中華スマホ

【2万円のZenFone5!?】Redmi Note 5 Proのコスパが高すぎ

更新日:

2018年2月に発売された世界シェア2位のXiaomiの激熱スマホがさらに値崩れしてたからこの機会に紹介する。

今回紹介するRedmi Note 5 Proは中国Xiaomiのミドルレンジクラスを牽引するモデルだ。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




Xiaomiが展開する多数のスマホの中でも、高いコスパで市場制圧を目的として投入されたのがこのXiaomi Redmi Note 5 Proだ。

同社Redmi Note 5(無印)と比較した強化点は、CPUにSnapdragon 630から636にグレードアップしたこと、内側のカメラが2000万画素なったこと、そして背面にデュアルレンズカメラを搭載したことだ。

もう見た目がiPhoneXとそっくり。

6インチというサイズ感も大画面のトレンドを抑えていてスタイリッシュな外観と十分なスペック、Xiaomiお得意の低価格を武器にインド等の新興国の制圧を目指している。

スペック

ディスプレイ 5.99
解像度 2160x1080
CPU Snapdragon 636
メモリ 3/4
ストレージ 32/64
バッテリー 4000
防水 ×
指紋認証
重量 181
サイズ 75.4x158.6x8.1

日本語対応

Redmi Note 5 ProはOSにAndroid7.1ベースのMIUI 9を搭載していて、標準で日本語にも対応している。

CPU

Redmi Note 5 ProはCPUにSnapdragon636とメモリに4ギガまたは6ギガ、ストレージに32ギガまたは64ギガを搭載している。

Snapdragon636はミドルハイエンドCPUで、高性能な3Dゲームでもプレイしない通常利用では不満を感じない高性能CPUだ。メモリも4ギガあれば今のアンドロイドでは十分でアプリの切り替えも早くもたつかない。

逆に3ギガは少し不安なので、4ギガモデルがおすすめだ。

スペック類似機種

日本で発売されている同程度の性能のスマホはZenFone5が有名だ。ZenFone5は日本では5万円以上するスマホなので、Redmi Note 5 Proのコスパの異常さがわかってもらえたと思う。

特徴

そこそこ高い性能のくせに約20,000円前後で購入できる他のスマホを圧倒する価格が最大の強み。とにかく安い。また、防水には対応していない代わりにしっかりとイヤホンジャックがついている。

背面のデュアルカメラは広角と望遠を使い分けることで被写体の距離に応じて撮影できる。

GPSにはGPS, GLONASS, BDSと三つの衛星に対応しており、より正確な位置を掴むことができる。そして4000mAhもの大容量バッテリーで出先でも安心して使える電池持ちが嬉しい。

地味にDSDSにも対応していて、日本でも使えちゃう。

対応バンド

ドコモ 〇

ドコモではLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3と3Gのメインバンドのバンド1に対応している。都市部であれば快適に使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8 に対応しており、快適に利用できる。

au, UQmobile ×

3G回線のみ利用できる。

購入はこちら

正直20,000円なら安すぎる。日本の格安SIMフリースマホを購入するならRedmi Note 5 Proの方が圧倒的にお得だ。

格安SIM スマホ・タブレット まとめ

2018/9/7

【2018年版】格安SIMスマホセットおすすめランキングベスト14!

格安スマホの完成度が高くなることで、敢えてキャリアスマホを選ぶ必要が無くなってきている。 次は格安スマホを購入しようと考えている人は多いと思うんだけど、そこで悩むのがどの通信会社と契約するかだ。キャリアに縛られない格安スマホを購入するのであれば月額費用も安く抑えたい。 そんな需要に応えるべく最近は格安SIMと格安スマホのセットがかなりお買い得になっている。回線も安いのに、セットで購入すればスマホも安い。今回は格安SIMとセットで安く購入できるスマホのおすすめランキングを作成した。 本日もガジェマガ(@Ga ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2018/8/21

【2万円はおかしい】Lenovo S5/Xiaomi Redmi Note 5/P20 lite最強コスパスマホ3機種比較

最強コスパスマホP20 liteのレビューをしたところなんだけど、更にとんでもないコスパのスマホが海外で発売されている情報を掴んだので紹介したい。あまりのコスパの高さにP20 liteを脅かすんじゃないかと密かにブームになっている。P20 liteのレビューは下記から見れるので確認して欲しい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 Lenovo S5 Lenovoと言えば日本ではMotoGシリーズを販売しているメーカーのイメージで、Motoのブランドを冠さないス ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/8/21

【ZenFone5Zが2万円も安い!】中国版Amazonの「GEAR BEST」が要チェックや!!

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

ライフハック まとめ

2018/9/4

【2018年版】生活が変わる!ガジェマガ式買ってよかったモノ18選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

LINE@で更新情報をお届け

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

RECOMMENDED

1

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないもの ...

2

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが ...

3

ツイッターで#ブロガーの作業部屋晒しタグが出回って、たくさんのブロガーが自分の作業環境写真を上げていたんだけど、人の部屋見るのって超面白い。というのもやっぱりブロガーなだけあってパソコンに向かう時間が ...

4

最強コスパスマホP20 liteのレビューをしたところなんだけど、更にとんでもないコスパのスマホが海外で発売されている情報を掴んだので紹介したい。あまりのコスパの高さにP20 liteを脅かすんじゃな ...

-中華スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.