ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【火木土更新】

中国スマホ

【UMIDIGI ONE】まだシングルなの?16,000円台でデュアルカメラ搭載の異端スマホ

2018年9月13日

GEARBESTからUMIDIGI ONEのサンプル提供連絡があった。

中華スマホと言えばXiaomiとかOPPOは有名だけど、それ以外にも中国内の成長に伴って新興企業が多数スマホ事業に参入していて、その中でも勢いがあるのが2012年に創業を開始したUMIGIDI社だ。

そしてUMIDIGIが15,000円台で購入できてしかも背面デュアルカメラと4ギガメモリを搭載した超絶格安スマホとして発売したのがUMIDIGI ONEだ。

実機レビューはこちら

レビュー
【UMIDIGI One実機レビュー】16,000円でDSDS対応の”普通”のスマホ

続きを見る

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら




この記事の目次(クリックでジャンプ)

UMIDIGI One or UMIDIGI One Pro

UMIDDIGIの安いモデルにはUMIDIGI OneとUMIDIGI One Proがある。両方とも動作部分のスペックは同じなんだけど、外観などの細部が違う。

UMIDIGI One or UMIDIGI One Pro

P20 Proと同じような背面デザインのトワイライトカラーを採用しているのがUMIDIGI Oneで背面がカーボン仕様なのがProだ。Oneはもちろんアルミボディだ。

というか2万円を切るスマホでこんなに質感がいい。

しかも19:9のノッチディスプレイを採用している。コスパがあり得ないというか中華スマホの勢いが止まらない。

スペック

まずは両機のスペックを見ていきたい。現在の実売価格はOneが16,000円弱、One Proが19,000円強だ。

UMIDIGI One UMIDIGI One Pro
ディスプレイ 5.86 5.86
解像度 1520 x 720 1520 x 720
CPU Helio P23(MT6763) Helio P23(MT6763)
メモリ 4 4
ストレージ 32 64
バッテリー 3550 3250
防水 × ×
指紋認証
重量 180 180
サイズ 71.4x148.4x8.3 71.4x148.4x8.3

日本語対応要検証

ざっと調べたところUMIDIGIは日本語に対応しているのか確認できなかった。グローバル展開をしているスマホなので日本語には当然対応していると思うけど、この辺りは実機が届いたら確認する。

CPU・メモリなど

MT6763

UMIDIGIはその破格のコスパを実現するためにSnapdragonでもKirinでもApple社のAシリーズでもないCPUを搭載している。その名もMT6763だ。

Helio P23はミドルレンジスマホ向けに新たに登場したSoCで、Antutuベンチマークのスコアを見る限りはSnapdragon800を若干上回る程度の性能を誇る。

Snapdragon800と言えば2013年発売のGalaxy Note 3に搭載されていたスマホで、さすがに動きはもっさりするものの今でも十分使えるくらいの性能だ。

メモリ4ギガ

UMIDIGI Oneのメモリに関しては4ギガというAndroidをサクサク使うのに十分な容量を搭載している。ハイエンドゲームを快適にプレイするのであれば6ギガほしいところだけど、そもそもUMIDIGIの場合はCPUが足かせになるのでゲームプレイはおすすめしない。ブラウジングやSNSなど、通常の利用方法にとどまる限りは十分快適に使える性能だ。

スペック類似機種

CPUとメモリだけに着目したスペック類似機種としては、Galaxy Note 3やXperia Z3あたりになる。

いずれも2013年のハイエンドスマホだけど、両機種ともにメモリが3ギガなので、4ギガメモリのUMIDIGI Oneのほうが快適だ。しかもUMIDIGI P23はハイエンドCPUではなく、省電力CPUなのでバッテリーの減りは圧倒的に少ない。時代の流れを感じる。

大容量バッテリー

UMIDIGI Oneは超省電力CPUと1520 x 720という比較的解像度の低いディスプレイを搭載していながら3550mAhもの大容量バッテリーを搭載している。余裕の2日持ちを実現できるバッテリーは容量は嬉しい。

新型iPhone XRだって6.1インチで1792 x 828と画面解像度は低いんだから5.9インチの1520 x 720でも違和感はない。

ちゃんとデュアルレンズカメラしてます

UMIDIGI Oneは15,000円台という価格でデュアルレンズカメラに対応した。デュアルレンズカメラは今のスマホ市場では当たり前の存在になりつつある。え、まだシングルカメラなのー?とマウントを取る時代が到来した。

背面カメラは12MP + 5MPのデュアルカメラでF/2.0、フロントカメラは16MPのF/2.0だ。

カメラの評判は悪くないから、実機が届いたら改めて検証したい。

その他

デュアルスピーカー対応

UMIDIGI Oneは地味にデュアルスピーカーに対応している。大画面で音が良いと動画も音楽も気持ちよく楽しめる。音の良さは思っている以上にスマホに対する好感度が上がる要素なので、手堅く抑えてきたなという印象だ。

DSDV対応

この値段でありえないと思ったけどDSDVにも対応していたから2番号での運用ができる。中華スマホの勢いが止まらない。

NFC非対応

UMIDIGI One ProはNFCに対応しているけど、UMIDIGI OneはNFC非対応なので気を付けたい。といっても日本でNFCを使うシーンは少ないから関係ないかな。

側面指紋センサー

UMIDIGI Oneは今では珍しい側面指紋センサーを搭載している。前面と背面がスッキリしている構成がうれしい。

輝度センサー付き

超格安スマホにありがちな画面輝度は自分で調整してくださいねということはなく、UMIDIGI Oneはしっかりと画面輝度を自動調整してくれる。

対応バンド

ドコモ 〇

LTE、3Gともにほぼほぼ対応していて問題なく使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドには完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile 〇

auの電波もほぼ網羅しているので問題なく使える。

実機レビュー

UMIDIGI Oneの実機レビューしてます。

レビュー
【UMIDIGI One実機レビュー】16,000円でDSDS対応の”普通”のスマホ

続きを見る

UMIDIGI Oneと価格帯が同じライバル機のLenovo S5も実機レビューしてます。

レビュー
【Lenovo S5実機レビュー】高級感すら感じる2万円以下スマホ

続きを見る

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2020年版】中国スマホおすすめランキングベスト9!

続きを見る

購入はこちら

安かろう悪かろうの時代は終わった。日本キャリアすべての周波数に対応しながらDSDVにも対応している。唯一難癖をつけるとしたらCPU性能と画面解像度だけど、15,000円代のスマホにそこまで求めてはいけない。

スマホなんかとりあえず使えればいいんだよっていうすべての人にこのスマホを捧げたい。

Amazonや楽天でも海外版を購入できるけど、GEARBESTでの直輸入だと更に安い。購入方法は下の記事を見てほしい。

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

続きを見る

スマホ レビュー

2020/11/15

【iPhone12レビュー】ライバルは2万円安いiPhone11

毎年秋の風物詩となりつつある最新型のiPhone12が今年も発売された。今回のiPhone12シリーズは4モデルもあってどれを購入するか迷うんだけど、とりあえず俺は最もベーシックで売れるであろうiPhone12を購入したからレビューしたい。 この他にもうすぐ発売となるiPhone12 Pro Maxの購入を迷っているところではあるんだけど、iPhone12とほとんど一緒だからモチベは低め。凄そうなら買う。多分買わない。 iPhone12の特徴 iPhone12の特徴は下記。 最強CPU A14チップ搭載 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2021/2/17

【2021年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも9年目に突入していて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 17位 黒 ...

ReadMore

ライフハック 買ってよかったもの

2020/7/28

【そもそも鞄いる?】ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

ライフハック 体験談

2020/12/13

【狭い家のメリットデメリット】6畳1Kに8年住んだ感想【一人暮らし

田舎の人が都会に引っ越す際に危惧するのは部屋の狭さなんだけどそれは間違ってない。都会は家賃が高いから広い部屋に住めない。 でもそれは悪いことばかりではない。寧ろ狭い部屋は快適だな。と渋谷区6畳1Kの家に8年住んで思う。ということで今回は俺が感じた狭い部屋に住むメリットデメリットを解説する。 狭い部屋の家賃だけじゃないメリット 狭い部屋は家賃が安い。これが最大のメリットなのは間違いない。 東京都の平均家賃相場は22万円 実際俺が住む東京都渋谷区は日本でもトップクラスに家賃が高いエリアで、2LDKとかを選んだ ...

ReadMore

ライフハック

2021/2/19

タワマンに住みたいからメリットデメリットを考える【一人暮らし】

久しぶりに興味があることが見つかって最近テンションが上がってる。タワマンに住みたい。今の8万円の家の立地は最強だし、設備の割に家賃が安くて気に入ってはいるんだけど、さすがに9年住んで色々と限界を感じているのが正直なところ。 そろそろ引っ越したいと思うことが増えてきていたんだけど、どうせなら振れ幅重視でタワマンに住んだら面白いかも。と思ったのがきっかけ。ただ、タワマンなんて人生初だし怖すぎ。ということで俺がタワマンを検討している理由と、タワマンに住むメリットデメリットを検討する。 今の家の不満点 まずはタワ ...

ReadMore

スマホ レビュー

2020/11/10

【Galaxy Note20 Ultraレビュー】浪漫の塊。コスパは最悪。

2年間カメラのために愛用しつづけたMate 20 Proを遂に乗り換える。その候補がOnePlus 8 ProとGalaxy Note20 Ultraなんだ。OnePlus 8 Proは既にレビューをしていて8万円で買える最強スマホと言える仕上がりなんだけど、スマホは乗り換えたら多分1年は使うことになるから、メインスマホ選びは慎重にならざるを得ない。 ということで15万円もする超最強スマホGalaxy Note20 Ultraを入手したからレビューする。 Galaxy Note20 Ultraの特長 Ga ...

ReadMore

AFFINGER5導入

2020/6/4

【ブログで稼ぐ】AFFINGER5導入から1年5か月のPVと収益

ブログで稼ぐならワードプレスを使った方が良い、ワードプレスで稼ぐなら有料テーマを使った方が良いという話は聞いたことがある人も多いと思う。 俺もその話を鵜呑みにしてワードプレスの有料テーマAFFINGER5を購入した口なんだけど、AFFINGER5を導入したことでどれくらい効果があったのかをガジェマガの事例で紹介したい。 ガジェマガ運営の経緯 まずはガジェマガ運営の経緯を紹介する。 2015年10月にFC2でブログ運営開始 2016年5月頃にオススメスマホランキング記事が検索上位に表示される 2016年5月 ...

ReadMore

メンズ美容・健康 ライフハック 体験談

2021/1/6

【体験談】ICLカウンセリングでレーシックに申し込んだ話【視力矯正】

最近レーシックとかICLと言った視力矯正手術を耳にする機会が増えていて、俺もせっかくだから視力を良くしようとICLに申し込んだ結果、レーシックの予約をして家に帰った。何を言っているのかわからないと思うけど俺にもわかっていない。 ということでカウンセリングでなにが起きたのか、なぜICLではなくレーシックを選んだのかを解説する。 視力の悪さは機会損失 俺の視力はギリ裸眼で生活できるレベルで、両目0.7なこともあって車の運転するときもコンタクトとかメガネは使わない。かといって十分な視力というわけではなく、遠くの ...

ReadMore

-中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.