプレイ 4.9
解像度 2032x1080
CPU Snapdragon 660
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 2500
防水 IPX5/IPX8
指紋認証
重量 140
サイズ 66x132x9.6

レビュー

シャープが起死回生を遂げるきっかけになったコンパクトスマホ。ミドルハイエンドの中でもスペックが高いSnapdragon660と3ギガメモリで軽いゲームもサクサク動くスペックを確保した。最大の特徴は独自のノッチ形状で、画面占有率が高く、手のひら一杯に画面が広がるデザインが美しい。

更にシャープが強みとしている120Hz駆動のハイスピードIGZOによってスクロール中もくっきりと文字が見える。

スペックが高く画面解像度も高く画面が滑らかなので、今までのAQUOSと違って電池持ちは一日ではあるけれど、毎日充電する人であれば大丈夫。

おサイフケータイ、防水に対応した貴重な小型シムフリースマホ。地味にワンセグにも対応している。本体サイズはiPhone8よりも小さく、画面はiPhone8よりも大きい。

6位 iPhone XR

ディスプレイ 6.1インチ
解像度 1792x828
CPU A12
メモリ -
ストレージ 64
バッテリー -
防水 IP67
指紋認証 ×
重量 194
サイズ 75.7x150.9x8.3

レビュー

価格が上がりすぎたiPhoneXSの廉価版。ディスプレイを有機ELから液晶にして画面解像度を落としてカメラのランクを下げて防水規格を下げたことで価格を落とした。

ディスプレイは6.1インチとiPhoneXSより大きくなって、本体は若干分厚く、重くなった。実際手に持ってみてもずっしりと重くて、コンパクトさはない。

ディスプレイの解像度は1792x828と、6インチを上回るスマホとしては低いけど、調整が上手いのか気にならない。

なによりも処理能力が上位モデルのiPhoneXSと同じでiPhoneXSよりも3万円以上安い価格がうれしい。6s移行のiPhoneで搭載し続けている3Dタッチに非対応だからLINEの未読スルーができない点に注意。

5位 iPhone8

ディスプレイ 4.7
解像度 1334×750
CPU A11
メモリ -
ストレージ 64/128/256
バッテリー -
防水 IP67
指紋認証
重量 148
サイズ 67.3x138.4x7.3

レビュー

ノッチ嫌いから愛され続ける最後の指紋センサー搭載iPhone。iPhone7でおサイフと防水に対応して、iPhone8でさらに性能を高めた。

操作感は6以降のiPhoneと何も変わらない。キングオブ無難な選択肢。間違いない選択肢ではあるけど、CPUしか変わらないiPhone7より高く、XRより少しだけ安い微妙な立ち位置で、今となっては敢えてiPhone8を選ぶ理由を探すのが難しい。

4位 R15 Pro

ディスプレイ 6.28
解像度 2280x1080
CPU Snapdragon 660
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 3430
防水 IPX7
指紋認証
DSDS
重量 180
サイズ 75.2x156.5x8

レビュー

最近日本に参入したOPPOの上位ランクスマホ。DSDS(2番号)とおサイフに対応した唯一無二の選択肢。

CPUにミドルハイエンドの中でも上位に位置するSnapdragon660を搭載。6ギガメモリと容量が多い割にCPUの性能が低いのが気になるけど、ストレージも128ギガを確保していてスペックは十分。

OPPOはスマホの作りだけでなくカメラの画質にも定評があるメーカーでR15 ProもAI搭載のデュアルカメラで安定した写真を生み出す。

DSDS、おサイフ、カメラ、スペックと何から何まで手を出して手堅くまとめたオールラウンダー。

3位 AQUOS R2 compact

ディスプレイ 5.2
解像度 2280x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 2500
防水 IPX5/IPX8
指紋認証
DSDS ×
重量 135
サイズ 64x131x9.3

レビュー

発売が心待ちにされていたAQUOS R compactの新型。コンパクトでありながら最強CPUのSnapdragon845を搭載したシャープの本気スマホ。

Snapdragon845は現段階の最強CPUなので、どんなゲームも快適にプレイできるし4ギガメモリも十分で、文句なしのハイエンドスマホ。

R2 compactは小型でありながら画面を大きくするためにカメラと指紋センサーの上下ノッチを搭載して、画面の大きさを最大化した。

これによって先代のR compactと比較して0.3インチ画面サイズが大きくなった。

ただし、バッテリー容量がAQUOS R compactと変わらない2500mAhなので、毎日の充電は必須になる。iPhon8より小さい本体サイズでiPhone8よりも0.5インチも画面が大きい。

IPX8防水、おサイフケータイに対応する。ワンセグ、フルセグには対応しない。

今回はカメラ画質のアピールも気合を入れている。

中国に買収されてから伸び続けるシャープの本気スマホから目が離せない。スペックが落ちてもいいからバッテリーを重視したい人は先代のAQUOS R compactを選択しよう。この2機種のスペック差は大きいからR2 compactの購入がおすすめだ。

U12 +

ディスプレイ 6
解像度 2880x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 3500
防水 IP68
指紋認証
重量 188
サイズ 73.9x156.6x9.7

レビュー

スマホ事業から撤退しつつあるHTCの最後になるかもしれない渾身のハイエンドスマホ。HTCといえばDesireのころから完成度の高いAndroidを販売し続けてきたけど、一度も花開くことはなかった。

U12 +に関しても高い完成度は健在で、Snapdragon845、6ギガメモリ、128ギガストレージとスペックは圧倒的。バッテリー容量も多く防水も最高ランク。

旧機のU11はHuaweiのMate 9を上回るカメラ画質で一時期話題になっていて、その高画質カメラはU12でも健在。唯一価格が高い以外は文句の付け所が無い。

ハイエンド、防水、高画質カメラと充実した機能で手ごろな価格と、存在感が無いながらコスパの高いスマホ。

2位 AQUOS sense plus SH-M07

ディスプレイ 5.5
解像度 2160x1080
CPU  Snapdragon 630
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 3100
防水 IPX8
指紋認証
DSDS ×
重量 157
サイズ 71x151x8.9

レビュー

スペックをそこそこに手ごろな値段に抑えてきたAQUOSのオールラウンダー。AQUOSでおなじみのIPX8の防水に対応して、画面を5.5インチまで大きく、バッテリーも大きくして、スペックもミドルハイエンドCPUを搭載した。

CPUのSnapdragon630はZenFone5Qでも採用されているミドルハイエンドCPUで、荒野行動やPUBGもプレイできるくらいの性能がありながらバッテリーも持つ。

157グラムとコンパクトさには欠けるものの、手ごろな価格で十分な性能でありながら防水にもおサイフケータイにも対応した貴重なシムフリースマホ。

Sponcerd


1位 iPhone7

ディスプレイ 4.7
解像度 1334×750
CPU A10
メモリ -
ストレージ 32,128,256
バッテリー -
防水 IP67
指紋認証
DSDS ×
重量 138
サイズ 67.1x138.3x7.1

レビュー

余りにも数が多く出回りすぎて今更感が強いけど、今のiPhone7は最高にコスパが高い選択肢になった。特筆すべきはその重量でiPhone7はたったの138グラムと死ぬほど軽い。

iPhoneシリーズはスマホ市場を作りあげただけのことはある品質で、細部に至るまで妥協が無い。ハード面ではボディの質感からスピーカーの音質、バッテリー持ちに至るまで文句のつけようが無い仕上がりだ。

カメラの画質は最近競争が激化していることで今の最新スマホと比べると劣るけど、それでも十分普通に使える。

iPhone7からFelica(おサイフ)とIP67水に対応し、イヤホンジャックが廃止された。まだまだ十分性能も高い。しかも新品が5万円で購入できる。おサイフ付きのスマホとして最高に無難。絶対に間違いのない選択肢。

番外編 AQUOS zero(SH-M10)

ディスプレイ 6.2
解像度 2992x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 3130
防水 IP68
指紋認証
おサイフ
DSDS ×
重量 146
サイズ 73×154×8.8

レビュー

シャープがSIMフリー市場に殴り込みをかける本気スマホ。最大の特徴はiPhone8の148グラムをも下回る圧倒的な軽さ。6.2インチディスプレイなのに146グラムは軽すぎる。

スペックはSnapdragon845と6ギガメモリで完全にハイエンドスマホでゲームもサクサク。更に初の国産有機ELディスプレイを搭載していたり、IP68防水、ドルビーアトモスデュアルスピーカーの搭載など、作りは細部まで妥協が無い。

唯一カメラ機能がMate 20 Proなどのハイエンドスマホと比較して弱いのが欠点ではあるけど、カメラに拘らない人、軽さに拘りたい人におすすめの大画面ハイエンドスマホ。

現在OCNモバイルONEで販売記念セールを行っていて、価格ドットコムよりも3万円も安く購入できる。OCNモバイルONEは最低契約期間も6か月と短いから、機種変更を検討している人は同時に乗り換えればかなり安く購入できる。乗り換えできなくても本体のためだけに新規でOCNモバイルを契約した方が安い。詳細は下記。

4月26日まで
AQUOS zeroが3万円値下がり【OCNモバイル販売記念特価】

シャープがSIMフリースマホ業界に殴り込みをかけた本気スマホAQUOS zero(SH-M10)がまたまたOCNモバイルONEで採算度外視セールを行っていたから紹介したい。 OCNモバイルONEは以前 ...

続きを見る

NFCで電子マネーに無理やり対応させる方法

こんなランキングを作りながら俺はスマホ選択の幅を広げるために脱電子マネー済み。代わりにほぼ全てのスマホに搭載されているNFCを使うことで疑似電子マネーかして利用している。詳細なやり方は下記。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフケータイ化する方法

SIMフリースマホを買いたいけど、おサイフ機能が無いのがネックで移行できない人に朗報です。 SIMフリースマホでおサイフ機能を使う、そんな夢が叶った。だからその叶え方をみんなに教えたい。 SIMフリー ...

続きを見る

格安SIMセットスマホランキング

最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

まとめ
【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマ ...

DSDSスマホランキング

SIMを2枚挿し出来るDSDSスマホをまとめた。ビジネスとプライベートを分けるのに最適でおすすめだ。

DSDS
【2019年版】DSDS対応スマホおすすめランキングベスト14

日本でDSDS機能が使える端末を一覧化してランキング形式で紹介する。基準はコスパだ。DSDSスマホを使えば2つのSIMカードが使えるから、キャリアのかけ放題と格安SIMのデータ通信専用プランを併用する ...

続きを見る

大画面スマホランキング

スマホに大きさを求める人向けに大きいスマホをまとめた。

大画面
【2019年版】大画面スマホ・ファブレットおすすめランキングベスト30!

大画面スマホに限定したランキングを作成した。今回も重視したのは性能に対するコストパフォーマンスだ。画面の大きさは5.5インチ以上、7インチ未満を基準にした。大画面スマホは上位モデルのスマホとして発売さ ...

続きを見る

コンパクト
【2019年版】小さい・小型スマホおすすめランキング13!コンパクト!

今や世の中は大画面スマホに埋め尽くされている。 最新端末はそのほとんどが大画面化、ベゼルレス化が進んでいて、小型端末は絶滅寸前だが、まだまだ女性など一部のユーザーから根強い人気がある。今回は白ロムだけ ...

続きを見る

中国スマホランキング

日本未発売の中国のスマホのコスパがとにかくやばい。分かりやすくランキング形式でまとめた。

まとめ
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 中国スマホの世界シェア 中国の家電業界 ...

続きを見る

最強カメラスマホランキング

もうスマホの性能は良いからとにかくカメラに拘りたいという人にはこちらのまとめがおすすめ。

まとめ
【2019年版】最強カメラスマホおすすめランキング18!

最強カメラスマホであるP20 Proが短期的な売り上げでiPhoneXを抜いたように、成熟しきった現在のスマホ市場で次にユーザーが求めるのは、どれだけ美しい写真が撮れるかだ。 高画質スマホの最大のメリ ...

中古スマホランキング

中古でもいいから使えるスマホを安く買いたい人向けにアマゾンで購入できる中古スマホのおすすめをまとめた。

白ロム
【2019年版】おすすめ白ロム・中古スマホ機種ランキングベスト13

※本記事は2018年6月11日に更新しました。 正直なところ最近は格安スマホもスペックで「おっ」と思うものが出てきている感は否めないが、キャリアスマホのメリットは、キャリアが命運をかけたスペックの高さ ...

続きを見る

格安SIMの選び方

どこの回線を契約するか迷っている人向けに格安SIMの選び方をまとめた。

まとめ
【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマ ...

iPhoneとAndroidの違いまとめ

iPhoneからAndroidに乗り換えて便利になること【移行のメリット】

通信と端末の完全分離によって2019年夏ごろからスマホ端末代が浮き彫りになるから、恐らく本体価格が高いiPhoneからAndroidへの移行が進む。 ということで前回iPhoneからAndroidに移 ...

続きを見る

iPhoneからAndroidに乗り換えて困ること【移行のデメリット】

通信と端末の完全分離が閣議決定したことで2019年の夏にもスマホの完全分離販売が始まる。これに伴ってキャリアが推したいスマホの本体代を通信料に含められなくなるから、本体価格が高いiPhoneの値段が浮 ...

続きを見る

スマホのスペックの見方

スマホのスペックの知識が不安な人はスペック表の見かたを全て解説しているので確認して欲しい。

CPUの性能の違いなどスマホのスペックの見方を全て解説

Snapdragonとか画素数とかメモリとか画面の大きさとか、スマホを買うときにそもそもどこをどう見たらいいのかわからないという人のために、すべてのスペック項目の意味と、最低限必要なスペックなどの見方 ...

今後のおサイフ対応は期待できない

QRコード決済が日本でも本格的に普及し始めた関係から、SIMフリースマホのおサイフケータイ対応の優先順位はさらに低くなる。今後もSIMフリー携帯のおサイフケータイ対応は期待できないのが正直なところ。

まとめ ライフハック

2019/4/25

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/4/25

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/6/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【口コミ・評判】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.