中華スマホ

【Lenovo S5】2万円以下でデュアルカメラのナイスミドル

更新日:

中国の総合電子機器メーカーであるLenovoが販売する数少ないスマホであるS5を紹介する。

Lenovoといえば日本ではmotoシリーズのイメージが強いけど、日本でも中国国内でもスマホ分野は苦戦している。そんなLenovoが反逆のノロシを上げるべく前代未聞のコスパで市場に切り込んだスマホがS5だ。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




S5はミドルハイエンド市場で最も安い

スマートフォンの分野では国内の同業他社で大手のHuawei、Xiaomiや、新興企業のOPPOやZTEにも後れを取っている状況だ。

その状況を打破すべくまずはミドルレンジから攻勢をかけた。ミドルレンジは多種多様な企業が販売しているラインだが、oppo(F9)、Meizu(16 Plus)、Xiaomi(Mi A2 Lite)、Huawei(nova 3)、vivo(Z1i)、Samsung(Galaxy J8)などと比較してもコスパに優れる価格が最大の魅力だ。

スペック

ディスプレイ 5.7
解像度 2160x1080
CPU Snapdragon 625
メモリ 3/4
ストレージ 32/64/128
バッテリー 3000
防水 ×
指紋認証
重量 155
サイズ 73.5x154x7.8

日本語対応済

Lenovo S5のカスタムOSであるZUI OSはきっちりと日本語にも対応している。違和感なく使えるぞ。

Sponcerd


CPU・メモリなど

Lenovo S5はSnapdragon 625と3ギガまたは4ギガメモリを搭載するミドルハイエンドスマホだ。たった2万円を切るのくせにミドルハイエンドスマホを展開されてしまってはローエンドスマホの立場がない。

最近のAndroidは3ギガメモリだと動きがもっさりするように感じるので、購入する場合は4ギガメモリのモデルをお勧めしたい。

スペック類似機種

CPUとメモリだけに着目したスペック類似機種としては、初代novaやMoto G5 Plus、ZenFone 3あたりだ。この中でもメモリが4ギガのスマホはMoto G5 Plusのみだ。

1世代前のミドルハイエンドスマホと同等のスペックなので、それほど性能は高くないが、SNSやブラウジングの通常利用なら問題はない。

Moto G5 Plusは実売価格で25,000円ほどなので、Lenovo S5のほうが5,000円安い計算になる。とはいえLenovo S5には5.7インチの大画面ディスプレイと背面のデュアルレンズカメラがある。流行りの18:9比ディスプレイも満足度が高い。

S5のカメラはHuaweiと同じ構成

Lenovo S5のすごいところは2万円を切る価格でデュアルレンズカメラを搭載したことにある。しかもLenovo S5のカメラはHuaweiと同じカラーレンズとモノクロレンズで同時に撮影した画像を合成して画質を高めるタイプだ。

おいおい半端ないもんだしてきたな。つまりカメラの画質はP20 liteと同じくらいのレベルに迫ることになる。

インカメラも明るく高画質

Lenovo S5がすごいのは背面のデュアルカメラだけじゃない。インカメラだって1,600万画素、F値2.2の明るいレンズなので、夜のセルフィもストレスなく撮影できる。しかもこのカメラを使った顔認証にも対応している。

また、アルミニウム合金を使ったボディの質感も高く、2万円を切る安さを全く感じさせない。

その他

ZUI OSは指紋センサーでナビゲーションボタンの役割を果たすジェスチャー機能に対応しているので、Android画面下部の邪魔なナビゲーションバーを非表示にできるのが地味にうれしい。国外ではDSDSには対応しているけど、国内での報告はなく実態はわからない。

対応バンド

ドコモ 〇

都市部では全く問題なく使える。山間部や郊外は若干苦手。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドにも完璧に対応している。遜色なく使えるだろう。

au, UQmobile ×

auのLTEは使えない。3Gは不明。

購入はこちら

単純にスペックだけを見るとMoto G5 PlusやZenFone 3と並ぶので今更感を感じるけど、敢えてスペックをそこそこに抑えつつ、カメラの画質とボディの質感で勝負をかけた挑戦的なスマホ。

スマホにお金はかけたくないけど、そこそこの性能のスマホが欲しいというわがままを叶えるハイコスパ端末だ。DSDSが使えたら文句はない。使えたら教えてほしい。

格安SIM スマホ・タブレット まとめ

2018/9/7

【2018年版】格安SIMスマホセットおすすめランキングベスト14!

格安スマホの完成度が高くなることで、敢えてキャリアスマホを選ぶ必要が無くなってきている。 次は格安スマホを購入しようと考えている人は多いと思うんだけど、そこで悩むのがどの通信会社と契約するかだ。キャリアに縛られない格安スマホを購入するのであれば月額費用も安く抑えたい。 そんな需要に応えるべく最近は格安SIMと格安スマホのセットがかなりお買い得になっている。回線も安いのに、セットで購入すればスマホも安い。今回は格安SIMとセットで安く購入できるスマホのおすすめランキングを作成した。 本日もガジェマガ(@Ga ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2018/8/21

【2万円はおかしい】Lenovo S5/Xiaomi Redmi Note 5/P20 lite最強コスパスマホ3機種比較

最強コスパスマホP20 liteのレビューをしたところなんだけど、更にとんでもないコスパのスマホが海外で発売されている情報を掴んだので紹介したい。あまりのコスパの高さにP20 liteを脅かすんじゃないかと密かにブームになっている。P20 liteのレビューは下記から見れるので確認して欲しい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 Lenovo S5 Lenovoと言えば日本ではMotoGシリーズを販売しているメーカーのイメージで、Motoのブランドを冠さないス ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/8/21

【ZenFone5Zが2万円も安い!】中国版Amazonの「GEAR BEST」が要チェックや!!

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

ライフハック まとめ

2018/9/4

【2018年版】生活が変わる!ガジェマガ式買ってよかったモノ18選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

LINE@で更新情報をお届け

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

-中華スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.