ガジェマガ

ガジェットと生活改善のブログマガジン【隔日更新】

スマホ・タブレット 中国スマホ

【2万円のZenFone5!?】Redmi Note 5 Proのコスパが高すぎ

2018年2月に発売された世界シェア2位のXiaomiの激熱スマホがさらに値崩れしてたからこの機会に紹介する。

今回紹介するRedmi Note 5 Proは中国Xiaomiのミドルレンジクラスを牽引するモデルだ。




 

トーマスです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

この記事の目次(クリックでジャンプ)

Xiaomiが展開する多数のスマホの中でも、高いコスパで市場制圧を目的として投入されたのがこのXiaomi Redmi Note 5 Proだ。

同社Redmi Note 5(無印)と比較した強化点は、CPUにSnapdragon 630から636にグレードアップしたこと、内側のカメラが2000万画素なったこと、そして背面にデュアルレンズカメラを搭載したことだ。

もう見た目がiPhoneXとそっくり。

Redmi Note 5 Pro

6インチというサイズ感も大画面のトレンドを抑えていてスタイリッシュな外観と十分なスペック、Xiaomiお得意の低価格を武器にインド等の新興国の制圧を目指している。

スペック

ディスプレイ 5.99
解像度 2160x1080
CPU Snapdragon 636
メモリ 3/4
ストレージ 32/64
バッテリー 4000
防水 ×
指紋認証
重量 181
サイズ 75.4x158.6x8.1

日本語対応

Redmi Note 5 ProはOSにAndroid7.1ベースのMIUI 9を搭載していて、標準で日本語にも対応している。

CPU

Redmi Note 5 ProはCPUにSnapdragon636とメモリに4ギガまたは6ギガ、ストレージに32ギガまたは64ギガを搭載している。

Snapdragon636はミドルハイエンドCPUで、高性能な3Dゲームでもプレイしない通常利用では不満を感じない高性能CPUだ。メモリも4ギガあれば今のアンドロイドでは十分でアプリの切り替えも早くもたつかない。

逆に3ギガは少し不安なので、4ギガモデルがおすすめだ。

スペック類似機種

日本で発売されている同程度の性能のスマホはZenFone5が有名だ。ZenFone5は日本では5万円以上するスマホなので、Redmi Note 5 Proのコスパの異常さがわかってもらえたと思う。

特徴

そこそこ高い性能のくせに約20,000円前後で購入できる他のスマホを圧倒する価格が最大の強み。とにかく安い。また、防水には対応していない代わりにしっかりとイヤホンジャックがついている。

Redmi Note 5 Pro

背面のデュアルカメラは広角と望遠を使い分けることで被写体の距離に応じて撮影できる。

GPSにはGPS, GLONASS, BDSと三つの衛星に対応しており、より正確な位置を掴むことができる。そして4000mAhもの大容量バッテリーで出先でも安心して使える電池持ちが嬉しい。

地味にDSDSにも対応していて、日本でも使えちゃう。

対応バンド

ドコモ 〇

ドコモではLTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3と3Gのメインバンドのバンド1に対応している。都市部であれば快適に使える。

ソフトバンク, ワイモバイル 〇

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8 に対応しており、快適に利用できる。

au, UQmobile ×

3G回線のみ利用できる。

中国スマホおすすめランキング

日本未発売の中国スマホをコスパが高い順にまとめました。

ランキング
【2019年版】中国スマホおすすめランキングベスト10!値段が超格安!

ガジェマガでは日本未発売の中国スマホを多数紹介しているんだけど、個別の記事だとそれぞれの端末ごとの違いが掴みにくいのでおすすめランキング形式でまとめて紹介する。 中国スマホの世界シェア 中国の家電業界 ...

続きを見る

購入はこちら

正直20,000円なら安すぎる。日本の格安SIMフリースマホを購入するならRedmi Note 5 Proの方が圧倒的にお得だ。

Amazonや楽天でも海外版を購入できるけど、GEARBESTでの直輸入だと更に安い。購入方法は下の記事を見てほしい。

購入方法
【購入しながら解説】GEARBESTでの買い方・登録・送料・関税等

中国版AMAZONであるGEAR BESTが海外サイトなだけあって購入方法がわかりにくいから解説したい。 拠点が中国にあることと、製品不良があった場合の返品の手間を考えると、GEARBESTを使うこと ...

続きを見る

まとめ ライフハック

2019/10/23

【2019年版】生活が変わるガジェマガ式買ってよかったもの17選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良かったと思うものばかりなので、まだ持っていないものがあれば急いで購入してほしい。 1 ...

ReadMore

カメラ スマホ・タブレット パソコン・周辺機器 まとめ

2019/9/11

【2019年版】ガジェットブロガーの仕事道具まとめ【現状と不満】

今月頭に独立してからというもの外出する機会がめっきり減ってしまって毎日家でブログを書く生活が続いている。人と喋らないとやばいなとは思いつつ毎月ガジェットに10万円を仕事として費やして、自分の好きなものに囲まれながら生活できていることに幸せを感じている。 今回はせっかく独立もしたことだし、俺が普段仕事に使っている道具と、その道具に関するリアルな感想をまとめたい。 ガジェットの購入が仕事 元々趣味で購入したガジェットの紹介から始まったのがガジェマガなんだけど、今月頭に独立してからはそれが仕事になった。 とはい ...

ReadMore

ライフハック

2019/10/20

【高すぎ】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛で30万円提示された話【評判・口コミ】

髭いらねーって思って髭の永久脱毛に手を出そうとしたんだけど、ゴリラ脱毛が想像以上に高くて、ネットでの値段の記載方法が悪質だと感じたので今日はその件を書きたい。 毎日髭剃るのめんどくさい みんなもそうだと思うけど、朝起きて仕事行くまでの時間は戦争だ。なぜなら俺はなるべく寝ていたい!むしろ起きたくない!でも社会人なので流石に会社に遅刻するわけにもいかず、毎日生きるためにゾンビ顔負けの死んだ表情で通勤しているのが実情だ。 そんな社会人にとって朝の時間は貴重だ。歯を磨いて顔を洗って髭そって朝ごはんを食べて着替えて ...

ReadMore

スマホ・タブレット レビュー

2019/10/21

【UMIDIGI S3 Pro実機レビュー】色々ダメ。次回作に期待

激安スマホで話題の中国の新興企業UMIDIGIから同社のハイエンドモデルであるUMIDIGI S3 Proを提供してもらったから詳細にレビューしたい。UMIDIGIといえば1万円台でまともに使えるのが売りなんだけど、UMIDIGI S3 Proに関しては実売価格33,333円と同社のスマホの中で最も高い。UMIDIGI S3 ProがUMIDIGIにとって脱激安スマホの布石となるのかその詳細を見ていきたい。 UMIDIGI S3 Proの特長 まず最初にUMIDIGI S3 Proの特長をまとめる 33, ...

ReadMore

スマホ・タブレット まとめ 格安SIM

2019/10/21

【格安SIMはほぼ同じ】上位7社比較とセットで安いスマホ15選

既に格安SIMを取り扱うMVNOの提供会社は100社を超えていて、過当競争が進みすぎて値段も品質もほとんど違いがない。 そんな中でも比較的有名な格安SIM提供会社10社の比較と、それぞれが取り扱うスマホのおすすめランキングを紹介する。前半でMVNOの格安SIMをまとめて、後半でスマホをまとめている。 格安SIMの違いはどうでもいいからスマホのおすすめが知りたい人は後半からどうぞ(⇒後半までスキップ) 格安SIMはどこもほぼ同じです これからMVNO10社のプランを紹介するけど、結論から言うとどこもほぼ代わ ...

ReadMore

-スマホ・タブレット, 中国スマホ

Copyright© ガジェマガ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.