カメラ スマホ・タブレット まとめ

【2018年版】最強カメラスマホおすすめランキングベスト14!写真で選べ!

更新日:

最強カメラスマホであるP20 Proが短期的な売り上げでiPhoneXを抜いたように、成熟しきった現在のスマホ市場で次にユーザーが求めるのは、どれだけ美しい写真が撮れるかだと思う。高画質スマホの最大のメリットは常に持ち歩いていてシャッターチャンスを逃さないことだ。しかもデジカメや一眼レフのような画質のカメラをポケットに入れて持ち歩ける。今のスマホの画質はデジカメに拘っていた人がカメラを持ち歩かなくなるほどすごい。

本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。




今回はカメラの画質を昔から調査し続けているDxoMARKのランキングに基づいて紹介する。日本未発売のスマホも多くなるけど、すべて日本で使える日本語に対応したスマホだから安心して欲しい。海外通販サイトでの購入方法はこちらを参考にして欲しい。

解説
【実際に買ってみた】GEARBESTのアカウント作成方法と購入方法及び注意点について

DxoMARKとは

最近存在感を増し続けている海外のカメラ画質評価サイト。一眼レフやデジカメの画質評価を続けていたけど、iPhone4からスマートフォン分野にも参入して、以降スマホカメラの進化と共にスマホ分野も拡大し続ける。DxoMARKはGoogleも評価の基準として一目置いていて、同社Pixel 2発売時にDxoMARKで高い評価を得たことを後ろ盾にするほどで、現在のカメラ画質評価の権威的な存在だ。

評価基準

DxoMARKの評価基準は多岐に渡るんだけど、大まかには下記だ。

  • 精細度
  • 逆光撮影
  • 色再現度
  • ダイナミックレンジ
  • 暗所性能
  • ノイズ性能

これらの項目を総合的に判断して点数を付ける。スロー撮影や3D撮影など、スマホごとに搭載している色物の機能ではなく、あくまでもカメラとしての純粋な画質を突き詰める評価で、信頼性が高い。

14位 ASUS ZenFone5/5Z

ZenFone 5 ZenFone 5Z
ディスプレイ 6.2 6.2
解像度 2160x1080 2160x1080
CPU Snapdragon 636 Snapdragon 845
メモリ 6 8
ストレージ 64 64/128/256
バッテリー 3300 3300
おサイフ ×
防水 × ×
指紋認証
DSDS
重量 155 155
サイズ 75.65×153×7.85 75.65×153×7.85

レビュー

ASUSのフラッグシップモデルのZenFone5/5Zが14位にランクイン。5/5Zの違いはCPUとメモリのみで、5がミドルハイエンドモデルで5Zがハイエンドモデルという立ち位置だけど、カメラ性能などは全く同じだ。本機からカメラのAIアシスト機能が実装されていて、シーンに併せて最適な色合い、明るさに調整してくれるおかげで、カメラはZenFone4から大きく進化した。

背面カメラは広角と望遠のデュアルレンズで、2つのレンズを駆使することで自然なボケ味の演出も可能になった。DxoMARKでは逆光撮影での明るさのバランスや

明るい環境での繊細さで高い評価を受けていた。

ZenFone 5ZはGEARBESTだと5万円台で購入できる。購入方法はこちらを参考にして欲しい。

解説
【実際に買ってみた】GEARBESTのアカウント作成方法と購入方法及び注意点について

セットで安い格安SIM

13位 Apple iPhone 8

ディスプレイ 4.7
解像度 1334×750
CPU A11
メモリ -
ストレージ 64/128/256
バッテリー -
おサイフ
防水 IP67
指紋認証
DSDS ×
重量 148
サイズ 67.3x138.4x7.3

レビュー

フルモデルチェンジを果たしたiPhoneXと同時に発売されたノーマルタイプのiPhone。従来どおりのデザインながら性能、品質ともにiPhoneXとほぼ同じで高い。iPhoneXと違ってホームボタンが残されているので指紋認証が引き続き使える。目新しくはないけど順当な進化を果たしたスマホ界の王者。今では珍しい4.7インチと比較的小さい画面と、片手にすっぽりおさまるサイズ感もあって安心感が強く根強いファンに支えられるシリーズ。

DxoMARKでは暗所での繊細さで高い評価を受けていた。

11位 Samsung Galaxy Note 8

ディスプレイ 6.3
解像度 2960x1440
CPU Snapdragon 835
メモリ 6
ストレージ 64
バッテリー 3300
おサイフ
防水 IPX8
指紋認証
DSDS ×
重量 190
サイズ 75x163x8.7

レビュー

世界シェアナンバー1を独走し続けるSamsungのGalaxy Noteシリーズ8作目。バッテリーが発火する悲劇に見舞われた7を乗り越えて見事に復活した。日本のアンドロイド市場を牽引し続けるハイスペックに妥協はなく、本機もハイエンドスマホだ。6.3インチの有機ELディスプレイは広く、そこにNoteシリーズおなじみのSペンを使って紙のような書き心地で手書きできるのが売りだ。

CPUにSnapdragon835と6ギガメモリを搭載しており、IPX8の完全防水に対応した。完全防水に対応したスマホはまだ少なくて、世界1のメーカーの意地を感じる。

DxoMARKでは特に明るいシーンでの色再現性で高い評価を受けていた。カメラ画質の評価はこの次に紹介するiPhone8 Plusと同列の11位だった。

11位 Apple iPhone 8 Plus

ディスプレイ 5.5
解像度 1920×1080
CPU A11
メモリ -
ストレージ 64/128/256
バッテリー -
おサイフ
防水 IP67
指紋認証
DSDS ×
重量 202
サイズ 78.1x158.4x7.5

レビュー

おなじみAppleが毎年刷新して販売している大型のiPhone。iPhone8通常版との違いは画面の大きさと画面解像度で、画面が大きくなることに伴って解像度も高くなっている。防水、お財布等基本的なところは手堅く抑えながらハイスペックCPUを搭載した最強スマホ。通常版と違って背面カメラがデュアルレンズになっていて、広角と望遠で使い分けることで距離に応じて被写体を撮影できる。

カメラは色再現性、低ノイズ、高ダイナミックレンジ、繊細さを兼ね備えていて、全体的なレベルの高さが高評価だった。順位は一つ前に紹介したGalaxy Note 8と同列11位だ。

Sponcerd


10位 OPPO OnePlus 6

スペック

ディスプレイ 6.2(有機EL)
解像度 2280x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 64/128/256
バッテリー 3300
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 177
サイズ 75.4x155.7x7.75

レビュー

中国スマホシェアナンバーワンのOPPOが販売する渾身のハイエンドスマホ。現行最強CPUのSnapdragon845を搭載しながら6万円台で購入できる。有機ELパネルは6.2インチと大きくiPhoneXと同じノッチ形状を採用することで90%超えの画面占有率を誇る。6ギガメモリのモデルが64ギガストレージで、8ギガメモリのモデルで128ギガストレージと256ギガグとレージから選択できる。OPPOは知名度が低いながら日本市場に正式参入しており、日本語にも正式対応している。日本でのDSDSも使えるので違和感なく日本で利用できる。

DxoMARKでは全体的なホワイトバランスの良さと適度な明るさ、ノイズの少なさで高い評価を得ていた。失敗写真の少ない安定したカメラだ。

OPPO OnePlus 6はGEARBESTだと6万円代で購入できる。購入方法はこちらを参考にして欲しい。

解説
【実際に買ってみた】GEARBESTのアカウント作成方法と購入方法及び注意点について

9位 Xiaomi Mi MIX 2S

ディスプレイ 5.99
解像度 2160x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 64/128
バッテリー 3400
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 189
サイズ 74.9x150.8x8.1

レビュー

中国Xiaomiのフラッグシップモデル。最強CPUであるSnapdragon845の搭載はもはや当たり前で、6ギガメモリと64ギガストレージが心強い。ボディは中国で最近流行りのセラミック製で、指紋は付きやすいけど傷い強い。衝撃には弱いので落とさないように気をつけたい。前面はベゼルレスで美しい5.99インチの大画面で、フロントカメラは右下にこっそり搭載されている。背面デュアルレンズカメラは広角と望遠で、今回からAIアシスト機能が加わって画質が大幅に向上した。AndroidベースのOSはXiaomi最新バージョンのMIUI9で、日本語にも完全対応している。

カメラは全体的にレベルが高いながら、高輝度、低輝度ともに色の表現が美しいという評価だった。

Xiaomi Mi MIX 2SはGEARBESTだと6万円代で購入できる。購入方法はこちらを参考にして欲しい。

解説
【実際に買ってみた】GEARBESTのアカウント作成方法と購入方法及び注意点について

7位 Huawei Mate 10 Pro

ディスプレイ 6(有機EL)
解像度 2160x1080
CPU Huawei Kirin 970
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 4000
おサイフ ×
防水 IP67
指紋認証
DSDS
重量 178
サイズ 74.5x154.2x7.9

レビュー

P20Proのカメラで話題になるHuaweiの別ブランドスマホ。Mate9の後継機の上位モデルで、贅の限りが尽くされた作りだ。18:9の6インチディスプレイは有機ELパネルで美しく、自社のハイエンドCPUであるKirin970、6ギガメモリと128ギガストレージを搭載した。Huawei初の防水対応端末で、無駄のないアルミ製ボディと背面のデザインが特徴的で美しい。このモデルからAIアシスト機能が追加された。

Huaweiスマホのデュアルレンズカメラは他社と違って広角と望遠という違いではなく、カラーレンズとモノクロレンズという構造で、2つのレンズで撮影した画像を合成することで高画質写真を生み出す。

カメラの画質は明暗を同時に写すダイナミックレンジの広さと、明るさのバランスで特に高い評価を受けていた。点数はこのあとに紹介するiPhoneXと同じで、同列の7位だ。

7位 Apple iPhone X

ディスプレイ 5.8
解像度 2436x1125
CPU A11
メモリ -
ストレージ 256
バッテリー -
おサイフ
防水 IP67
指紋認証 ×
DSDS ×
重量 174
サイズ 70.9x143.6x7.7

レビュー

世界を驚かせたフルモデルチェンジiPhone。ノッチスマホはここから始まった。ベゼルレスの大画面によって今までと変わらない本体サイズに5.8インチの大画面を詰め込んだ。基本的なスペックはiPhone8/8 Plusと同じだけど、ディスプレイが有機ELパネルになり、指紋認証を廃した代わりに顔認証を搭載した。

iPhone 8 Plusと同じようにデュアルレンズカメラを搭載している。また、背面の材質がアルミからガラスに変わっている。デュアルレンズカメラは広角と望遠で使い分けるタイプで、光学2倍ズームによって遠い被写体も鮮明に捉えられる。

カメラの総合評価は一つ前に紹介したMate 10 Proと同列の7位。ダイナミックレンジの広さ、ホワイトバランスの正確さや、

繊細さと低照度での色再現性の高さで高評価を獲得していた。

6位 Google Pixel 2

ディスプレイ 5(有機EL)
解像度 1920×1080
CPU  Snapdragon 835
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 2770
おサイフ ×
防水 IP67
指紋認証
DSDS ×
重量 143
サイズ

レビュー

GoogleがPixel部門をHTCから買収して発売したGoogle純正のスマホ。他社に頼っていたPixelで息づいていたGoogleの主張が自社開発になってより明確になったスマホだ。立派なハイエンドスマホだからスペックは高いんだけど、更にカスタマイズされていない純粋なAndroidOSが使われていて、動きのパフォーマンスが高い。Snapdragon835と4ギガメモリ、64ギガストレージは十分すぎるスペックで、IP67防水にも対応した。ただ、バッテリー容量が少なく、若干バッテリー持ちが弱い。

今回紹介するスマホで唯一のシングルカメラスマホだ。GoogleがPixel 2を発表したときにDxoMARKでiPhoneXの点数を上回ったことをアピールしたように、カメラに力を入れたスマホで、特に明るい環境、中間の明るさでのノイズの少なさとハイライトのバランスの良さ。

また色再現性の高さで評価が高い。

5位 Xiaomi Mi 8

ディスプレイ 6.21(有機EL)
解像度 2248x1080
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 64
バッテリー 3400
おサイフ ×
防水 ×
指紋認証
DSDS
重量 175
サイズ 74.8x154.9x7.6

レビュー

Xiaomiの最強フラッグシップモデル。完全なハイエンドモデルなのに5万円を切る価格で購入できる異常なコスパのスマホ。6.2インチの有機ELディスプレイとSnapdragon845、6ギガメモリと64ギガストレージとスペックは申し分ない。背面がガラスで出来たディスプレイは美しく、前面はほぼディスプレイで無駄がない。パッと見が少し大きいiPhoneXに見える。

日本未発売ながら完全に日本語に対応していて、DSDSにも対応した。Snapdragon845を搭載したスマホの中で最も安い選択肢だ。

背面のデュアルレンズカメラもiPhoneXと同じように縦に並んでいて、広角と望遠を使い分けるタイプだ。背面カメラとフロントカメラの両方でAIアシストに対応していて、最適な画質に調整してくれる。

カメラは明るいところの明るさをそのままに、暗いところをより明るく撮れるホワイトバランスとオートフォーカス速度で高い評価を得ていた。

Xiaomi Mi 8はGEARBESTだと48,000万円で購入できる。安すぎ。購入方法はこちらを参考にして欲しい。

解説
【実際に買ってみた】GEARBESTのアカウント作成方法と購入方法及び注意点について

Sponcerd


4位 Samsung Galaxy S9 Plus

ディスプレイ 5.8
解像度 2960x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 4
ストレージ 64
バッテリー 3000
おサイフ
防水 IPX8
指紋認証
DSDS ×
重量 161
サイズ 69x148x8.8

レビュー

サムスンのフラッグシップモデルGalaxyシリーズの9作目。日本市場をけん引し続けてきた最強スペックであり、解像度モンスター。5.8インチ有機ELディスプレイに3K解像度を詰め込んだ。絶対にこんなにいらないだろと突っ込みたい気持ちもあるけど、スペックで常に最先端にいるのがGalaxyだから妥協は許されない。

スペックはCPUにSnapdragon845、4ギガメモリ、64ギガストレージと高く、ベゼルレスで5.8インチの大画面有機ELディスプレイを搭載した。また、IPX8の完全防水にも対応した。完全防水に対応したスマホはまだ数が少なく貴重な存在だ。

カメラはすべての明るさでのノイズの少なさや

ダイナミックレンジの広さ、明るさのバランスの良さで高い評価を得ていた。

3位 Huawei P20

ディスプレイ 5.8
解像度 2240x1080
CPU Kirin 970
メモリ 4
ストレージ 128
バッテリー 3000
おサイフ ×
防水 IP53
指紋認証
DSDS
重量 165
サイズ 70.8×149.1×7.65

レビュー

Huaweiのフラッグシップモデル。ここからカメラのランクが1段階上がる。スペックに自社ハイエンドCPUのKirin970と4ギガメモリ、128ギガストレージを備える。5.8インチの液晶ディスプレイはiPhoneXと同じノッチ液晶だ。自社CPUであるKirin970はSnapdragon845と比べるとスペックは劣るものの、十分なハイエンドCPUで、動きは良い。

ボディは背面がガラス製で、前面に搭載された指紋センサーはナビゲーションボタンの役割も果たす。Huaweiおなじみのデュアルレンズカメラはカラーレンズとモノクロレンズで、同時に撮影した画像を合成して高画質写真を生み出す。また、センサーのサイズが1/2.3と大きく、根本的なカメラ性能が違う。俺のメインスマホでもある。

レビュー
【Huawei P20レビュー】カメラ、ノッチ、ハイスペックでハイコスパ

カメラの評価では暗所での安定したクオリティや

ズーム時の精細さで高い評価を得ていた。

セットで安い格安SIM

格安SIMの違いまとめ ⇒ 格安SIMとは?

2位 HTC U12+

ディスプレイ 6
解像度 2880x1440
CPU Snapdragon 845
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 3500
おサイフ
防水 IP68
指紋認証
DSDS ×
重量 188
サイズ 73.9x156.6x9.7

レビュー

長らく密かにAndroid市場を支え続けてきたHTC渾身のフラッグシップスマホ。HTC事態が経営危機に陥っているため今後どうなるかわからないけど、スマホのクオリティは相変わらず非常に高い。

背面はガラス製で、指紋センサー周辺のみがスケルトンになった男心をくすぐるデザインが最高にイカしてる。外観で差別化できている珍しいスマホだ。

スペックにSnapdragon845、6ギガメモリ、128ギガストレージを備える。6インチディスプレイはGalaxyシリーズと同じ超高精細3Kディスプレイだ。実は家電量販店で購入できる貴重なおサイフ機能搭載SIMフリースマホでもある。DSDSには対応していないけど完全防水には対応した。驚異の3K解像度に対して3500mAhバッテリーは少し心細く、バッテリーが弱い。

背面のデュアルレンズカメラは広角と望遠で使い分けるタイプで、カメラ画質はノイズの少なさと高精細さで高い評価を得ていた。

1位 Huawei P20 Pro

ディスプレイ 6.1(有機EL)
解像度 2240x1080
CPU Kirin 970
メモリ 6
ストレージ 128
バッテリー 4000
おサイフ ×
防水 IP67
指紋認証
DSDS
重量 180
サイズ 73.9×155×7.8

レビュー

日本での売り上げでiPhoneを上回った最強カメラスマホ。上位コンデジで採用される1/1.7の巨大センサーをスマホに搭載したことで驚異の高画質を生み出す。また、非常に珍しいトリプルカメラ搭載スマホでもある。Huaweiおなじみのモノクロレンズとカラーレンズを組み合わせる手法をそのままに、3倍望遠レンズを付け足した。他社スマホを引き離したP20よりも更に1ランク性能の高い最強カメラだ。

スペックは下位モデルのP20とほぼ同じで、ハイエンドCPUのKirin970、6ギガメモリ、128ギガストレージを備える。6.1インチのディスプレイは有機ELパネルなので高画質写真を鮮明に確認できる。独特の配色のアルミボディは光の角度によって輝きが変わる。4000mAhバッテリーのおかげでバッテリー持ちも良い弱点のないスマホ。

日本ではドコモからの発売のみで、ツインアプリ機能とDSDS機能が無くなった代わりにおサイフに対応した。個人的にはDSDSに対応した海外版がおすすめだ。

カメラ性能は圧倒的で大型センサーが特に暗いシーンで活躍する。暗所を明るく写しながらも白飛びすることなく高精細で

輝度が高いエリアは当然に明るく写しながら輝度が低いエリアもバランスよく明るく写す。

難しい逆光も全体を驚くほど鮮明に写すレベルの高いカメラだ。

どこの回線を契約するか迷っている人は俺がシム契約を決めた経過もまとめているので参考にして欲しい。

元携帯乞食の私はワイモバイルを選びました

格安SIMとセットで安い
最近は格安SIMがスマホを取り扱っていて、値段も安いものが増えている。セットで購入できるスマホのおすすめもまとめているので確認して欲しい。

ランキング
【2018年版】格安SIMスマホセットおすすめランキングベスト14!

通信速度が早い格安SIM「LIBMO」のレビューしてます

他のランキングも
ガジェマガでは他にもスマホのランキングを多数作成しているので、新しいスマホの購入を検討している人はぜひ参考にしてほしい。

【2018年版】4万円以下の格安スマホおすすめベスト19!
【2018年版】大画面スマホおすすめランキングベスト30!ファブレットならコレ!
【2018年版】おすすめコンパクトスマホランキングベスト9!小型が欲しい!
【2018年版】おすすめ白ロム・中古スマホランキングベスト13!格安スマホは買ってはいけない!
【2018年版】おすすめDSDS対応スマホランキングベスト34!デュアルSIMならこれ!
【CAT S60】米軍導入スマホのスペックが変態すぎて逆に欲しい
【2018年版】人気タブレットおすすめランキングベスト10!初めてならコレ!!

おサイフ機能に拘りたい人へ
おサイフ非対応スマホでもひと手間かければおサイフケータイ化出来ます。

【NFC×Edy】SIMフリースマホをオサイフ携帯にしたら超便利だった!

スマホには黒のシリコンケースをつけよう
せっかく購入したスマホのワクワクを少しでも長く保つために黒のシリコンケースを装着するのがおすすめです。

大切なスマホに黒のシリコンケースをおすすめする理由【P20編】

格安SIM スマホ・タブレット まとめ

2018/9/7

【2018年版】格安SIMスマホセットおすすめランキングベスト14!

格安スマホの完成度が高くなることで、敢えてキャリアスマホを選ぶ必要が無くなってきている。 次は格安スマホを購入しようと考えている人は多いと思うんだけど、そこで悩むのがどの通信会社と契約するかだ。キャリアに縛られない格安スマホを購入するのであれば月額費用も安く抑えたい。 そんな需要に応えるべく最近は格安SIMと格安スマホのセットがかなりお買い得になっている。回線も安いのに、セットで購入すればスマホも安い。今回は格安SIMとセットで安く購入できるスマホのおすすめランキングを作成した。 本日もガジェマガ(@Ga ...

ReadMore

スマホ・タブレット

2018/8/21

【2万円はおかしい】Lenovo S5/Xiaomi Redmi Note 5/P20 lite最強コスパスマホ3機種比較

最強コスパスマホP20 liteのレビューをしたところなんだけど、更にとんでもないコスパのスマホが海外で発売されている情報を掴んだので紹介したい。あまりのコスパの高さにP20 liteを脅かすんじゃないかと密かにブームになっている。P20 liteのレビューは下記から見れるので確認して欲しい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 Lenovo S5 Lenovoと言えば日本ではMotoGシリーズを販売しているメーカーのイメージで、Motoのブランドを冠さないス ...

ReadMore

お得情報 スマホ・タブレット

2018/8/21

【ZenFone5Zが2万円も安い!】中国版Amazonの「GEAR BEST」が要チェックや!!

GEAR BESTって知ってるだろうか。簡単に言うと中国のAMAZONなんだけど、日本への進出も着々と進めていて、最近では日本倉庫まで作ってしまった通販会社だ。AMAZONも楽天もあるなかで更に通販会社の選択を増やす必要があるのだろうかという疑問を抱く気持ちはよく分かるんだろうけど、GEAR BESTには独自の魅力がある。今日はGEAR BESTが同魅力的なのか、具体的に製品を列挙しながら解説したい。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 GEAR BESTの魅 ...

ReadMore

ライフハック まとめ

2018/9/4

【2018年版】生活が変わる!ガジェマガ式買ってよかったモノ18選

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。これからも物欲は尽きることないだろうし、ガジェットに限らず様々な物を購入することになると思うけど、今後は足りないものを補うというより、今あるものをグレードアップする買い物が主流になると思う。 本日もガジェマガ(@Gadgetkaeru)をご覧いただきありがとうございます。 そんな満たされた生活の中でも、俺基準俺調べの買ってよかった商品を、生活に与えたインパクト順にランキング形式でを紹介したい。正直もっと早く買っておけば良か ...

ReadMore

LINE@で更新情報をお届け

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

-カメラ, スマホ・タブレット, まとめ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.