ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【UMIDIGI ONE】まだシングルなの?16,000円台でデュアルカメラ搭載の異端スマホ

更新日:

GEARBESTからUMIDIGI ONEのサンプル提供連絡があった。

中華スマホと言えばXiaomiとかOPPOは有名だけど、それ以外にも中国内の成長に伴って新興企業が多数スマホ事業に参入していて、その中でも勢いがあるのが2012年に創業を開始したUMIGIDI社だ。

そしてUMIDIGIが15,000円台で購入できてしかも背面デュアルカメラと4ギガメモリを搭載した超絶格安スマホとして発売したのがUMIDIGI ONEだ。

実機レビューはこちら

レビュー
【UMIDIGI One実機レビュー】16,000円でDSDS対応の”普通”のスマホ

GEARBESTから16,000円で購入できる業界最安スマホのUMIDIGI Oneを提供してもらったから実機レビューを ...

続きを見る

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



UMIDIGI One or UMIDIGI One Pro

UMIDDIGIの安いモデルにはUMIDIGI OneとUMIDIGI One Proがある。両方とも動作部分のスペックは同じなんだけど、外観などの細部が違う。

UMIDIGI One or UMIDIGI One Pro

P20 Proと同じような背面デザインのトワイライトカラーを採用しているのがUMIDIGI Oneで背面がカーボン仕様なのがProだ。Oneはもちろんアルミボディだ。

というか2万円を切るスマホでこんなに質感がいい。

しかも19:9のノッチディスプレイを採用している。コスパがあり得ないというか中華スマホの勢いが止まらない。

スペック

まずは両機のスペックを見ていきたい。現在の実売価格はOneが16,000円弱、One Proが19,000円強だ。

UMIDIGI One UMIDIGI One Pro
ディスプレイ 5.86 5.86
解像度 1520 x 720 1520 x 720
CPU Helio P23(MT6763) Helio P23(MT6763)
メモリ 4 4
ストレージ 32 64
バッテリー 3550 3250
防水 × ×
指紋認証
重量 180 180
サイズ 71.4x148.4x8.3 71.4x148.4x8.3

日本語対応要検証

ざっと調べたところUMIDIGIは日本語に対応しているのか確認できなかった。グローバル展開をしているスマホなので日本語には当然対応していると思うけど、この辺りは実機が届いたら確認する。

Sponcerd


CPU・メモリなど

MT6763

UMIDIGIはその破格のコスパを実現するためにSnapdragonでもKirinでもApple社のAシリーズでもないCPUを搭載している。その名もMT6763だ。

Helio P23はミドルレンジスマホ向けに新たに登場したSoCで、Antutuベンチマークのスコアを見る限りはSnapdragon800を若干上回る程度の性能を誇る。

Snapdragon800と言えば2013年発売のGalaxy Note 3に搭載されていたスマホで、さすがに動きはもっさりするものの今でも十分使えるくらいの性能だ。

メモリ4ギガ

UMIDIGI Oneのメモリに関しては4ギガというAndroidをサクサク使うのに十分な容量を搭載している。ハイエンドゲームを快適にプレイするのであれば6ギガほしいところだけど、そもそもUMIDIGIの場合はCPUが足かせになるのでゲームプレイはおすすめしない。ブラウジングやSNSなど、通常の利用方法にとどまる限りは十分快適に使える性能だ。

スペック類似機種

CPUとメモリだけに着目したスペック類似機種としては、Galaxy Note 3やXperia Z3あたりになる。

いずれも2013年のハイエンドスマホだけど、両機種ともにメモリが3ギガなので、4ギガメモリのUMIDIGI Oneのほうが快適だ。しかもUMIDIGI P23はハイエンドCPUではなく、省電力CPUなのでバッテリーの減りは圧倒的に少ない。時代の流れを感じる。

大容量バッテリー

UMIDIGI Oneは超省電力CPUと1520 x 720という比較的解像度の低いディスプレイを搭載していながら3550mAhもの大容量バッテリーを搭載している。余裕の2日持ちを実現できるバッテリーは容量は嬉しい。

新型iPhone XRだって6.1インチで1792 x 828と画面解像度は低いんだから5.9インチの1520 x 720でも違和感はない。

ちゃんとデュアルレンズカメラしてます

UMIDIGI Oneは15,000円台という価格でデュアルレンズカメラに対応した。デュアルレンズカメラは今のスマホ市場では当たり前の存在になりつつある。え、まだシングルカメラなのー?とマウントを取る時代が到来した。

背面カメラは12MP + 5MPのデュアルカメラでF/2.0、フロントカメラは16MPのF/2.0だ。

カメラの評判は悪くないから、実機が届いたら改めて検証したい。

その他

デュアルスピーカー対応

UMIDIGI Oneは地味にデュアルスピーカーに対応している。大画面で音が良いと動画も音楽も気持ちよく楽しめる。音の良さは思っている以上にスマホに対する好感度が上がる要素なので、手堅く抑えてきたなという印象だ。

DSDV対応

この値段でありえないと思ったけどDSDVにも対応していたから2番号での運用ができる。中華スマホの勢いが止まらない。

NFC非対応

UMIDIGI One ProはNFCに対応しているけど、UMIDIGI OneはNFC非対応なので気を付けたい。といっても日本でNFCを使うシーンは少ないから関係ないかな。

側面指紋センサー

UMIDIGI Oneは今では珍しい側面指紋センサーを搭載している。前面と背面がスッキリしている構成がうれしい。

輝度センサー付き

超格安スマホにありがちな画面輝度は自分で調整してくださいねということはなく、UMIDIGI Oneはしっかりと画面輝度を自動調整してくれる。

対応バンド

ドコモ 〇

LTE、3Gともにほぼほぼ対応していて問題なく使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドには完璧に対応している。ソフトバンクスマホと同じように使える。

au, UQmobile 〇

auの電波もほぼ網羅しているので問題なく使える。

実機レビュー

UMIDIGI Oneの実機レビューしてます。

レビュー
【UMIDIGI One実機レビュー】16,000円でDSDS対応の”普通”のスマホ

GEARBESTから16,000円で購入できる業界最安スマホのUMIDIGI Oneを提供してもらったから実機レビューを ...

続きを見る

UMIDIGI Oneと価格帯が同じライバル機のLenovo S5も実機レビューしてます。

レビュー
【Lenovo S5実機レビュー】高級感すら感じる2万円以下スマホ

ガジェマガでは2万円以下で購入できるコスパの高いミドルハイエンドスマホとしてUMIDIGI OneとLenovo S5を ...

続きを見る

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでお ...

続きを見る

購入はこちら

安かろう悪かろうの時代は終わった。日本キャリアすべての周波数に対応しながらDSDVにも対応している。唯一難癖をつけるとしたらCPU性能と画面解像度だけど、15,000円代のスマホにそこまで求めてはいけない。

スマホなんかとりあえず使えればいいんだよっていうすべての人にこのスマホを捧げたい。

Amazonや楽天でも海外版を購入できるけど、GEARBESTでの直輸入だと更に安い。購入方法は下の記事を見てほしい。

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあ ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/2/10

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選【Amazon】

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/2/10

【ほぼ同じ】格安SIM11社の料金と特徴比較+おすすめスマホ15

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.