ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン

スマホ・タブレット 中国スマホ

【ALLDOCUBE Cube M8レビュー】17,000円の全部入り8インチ

更新日:

iPadは高い。スマホは画面が小さい。Amazon Kindle FireタブレットはOSが独特で使いにくい。タブレットを購入するのであれば車でナビとして使いたいし、SIMカードも挿したい。あと値段は安い方が良い。そんなわがままが全て叶うタブレットがあった。

今回geekbuyingから話題の多機能激安タブレット「ALLDOCUBE Cube M8」を提供してもらったのでレビューする。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



ALLDOCUBE Cube M8の特徴

最初にざっくりとALLDOCUBE Cube M8の特徴をまとめる。ALLDOCUBE Cube M8は決して品質が高いタブレットではない。その代わりになんでもできる。

18,000円という安すぎる値段でGPS搭載でDSDSにも対応していて電話までできてしまうオールラウンダータブレットだ。

良い所

  • 17,000円の激安価格
  • 後ろポケットに入る縦長8インチディスプレイ
  • パソコン版表示でブラウジングが快適
  • Antutuベンチマーク10万点(iPad Air 2相当)
  • SIM対応(DSDS対応)
  • GPS搭載
  • MicroSD対応

悪い所

  • スピーカーの音質
  • カメラの画質
  • ボディの質感

反面ボディ、カメラ、スピーカーは値段なりではあるけど何でもできるタブレット入門機として購入すれば、最悪でもカーナビとして活かせる。

ALLDOCUBE Cube M8日本語対応

当たり前だけどグローバル版は日本語表示に対応している。メニューも全て日本語で使えるから安心してほしい。

ALLDOCUBE Cube M8のスペック

ディスプレイ 8インチIPS
解像度 1920x1200
CPU Helio X27
メモリ 3
ストレージ 32
バッテリー 5500
防水 ×
指紋認証 ×
重量 345
サイズ 122.9x215x8.48

CPU Helio X27 3ギガメモリ

聞きなれないCPUのHelioシリーズは最近中国製の激安スマホ、タブレットに搭載されることで着実に力をつけているCPUで、その処理能力は馬鹿にできない。

Antutuベンチマーク結果

実際にAntutuベンチマークで計測した結果は103727点だった。

過去にガジェマガで計測したベンチマークの一覧がこちら。

  • nova3 208,857(Kirin970)
  • P20 205,806(Kirin970)
  • Mate9 148,204(Kirin960)
  • Redmi Note 6 Pro 116,545(Snapdragon636)
  • iPad Air 2 108,431(A8X)
  • ALLDOCUBE Cube M8 103,727(Helio X27)
  • Lenovo S5 77,424(Snapdragon625)
  • UMIDIGI One 64,756 (Helio P23)
  • GalaxyNote3 65,352(Snapdragon800)
  • Moto G4 Plus 57,671(Snapdragon617)
  • P20 lite 53,072(Kirin670)

ALLDOCUBE Cube M8はiPad Air 2とほぼ同じスペックで、クラスとしてはミドルハイエンドの中でも低めのレベル。

荒野行動では最高設定は選択できないもののバランスを選択してのゲームプレイができた。

5500mAhバッテリー 実使用4時間47分

タブレットはスマホと違って一日持ち歩くものでもないからそれほどバッテリーに拘る意味はないんだけど、PCMark for Android Benchmarkを使った計測結果は100%から20%になるまで4時間47分。

家の中で使うのであればこれぐらい使えれば十分。

32ギガストレージ

ALLDOCUBE Cube M8のストレージは32ギガ。最近のストレージの大容量化を考えると少し少ない。

とは言えALLDOCUBE Cube M8はmicroSDカードに対応していて、容量の拡張ができる。

各種カードスロットは背面の上部を開くと挿入できる。場所が意外過ぎた。

Sponcerd


ALLDOCUBE Cube M8の外観

ALLDOCUBE Cube M8の外観は格安タブレットとして極めて標準的。金属ボディではないけど、プラスチックボディだからしなやかで衝撃に強くて軽い。

底面にスピーカーがついている。音質は酷いからBluetoothイヤホンなどの利用がおすすめ。

上面には充電用のmicroUSBとイヤホンジャック。

左側面は何もなし。

右側面に電源ボタンと音量ボタンがついている。

8インチタブレットではあるけど縦長タイプだから片手でも操作しやすいし、ジーパンの後ろポケットに入る。

表面にはフロントカメラがついている。液晶保護フィルムが最初から貼ってあるのはありがたい。

カメラは存在しないと思え

ALLDOCUBE Cube M8のカメラを起動すると10年前にタイムスリップした気分になる。

まずピントが合わない。発色とか解像感とかそういうレベルじゃない。

実際はもっと鮮やかなんだけど、ALLDOCUBE Cube M8のカメラを使うと世界が色を失う。

明るさのバランスも無茶苦茶だった。

夜は完全にピントが合わない。

カメラは飾りだった。存在しなかったことにしよう。

Sponcerd


パソコン版表示でのブラウジングが可能

俺が考えるタブレットのメリットは二つ。

パソコン版表示でブラウジングできる

最大のメリットがこれ。7インチを超えるとパソコン表示になってパソコンと同じ感覚でブラウジングできるから情報量が多くて読みやすい。しかも画面が縦に長いからスクロール量も少なくて済む

ALLDOCUBE Cube M8のIPS液晶は十分見れるレベルだからブラウジングでの情報収集には最適だ。

動画鑑賞はイヤホン推奨

動画に関しては大が小を兼ねる世界だから、8インチの大画面は明らかにスマホよりも動画を楽しみやすい。ただしスピーカーの音質は悪い。ヘッドホンやBluetoothイヤホンを使うのがおすすめだ。

後ろポケットに入るサイズ感

ALLDOCUBE Cube M8は345グラムという軽さもあって片手でも比較的操作しやすい。更に縦長だからジーパンの後ろポケットにも入るコンパクトサイズでありながら

スマホと比べると圧倒的に大きい。(比較対象は5.8インチのP20)

ALLDOCUBE Cube M8はDSDS対応

ALLDOCUBE Cube M8はSIMカードに対応しているだけじゃなくて、DSDSにも対応しているし、電話だってできる。

機能的にはタブレットの皮をかぶった巨大スマホだ。

ALLDOCUBE Cube M8はGPS搭載

更にGPSだって搭載しているからグーグルマップでのナビゲーションも余裕でこなせる。新しいタブレットを購入しても最悪車のカーナビとして生きる道があるのはうれしい。

対応バンド

ALLDOCUBE Cube M8の対応バンド

  • WCDMA: 1/2/5/8
  • FDD-LTE: B1/2/3/5/7/8/20
  • TDD-LTE: B40

ドコモ 〇

LTEには弱いけど3Gには強い。3Gでも十分早いので十分実用レベルだ。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドにはほぼ完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile △

3Gの周波数には対応しているけど、auの通信規格は特殊なので何とも言えない。

ALLDOCUBE Cube M8はこんな人におすすめ

1つ1つの品質は高くないけど、なんだってこなせる超オールラウンダー。ボディ、スピーカー、カメラは良くない。それでもGPSを搭載してSIM対応して8インチで見やすくて持ち運びやすい。何ならメインスマホをこれ一台に置き換えてもやっていける器用貧乏タブレットだった。

とはいえさすがにメインスマホとして使うのは不安だけど、既にスマホを持っている人がタブレットに手を出すときの候補として覚えておきたいタブレットだ。

購入はこちら

geekbuying ⇒ ALLDOCUBE Cube M8

geekbuyingでの購入方法はこちらを参照。

geekbuyingのアカウント作成から商品購入まで実際に買いながら解説

中国製品の購入といえばGEARBESTが有名だけど、それと双璧を成す有名中国通販サイトが「GeekBuying」だ。 日本ではまだまだ知名度が低い中国スマホやタブレットは、日本のAmazonでも購入で ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/9/11

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/9/11

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2019/5/18

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.