ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【毎日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【OPPO Find X】可動式カメラに心が躍る最強スペックスマホ。これがXの答えだ。

更新日:

中国OPPOから挑戦的すぎる名前のスマホが販売された。その名もFind X。

数学で探し続けたXの答えはここにあった。すべてのガジェオタのハートを鷲掴みにするその全容に迫る。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ツイッターフォローYoutubeチャンネル登録してくれたら圧倒的に感謝します。



カメラもスペックも大画面も挑戦的

とにかく中国勢の勢いが止まらない。最強のコストパフォーマンスを武器に品質を磨き上げて世界市場に迫る。

Find Xは現在の市場で用いられる限りの最強パーツを集めたモデルで、現状歴代最強だ。

OPPO Find X

各社のフラッグシップモデルに対抗し、それらをねじ伏せることができる驚異的なスペックと、フロントカメラを可動式にしたことによるノッチなし、ベゼルなしの全面完全ディスプレイという挑戦的な試みが面白い。

可動式のフロントカメラを搭載したスマホは歴代初で、

これが

OPPO Find X

こうなる

OPPO Find X

こんなもん興奮しないわけないだろ。

しかもFind Xは指紋認証を搭載していない。セキュリティは顔認証のみだからスマホを起動するたびにこのフロントカメラが飛び出す。これはやばい。

スペック

ディスプレイ 6.4(有機EL)
解像度 2340x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 8
ストレージ 128/256
バッテリー 3730
防水 ×
指紋認証 ×(顔認証のみ)
重量 186
サイズ 74.2x156.7x9.6

日本語対応

聞きなれないと思うけどOPPOは実は日本に正式参入済みで、世界中のOPPOスマホは公式に日本語に対応している。

Sponcerd


CPU

OPPO Find XはCPUにSnapdragon845とメモリに8ギガ、ストレージに128ギガまたは256ギガを搭載している。

Snapdragon845は現存する最高スペックのCPUで、その性能はiPhoneXを上回る。しかもメモリに8ギガ、ストレージに256はまるでノートパソコンのカタログを眺めているかのようだ。OPPO Find Xでもたつく動作はない。というか絶対256ギガもいらない。

スペック類似機種

日本で発売されている同程度の性能のスマホはZenFone5Zが有名だ。ZenFone5Zは日本では7万円以上するスマホだけど、OPPOのFind Xは9万円ほどと、ZenFone5Zを上回って高い。

これは6.4インチのベゼルレス有機ELディスプレイを搭載していることや、可動式のカメラなど、新たな試みによるところだろう。

特徴

繰り返しにはなるけど、飛び出し式のカメラと6.4インチ曲面有機ELディスプレイが特徴的で、ぱっと見でFind Xだと識別できる今時珍しい個性的なスマホだ。3D顔認証機能を採用しており、画面を起動するたびに可動式のフロントカメラが飛び出す。

セラミックのボディは角度によって色が変わる個性的なデザインで、衝撃に弱い代わりに傷に強い。Find Xの美しい外観を保つためにも慎重な扱いが求められる。

背面のデュアルカメラはまだ情報が少ないんだけど、同社のOne Plus 6がDxo MARKの歴代カメラランキング10位を獲得しているように品質は高く、発売が新しいFind Xが磨きをかけてきているのは間違いない。

残念ながら今のところ日本での発売予定がなく、また、iPhoneXとほぼ同じ価格なので、日本ではブランド価値のないOPPOのスマホだというのが躊躇するポイントになる。防水もない。

Sponcerd


とは言え最強ハイスペックとカメラのギミックは唯一無二の選択肢で、こんなトキメキを感じるのは久しぶりだ。

対応バンド

ドコモ 〇

ドコモが各エリアで使っているバンドにすべて対応している。ドコモ端末と同じくらい快適に利用できる。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

ソフトバンクのバンドにも完璧に対応している。そん色なく使えるだろう。

au, UQmobile △

auは使ってみないとどうなるかわからないので、au回線での利用を予定している人は検証結果を待ちたい。

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでお ...

続きを見る

購入はこちら

正直9万円という値段は安くないものの、購入したくなる魅力をしっかりと詰め込んだ端末だ。OPPOというブランドに抵抗がなければ購入して可動式カメラでドヤりまくりたい。

Amazonや楽天でも海外版を購入できるけど、GEARBESTでの直輸入だと更に安い。購入方法は下の記事を見てほしい。

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあ ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/2/10

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの16選【Amazon】

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

ブログPV・アクセス

2019/2/10

【月刊ガジェマガ19年1月号】2018年振り返り

あけましておめでとうございます。1月に入ったので12月のガジェマガの活動を記録する。 先月の報告はこちら。 12月に買ったもの ドルチェグストタワーカプセルホルダー 毎日使っているドルチェグストのカプセルの保管が煩雑だったから見せる収納としてドルチェグストタワーカプセルホルダーを購入。普通に毎日使ってて便利。 Soundcore Liberty Air完全ワイヤレスイヤホン 発売日に勢いで買ってしまった完全ワイヤレスイヤホン。ikanziを持っていたけど、Ankerが作っているイヤホンの品質を確かめたくな ...

ReadMore

ガジェット ライフハック

2019/2/10

ガジェマガの中の人のポケットとカバンの中身【男の必要最小限】

多くの有名ブロガーがカバンの中身を記事にしているのにガジェマガではまだ一度も鞄の中身について書いたことがなかった。ブロガーになりたいのであれば、他のブロガーが書いている記事はしっかりと抑えておきたいということで、今回はガジェマガなりのカバンの中身と、ポケットの中身を紹介したい。 鞄はオカマの象徴 in USA 俺は中学生高校生の頃はリュックサックを使っていたし、社会人になってからはボディバッグを休日の荷物入れとして使っていた。社会人になり立ての頃にアメリカに留学していた妹と再会する機会があって、アメリカの ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2019/2/10

Huawei Matebook X Proを2か月使った感想【欠点あり】

去年の11月5日にMatebook X Proを購入して丸2ヵ月経った。今のメインマシンはこれ一台で、ブログ執筆も動画編集も全部Matebook X Pro一台で行っているから、購入してから2か月間でMatebook X Proに触れない日は一日もなかったと思う。 今回は丸2ヵ月使って感じたHuawei Matebook X Proに関するリアルな感想をまとめたい。 Matebook X Proに期待したこと そもそもここ2年程はパソコンを新品で購入することがなくて、型落ち中古パソコンを定期的に買い替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/2/10

【ほぼ同じ】格安SIM11社の料金と特徴比較+おすすめスマホ15

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社11社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこも一緒です これからMVNO11社社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこも代わり映え ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.