ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【Poco F1】水冷搭載!最高性能で最安のゲーミングスマホ誕生

更新日:

Androidスマホを牽引する最高ランクのCPUといえばSnapdragon845であることは周知の事実だと思うけど、とんでもないスマホが最安値を更新したから興奮を伝えたい。

そもそもSnapdragon845搭載スマホと言えばGalaxyS9やXperiaXZ3など、最低でも8万円以上払わないと手に入らない、というのは昔の話で、中国OPPOと中国Xiaomiが熾烈な価格競争を繰り広げたことで、Xiaomi Mi Mix 2Sが46,000円で購入できるところまで来た。

しかし今回はそれを上回る。立役者はまたもやXiaomiだ。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



Xiaomi Poco F1

日本進出待ったなしとなりつつあるXiaomiがまたもや超格安ハイエンドスマホを発売した。その名もPoco F1。名前がかわいい。

Xiaomi Poco F1

このスマホの実売価格はなんと44,000円だ。日本に上陸したら日本スマホは死滅する。

安さの秘密

ハイエンドスマホでありながら業界最安価格という矛盾をXiaomiは見事な機能の取り捨て選択によって実現した。

防水非対応

Poco F1は今時のスマホとしては珍しく防水に対応していない。

水場での取り扱いには気を付けたい。

プラスチックボディ

Poco F1はボディをプラスチックにすることで低価格化を図った。

Xiaomi Poco F1

16,000円の業界最安スマホUMIDIGI Oneですらメタルボディを搭載しているこのご時世に思い切った選択だ。

とはいえスマホなんてどうせケースに入れて使うんだからボディの質感なんてどうでもいいっちゃどうでもいい。

IPS液晶

Xiaomi Poco F1

XiaomiとOPPOが熾烈な価格競争を繰り広げながらも共通の仕様としていた有機ELパネルを敢えて外して、従来方式のIPS液晶を搭載した。

確かに有機ELは美しいけど、あれば嬉しい程度で、IPS液晶も十分きれいだ。

水冷搭載

Poco F1は安いだけじゃない。Snapdragon845を効率良く冷却するために水冷システムを搭載している。これはパソコンか?

Xiaomi Poco F1水冷

CPUは熱を持つことによって処理能力が低下するんだけど、水冷方式で効率よく冷やすことで長時間高性能を維持できる。まさに最新の3Dゲームに特化したゲーミングスマホだ。

スペック

Xiaomi Poco F1には6ギガメモリのモデルと8ギガメモリのモデルがある。また、ストレージも64/128/256から選べる。

ディスプレイ 6.18
解像度 2246x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 6/8
ストレージ 64/128/256
バッテリー 4000
防水 ×
指紋認証
重量 182
サイズ 75.2x155.5x8.8

日本語対応

XiaomiのMi Mix 2SのOSはAndroidベースのMIUI 9なので正式に日本語に対応している。LINEやFacebookのツインアプリ機能にも対応しているのがうれしい。

Sponcerd


CPU・メモリなど

Snapdragon 845スマホ最安

現在のスマホ業界の最高スペックのSnapdragon 845を搭載した。Android最強CPUのSnapdragon845はiPhoneXすらも性能で上回る。とはいえ15万円の最新iPhoneXsには負けている。価格差を考えれば当たり前か。

メモリ最低6ギガ

メモリは6ギガと8ギガのモデルがある。6ギガのモデルは64ギガストレージと128ギガストレージを選択できる。

メモリ8ギガのモデルはストレージ256ギガのみだ。何に使えばいいんだろう。

ずっしり重い4000mAhバッテリー

Poco F1は180グラムというずっしりとした重量と引き換えに4000mAhの大容量バッテリーを搭載した。

とはいえiPhone Xsも174グラムだし、長時間バッテリーと引き換えならむしろありがたい。

プラスチックボディのお陰で180グラムに収まっているけど、メタルボディなら更に重量が増していたはずだ。

スペック類似機種

CPUとメモリだけに着目したスペック類似機種としては、ZenFone 5Zやガジェマガで紹介している中華スマホのOPPO OnePlus 6、Xiaomi Mi Mix 2Sなどだ。

日本の発売機種ではGalaxy S9やXperia XZ3などの最新ハイエンドスマホと同等のスペックだ。この辺りのスマホの性能はどれも似たり寄ったりだったんだけど、今回のPoco F1が水冷システムを搭載したことで一歩抜きんでた。

Snapdragon845最安スマホはMi Mix 2Sの46,000だったんだけど、今回Poco F1が実売44,000円で更にコスパが高くなった。

先行発売されたインドでの価格を日本円に直すと3万円台になるらしい。原価どうなってんだ。

Xiaomi Poco F1価格

AIデュアルカメラ

Poco F1は最近流行りの背面デュアルカメラとAIアシストに対応した。全部入り過ぎてもう意味が分からない。

フロントカメラもAIアシストに対応してシーンに合わせて最適な色、明るさに調節してくれる。

Xiaomi Poco F1フロントカメラ

更に赤外線顔認証にも対応した。赤外線だから暗闇でも一瞬で解除してくれる。

背面カメラの下には指紋センサーもついている。マスクをしているときなど、顔認証が使えないときは指紋で認証できる。

Xiaomi Poco F1本体

その他

DSDS対応

Mi Mix 2Sは最近のトレンドであるDSDSにも対応しているから2番号での運用ができる。

イヤホンジャックあります

防水が無い分イヤホンジャックはある。ヘッドホン資産だって活かせる。

対応バンド

ドコモ 〇

LTE、3Gともに対応しているけど、B19のプラチナバンドには対応していないため地方のLTEは期待薄。3Gは使えるのであまり問題は無い。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドには完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile ×

auの電波にはほぼ対応していないので使えない。

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 中国スマホの世界シェア 中国の家電業界 ...

続きを見る

購入はこちら

防水もメタルボディも有機EL液晶もいらない!とにかくハイスペックを低価格で!という尖りまくったゲーミングスマホ。時代は水冷です。

Amazonや楽天でも海外版を購入できるけど、GEARBESTでの直輸入だと更に安い。購入方法は下の記事を見てほしい。

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあることと、製品不良があった場合の返品の手間を考えると、GEARBESTを使うこと ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/4/17

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス ライフハック

2019/4/2

【月刊ガジェマガ4月号】独立して「ガジェマガの人」になりました

4月1日というと入学とか新社会人とかで慌ただしいんだけど、今年はそこに新元号の発表とかも加わるから世間が騒がしい。個人的にはこの機会に元号は廃止してもいいんじゃないかと思ってるけど、俺が考えることじゃないから恒例の月次報告に移りたい。 3月に反響のあった記事 まずは3月に反響があった記事のご紹介から。 iPhoneからAndroidに乗り換えて困ること【移行のデメリット】 通信と端末の完全分離が閣議決定したことで今年の夏は恐らくiPhoneからAndroidに乗り換える人が続出すると予想して書いた記事が伸 ...

ReadMore

パソコン・周辺機器 ライフハック

2019/4/4

ブラインドタッチで分間400打を超える方法【タイピング速度向上】

スマホの普及によってタイピングできない人が増え続けている。それは別にいいとは思うんだけど、会社に入社して初めて自分用のパソコンを支給されて、タイピングができなくて仕事が遅いという焦りを抱える新卒が多い。 今回はスマホの普及によってタイピングから取り残された人向けに、最速で分間400打を超える方法をレクチャーする。 社会人に求められるタイピング速度 そもそも論として、社会人に求められるタイピング速度はどのくらいなのか。 とりあえずそのレベルをクリアしているのであれば日常業務をこなすのに不便しないから、まずは ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/3/19

【格安SIM10社比較】料金と特徴とおすすめスマホ15選【ほぼ同じ】

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.