オーディオ

【ikanzi/PASONOMI ワイヤレスイヤホンレビュー】6,000円なら買いです。

更新日:

とうとう俺も完全ワイヤレスイヤホンを購入した。別の記事で完全ワイヤレスイヤホンについてまとめているんだけど、その中から迷いに迷ってPASONOMIのX9ワイヤレスイヤホンを購入した。ikanziからも同じイヤホンが出てるんだけど、販売元が違うだけで全く同じ製品ぽい。

iPhoneXにおすすめな激安完全ワイヤレスイヤホンまとめ【左右分離型】

iPhone7以降イヤホンジャックが無くなったから、ここに来てBluetoothイヤホンの需要が更に高まっている。俺の先日P20を購入したことで、イヤホンジャックを使えない人になってしまったから、新し ...

続きを見る

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

Air Pods高すぎ

完全ワイヤレスイヤホンの先駆けといえばAir Podsで、街でも使っている人を度々見かけるんだけど、17000円とかなりのお値段だったりする。

あいにく俺はアップル信者じゃないからそこまでの金額を出す意味は感じられなくて、類似品が成熟するのをまち続けていた。とうとう類似品の数も増えてきて、品質も成熟してきていたので、今回ikanzi/PASONOMIのX9完全ワイヤレスイヤホンを購入することにした。

ikanzi/PASONOMI ワイヤレスイヤホン

選んだ理由

どこのメーカーか全然わからないんだけど、スペックを見比べながらアマゾンのレビューを信用して購入した。アマゾンは最悪失敗したら返品できるから安心して購入できる。

ちなみに、これより人気がある製品が安くなってはいたんだけど、敢えてikanzi/PASONOMIのワイヤレスイヤホンを選んだ理由はこの2つだ。

  • IPX7完全防水
  • Bluetooth5.0

なにより重視したのは水洗いできることだ。

ワイヤレスイヤホンは耳にはめ込んで使うから汚れやすい。その都度ウェットペーパーとかで拭いても良いんだけど水洗いできると楽だよね。日常的に使うものこそ清潔に使いたいから、完全防水であることを重視した。また、ikanzi/PASONOMIワイヤレスイヤホンはBluetooth5.0に対応していて、より遅延が少なく電力消費が少なくなっている。このおかげでワイヤレスイヤホンとしては長い4時間連続再生を実現している。

開封

外箱は汚い。使えれば文句はない。

箱の中身はシンプルで、イヤホンを充電するためのケースとあとは替えのサイズのイヤーキャップが入っている。

ワイヤレスイヤホンではおなじみだけど、イヤホンの充電ケースを充電することで、イヤホンを収納してる間勝手に充電してくれる仕様だ。

このケースは2200mAhのモバイルバッテリーとしても使うことができて、iPhone一回分程度なら充電出来るらしい。

中にはツルンとした可愛らしいイヤホンが2つ入っている。

このイヤホンは購入した段階だと充電端子部分にビニールテープが貼られている。これを剥がしてケースにセットすると充電を開始する。

赤い点灯が充電中で、充電が完了すると消灯する。

スポンサードリンク

ikanzi/PASONOMI X9 ペアリング方法

見た目がシンプルなだけあって操作もシンプルでやることがない。

ケースから取り外すと自動で電源が付いてペアリングモードに入る。

この状態でスマホのBluetoothの設定画面を開くとX9があるから選択してペアリングする。これで完了だ。超シンプル。

つけてみたところ。サイズが小さくて目立たないし。ワイヤレスだからイヤホンしたまま着替えたり顔洗ったりもできる。とにかくワイヤレスは自由だ。

ikanzi/Pasonomi X9 操作方法

できることは3つだけだ。渦巻きのマークがタッチボタンになっているから、ここに触れて操作する。左右どちらでも出来ることは全く同じだ。

  • 1タップ 再生・一時停止
  • 2タップ 次の曲
  • 長押し SiriまたはGoogleアシスタント呼び出し

本当に最低限で、音量調整は出来ないから音量はスマホ側で操作する必要がある。ただ、Googleアシスタントの呼び出しが思ってるより便利で、アシスタントとのやりとりもPASONOMIのX9を介してできる。普通に喋ってもしっかり聞き取ってくれるからタイマーとかアラームとか気になった調べ物をなにかしながら出来るのは便利だ。

音質、音切れは?

アマゾンで評判がいいだけあって今の所左右の音が途切れたりズレたりということがほとんどない。こんなに細かいパーツでしっかりと音楽を再生してくれていることに驚きを隠せない。音質は自分の耳に自信はないんだけど、低域と中域がしっかりしてる印象だった。以前まで使っていたTaoTronicsよりも音の印象は良い。

初めてのワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンへの憧れが漠然とありながらAir Podsの値段が高すぎて手を出せなかった。以前までは左右がコードで繋がれたTaoTronicsのイヤホンを使ってたんだけど、

71lcbkgkwxl-_sl1000_

最近メンタルをコントロールするためにランニングを始めたんだけど、コードって一歩踏み出すたびに体にあたっていて、その振動がコードを伝わって耳にも来てたんだけどそれが無くなった。しかも汗を書いてもコードが首に引っかかることもない。ランニング中に耳から少しずつずれ落ちてくることもないし、とにかく快適だ。

片耳でも使える

ikanzi/PASONOMI X9は片方のイヤホンだけをスマホとペアリングしても使うことが出来る。通話にも対応しているのでハンズフリーとしても利用可能だ。LINE電話してみたけど音質はよくないながら普通に聞き取れるってことだった。

片耳しか音が聞こえなくなったら?

ワイヤレスイヤホンは常時左右のイヤホンでもペアリングをしているんだけど、たまに左右のイヤホンのペアリングが解除されてしまうことがある。左右のikanzi/PASONOMI X9の左右のペアリングの接続が解除された場合は下記の手順で再接続できる。

  • スマホのBluetoothをオフにしてX9がどこともペアリング出来ない状態にする。
  • X9を両方充電ケースに戻して、背面のセンサーをLEDが2回赤く点滅するまでトントン叩く。

  • 赤く2回点滅したのを確認したらX9をケースから取り出して、背面のセンサーを長押しする。

  • LEDが赤→青と繰り返し点灯する状態になれば左右のイヤホンのペアリングモードなので、2つのイヤホンを近づけておけばペアリングされる。
  • されない場合はケースに戻すところから繰り返す。

汚れやすい

予想通りだったけどやっぱり汚れやすい。装着感を高めるために耳の形に沿った形状になっているんだけど、耳の汚れがもろに付く。水洗いできるイヤホンにしといてよかったし、意識的に耳を綺麗に保つようになった。

デビューはとりあえずX9で

なんてったって6,000円台で完全防水で4時間連続再生できるイヤホンは他にない。心配していた音質、音飛び、音切れも無かったから、ワイヤレスイヤホンの購入に迷っているひとはikanzi/PasonomiのX9を購入すれば間違いない。うずまきデザインダサいなぁって思ってたけど、小さいから全然目立たない。Bluetoothイヤホンにありがちな、利用中青いLEDが点滅したり点灯したりすることもないのも嬉しい。品質もデザインも良かったので迷っている人は安心して購入して欲しい。

追記

片方使えなくなってサポートに問い合わせたところ新品交換してくれました。サポート体制も万全でおすすめです。

PickUp

 

LINE@始めました。


更新情報をお届けします。ご登録おねがいします。

LINE@を友達追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ガジェマガ(中の人)さん

奈良出身渋谷区在住の31歳会社員。ヘッダーの鹿は奈良愛の象徴。小学校でポケモンとハイパーヨーヨーにハマり、中学校でマジックザギャザリング、高校でPS2、そして大学でスマホに取り憑かれたオタク。今では立派なスマホ依存症。嫌いなものはパリピと邦画。ふざけた文章書くのが大好きな大人になり切れない大人。更新情報や日々の雑感をツイッターで呟いています。よければ下のツイッターマークからフォローしてください。喜びます。

【逃げることには全力。ガジェマガを書いている理由。】

RECOMMENDED

1

いよいよ一人暮らしも5年目に突入しようとしていて、欲しいモノは一通り買ってしまった。 本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。 これからも物欲は尽 ...

2

一人暮らしは時間効率との戦いだ。8時間睡眠をとって、9時間働いて、2時間通勤するだけで19時間だ。信じられないかもしれないけど1日は24時間だから、残りは5時間しかない。この5時間をいかに解放するかが ...

3

ツイッターで#ブロガーの作業部屋晒しタグが出回って、たくさんのブロガーが自分の作業環境写真を上げていたんだけど、人の部屋見るのって超面白い。というのもやっぱりブロガーなだけあってパソコンに向かう時間が ...

4

最強コスパスマホP20 liteのレビューをしたところなんだけど、更にとんでもないコスパのスマホが海外で発売されている情報を掴んだので紹介したい。あまりのコスパの高さにP20 liteを脅かすんじゃな ...

-オーディオ

Copyright© ガジェマガ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.