スマホ・タブレット 中国スマホ

【Honor Note 10】6.95インチ水冷搭載ハイエンドスマホ

更新日:

スマホとタブレットを一つにしたいというガジェット好きの夢を実現する手段としてXiaomiのMi Max 3を紹介しているけど、実はHuaweiからも大画面モデルが発売されている。

それがHonor Note 10だ。Mi Max 3の6.9インチでテンションが上がってたんだけど、Honor Note 10は6.95インチでMi Max 3を上回ってきた。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




Honor Note 10

HuaweiのHonorシリーズは日本ではあまり馴染みがないんだけど、日本でもP20Proやnova3で存在感を表しているHuaweiの別ブランドだ。

Honor Note 10

Xiaomiの6.9インチMi Max 3が3万円台で購入できるミドルハイエンドスマホなのに対して、HuaweiのHonor Note 10はハイエンドモデルとして発売された。

7インチからはタブレット

スマホは7インチからはシステム的にタブレットとして扱われるという話はMi Max 3の紹介時にもしたんだけど、Honor Note 10は6.95インチでMi Max 3よりも更にスマホの限界に挑んだ。

しかもこの巨大画面は美しい有機ELパネルだ。

有機ELパネルは黒を光を発しないことで表現するのが特徴で、高いコントラスト差によって感動画質を生み出す。

ライバルはMi Max 3

Honor Note 10のライバルはMi Max 3だ。左がHonor・右がMi Max 3。

Honor Note 10

6.95インチと6.9インチなので、大画面を求める人はこの2機種で悩むことになるけど、性能と値段が全く違うので明確に棲み分けはできている。

求めるスペックで選ぼう。

ちなみにMi Max 3とiPhone Xを比較するとこうなる。Honor Note 10はこれよりも更に0.5インチ大きいから驚異的だ。

スペック

ミドルハイエンドスマホのMi Max 3とハイエンドスマホのHonor Note 10を比較する。

Honor Note 10 Mi Max 3
ディスプレイ 6.95(有機EL) 6.9
解像度 2280x1080 2160x1080
CPU Kirin 970 Snapdragon 636
メモリ 6/8 4/6
ストレージ 64/128
バッテリー 5000 5500
防水 × ×
指紋認証
重量 239 221
サイズ 85x177x7.65  87.4x176.2x8

日本語対応

HuaweiのHonor Note 10のOSはAndroidベースの EMUI 8.2なので正式に日本語に対応している。LINEやFacebookのツインアプリ機能にも対応しているのがうれしい。

Sponcerd


Kirin 970

KirinシリーズはHuaweiが自社開発するCPUで、その中でも970は現在の最高ランクの処理能力を誇る。

PUBGや荒野行動などの3Dゲームも最高設定で余裕でプレイできる高い性能がうれしい。

水冷対応

XiaomiのPoco F1に続いてHonor Note 10も水冷にも対応した。

ハイエンドCPUは高い処理能力から熱を持ちやすく、熱を持つことによって処理能力が低下してしまうんだけど、水冷システムによって効率よく冷却することで長時間高性能を保つことができる。

Honor Note 10 水冷

ゲーミングPCの冷却技術がスマホにも当たり前に搭載されるようになってきた。

メモリ最低6/8ギガ

メモリは6/8ギガから選べる。既に6ギガでも多すぎるくらいだけど、Honor Note 10がゲーミングスマホである性質から、より快適にゲームをプレイしたい人は8ギガモデルを選ぼう。

ただし、通常の利用方法では違いを体感できない。

5000mAhバッテリー

大画面スマホほどバッテリー持ちがいいのは周知の事実だと思うけど、その理由は余剰スペースをバッテリー容量に充てることができるからだ。

Honor Note 10も例外ではなくて、5000mAhの大容量バッテリーを搭載したことで余裕の2日持ちを実現する。

ただしこの点は5500mAhのMi Max 3に軍配が上がる。Mi Max 3はハイエンドスマホよりワンランク低いミドルハイエンドスマホなので、バッテリーの消耗も少なく、17時間の動画連続再生を実現した。

Mi Max 3は通常利用なら3日は使えるけど、Honor Note 10も2日は余裕だろう。

スペック類似機種

CPUとメモリだけに着目したスペック類似機種としては、HuaweiのP20 Proが有名だ。こちらは日本で購入すると10万円もするスマホなんだけど、Honer Note 10は6万円ほどで購入できてしまう。

AIデュアルカメラ

Honor Note 10はHuawei社の強みである高画質カメラを搭載している。

もちろんAIアシストにも対応してて、背面のデュアルレンズはカラーレンズとモノクロレンズで同時に撮影した二枚を合成して高画質写真を生み出す。

Honor Note 10背面

フロントカメラもAIアシストに対応している。

Honor Note 10フロントカメラ

その他

ドルビーアトモス対応

Huaweiのハイエンドモデルはその多くがドルビーアトモスシステムに対応している。俺がメインマシンとして利用しているP20にも対応しているんだけど、ドルビーアトモスシステムはスマホとは思えないような感動的な音質を提供してくれる。

百聞は一見に如かずではないけど、是非一聴してほしい音質だ。

Honor Note 10デュアルスピーカー

この大画面でこの音質なら動画再生用デバイスとしても最高の相棒になる。

DSDS対応

もう中国スマホと言えば当たり前になりつつあるんだけどHonor Note 10ももちろんDSDSに対応している。

2番号での運用ができるし、ツインアプリ機能でLINEとフェイスブックアプリを複製できるからスマホとタブレットをまとめつつ、プライベートとビジネスを分けたい人にぴったりのスマホだ。

イヤホンジャックなし

防水は無いけどイヤホンジャックもない。付属の接続コードを使えばType-Cから変換して使うことはできるけど、有線はめんどくさいからBluetooth対応ヘッドホンを買ってしまおう。

対応バンド

ドコモ 〇

山間部や郊外は少し弱いものの都市部では快適に利用可能。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドにはほぼ完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile △

3Gの周波数には対応しているけど、auの通信規格は特殊なので何とも言えない。

購入はこちら

タブレットとスマホを一台にまとめつつDSDSもハイスペックゲームもできて音質まで良い最強のデバイスがHonor Note 10だ。

GEARBESTでの購入方法は下の記事を見てほしい。

GEARBEST ⇒ Honor Note 10

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあることと、製品不良があった場合の返品の手間を考えると、GEARBESTを使うこと ...

続きを見る

中国スマホはコスパ高すぎ

日本未発売の中国スマホをわかりやすくまとめました。魅力的なスマホばかりなので是非チェックしてください。

ランキング
【2018年版】中国スマホおすすめランキングベスト11!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 本日もガジェマガ(@Gadgetkae ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2018/11/13

【2018年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

ダイエット

2018/11/11

【タンパク質86%】マイプロテインTheホエイおすすめランキング

俺の普段の食事は50%がプロテインで、このおかげもあって一日の食費が1000円以下に収まっている。 普段はマイプロテイン製のタンパク質含有率80%のインパクトホエイプロテインを愛飲しているんだけど、更に上位グレードのタンパク質含有率86%のTheホエイというものがある。 毎日何杯も飲むプロテインで重要なのは飲みやすさと味だから、今回は6種類あるTheホエイを飲み比べて比較する。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 プロテイン基礎知識 プロテインというと筋トレっ ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2018/11/17

【MatebookXProレビュー】Macの外観でサーフェスのスペック

2018年の6月に発売されたばかりのMatebook X Proを購入したので、ライバル機であるMacbookやSurfaceと比較しながらレビューする。 Matebook X Proの最大の魅力は3:2比率で画面占有率91%の3Kディスプレイだから、そこを中心にボディの質感からスペックまで網羅した。 今薄型ノートパソコンウルトラブックの購入、買い替えを検討している人は参考にしてほしい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 Huawei Matebook X ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/11/18

【ZenFone5Zが5万円】GEARBESTでスマホを安く買う

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

【iPhoneとAndroidの違いと比較】選ぶポイントまとめ

スマホ・タブレット

2018/11/9

【iPhoneとAndroidの違いと比較】選ぶポイントまとめ

これからスマホを買う人、次のスマホへの買い替えを検討している人向けに、AndroidとiPhoneの違いとそれぞれの優れている点を比較解説する。 また、なぜ俺がiPhoneからAndroidに買い替えたのかを解説したい。 迷っている人はとりあえずこの記事を読めば違いがすべて把握できる。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 iPhoneもAndroidもできることはほぼ一緒 当たり前だけど主に出来ることはほとんど一緒だから、iPhoneとAndroidの違いはト ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2018/11/18

【保存版】MVNO11社の格安シムの違いとデメリット、取り扱いスマホを比較

格安SIMとり扱う会社(MVNO)が増えすぎてもはや意味不明だ。既に格安SIMの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質尾ほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 MVNOの格安SIMを検討している人やそれと一緒に買えるお得なスマホを探している人はこの記事一つですべてわかるように作った。 本日もガジェマガ(@Gadgetka ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.