ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【隔日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【Redmi Note 7】4800万画素カメラとスナドラ660でインドを攻める

Xiaomiがインドをメインに展開している廉価スマホブランドのRedmiから新型のRedmi Note 7が出たから紹介したい。

何を隠そう俺は今現在先代のRedmi Note 6 Proをサブ機として利用していて、2万円台で購入できるとは思えないハイスペックスマホに感銘を受けている。7にも期待せずにはいられない。




 

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

この記事の目次(クリックでジャンプ)

Redmi Note 7は最安16,000円

RedmiシリーズはXiaomiが廉価シリーズとして展開しているだけあってとにかく値段が安い。日本だと6万円クラスのAQUOS R compactとほぼ同じ性能のスマホが2万円前後で手に入る。

俺が先代のRedmi Note 6 Proを購入したのもコスパが高すぎるスマホの実力を知りたかったからだ。先代のレビューは下記記事を参照。

【Redmi Note 6 Pro実機レビュー】1位への殺気と意地で出来たスマホ

今回以前から気になっていたRedmi Note 5 Proの新型であるRedmi Note 6 Proが発売されたから自分用に購入した。今回はまだ知名度の低いXiaomi製のスマホを丸裸にしたい。 本 ...

続きを見る

Redmi Note 7のスペック

まずはRedmi Note 7のスペックを先代のRedmi Note 6 Proと比較する。

Redmi Note 7 Redmi Note 6 Pro
ディスプレイ 6.3 6.26
解像度 2340x1080 2280x1080
CPU Snapdragon 660 Snapdragon 636
メモリ 3/4/6 3/4/6
ストレージ 32/64 32/64
バッテリー 4000 4000
防水 × ×
指紋認証
重量 186 160
サイズ 75.2 x 159.2 x 8.1 76.4x157.9x8.2

スペックはCPUがSnapdragon636からSnapdragon660に変わったことによって大幅にパワーアップしている。

さらにノッチが小さくなったことによって画面解像度が少しだけ高くなった。

ボディは先代と違って背面も全て金属製になったことで重量が20グラム増えた。

メモリ3/4/6

メモリはモデルによって容量を選択できる。3ギガだと最近のアプリの重さを考えると少なすぎるけど、6ギガはCPUスペックが足を引っ張って役に立たないと思うから、無難に4ギガメモリモデルがおすすめだ。

4000mAhバッテリー

俺が今サブ機として使っているRedmi Note 6 Proとバッテリー容量は全く同じ。Redmi Note 6 Proが二日間普通に使えることを思うと、Redmi Note 7も安心して二日間使えそうだ。

Sponcerd


Redmi Note 7は4800万画素カメラを搭載

今回のRedmiの背面カメラは4800万画素だ。

最近のXiaomiは最大のライバルであるHuaweiに対抗してカメラ画質に力を入れていて、画素数もHuaweiを追従してきた。

とはいえカメラは画素数で語るのは難しくて、実際に撮影してみないと何とも言えないんだけど、先代のRedmi Note 6 Proでもそこそこのカメラ画質だったから、それを上回るのであれば期待できる。

参考に先代のカメラ画質を載せておく。

Xiaomi Redmi Note 6 Pro 夜景

レビュー記事ではカメラ画質の比較検証も行っている。

【Redmi Note 6 Pro実機レビュー】1位への殺気と意地で出来たスマホ

今回以前から気になっていたRedmi Note 5 Proの新型であるRedmi Note 6 Proが発売されたから自分用に購入した。今回はまだ知名度の低いXiaomi製のスマホを丸裸にしたい。 本 ...

続きを見る

Redmi Note 7は生活防水対応

Redmi Note 7はIP規格の防水には対応していないものの、Xiaomi上位機種と同じ防水処理が施されている。

確かなことは言えないまでも、誤って浸水してしまった場合などは救われそうだ。

Redmi Note 7はデュアルアプリ対応

Xiaomiのスマホはどれも同じなんだけど、SNSアプリを複製するデュアルアプリ機能に対応している。

DSDSが一般的になってきたことでSNSアカウントもビジネスとプライベートを使い分けたい人に最適の機能だ。

Sponcerd


Redmi Note 7はDSDSにも対応

Xiaomiのスマホではおなじみだけど、Redmi Note 7は当然DSDSにも対応している。

対応バンド

ドコモ 〇

LTEには弱いけど3Gには強い。3Gでも十分早いので十分実用レベルだ。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドにはほぼ完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile △

3Gの周波数には対応しているけど、auの通信規格は特殊なので何とも言えない。

Redmi Note 7の特徴まとめ

Redmi Note 7の良い所は下記だ。

  • スペックからは考えられない2万円という爆安価格
  • Snapdragon660の高い処理能力
  • 4000mAhの2日持ちバッテリー
  • 期待の4800万画素カメラ
  • DSDS対応
  • デュアル(ツイン)アプリ対応

2万円前半で購入できるスマホにしては性能が良すぎる。

発売したばかりなのでまだGEARBESTでは値段が高いけど、geekbuyingだと3万円程度で購入できる。今後さらに価格が落ち着いてこれば2万円前半で購入できるようになるはずだから注目しておきたい。

先代のレビューは下記記事を参照。

【Redmi Note 6 Pro実機レビュー】1位への殺気と意地で出来たスマホ

今回以前から気になっていたRedmi Note 5 Proの新型であるRedmi Note 6 Proが発売されたから自分用に購入した。今回はまだ知名度の低いXiaomi製のスマホを丸裸にしたい。 本 ...

続きを見る

geekbuying ⇒ Redmi Note 7

GEARBEST ⇒ Redmi Note 7

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 中国スマホの世界シェア 中国の家電業界 ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/9/30

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/10/20

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.