Bycicle

2万円あればクロスバイクをドロップハンドル化できる!

投稿日:2016年8月27日 更新日:

ドロップハンドル欲が抑えられなかった。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

ドロップハンドル化した

クロスバイクをドロップハンドルに変えて1週間ほどたったので、ブルホーンハンドル、フラットハンドルと比較したメリットとデメリットと、カスタム方法を書きたい。一番懸念していたブレーキは、ミニVブレーキを付けることで、STIレバーでも違和感なくブレーキができた。
IMGP5885

 

メリット

ブレーキと変速が同時にできるようになった

想像以上に便利

見た目がよくなった

嬉しい

より前傾姿勢がとれるようになった

状況に応じていろんな姿勢で乗れる

スピードを出しやすくなった

空気抵抗がへった?

 

一番のメリットは目的でもあったブレーキと変速が同時にできるようになったことで、高速でも安全に運転できるようになった。それに見た目がドロップハンドルなのはいかにもロードバイクという感じでかっこいい。ドロップハンドルは持つところがたくさんあるので、状況に応じて楽な姿勢や、空気抵抗が少ない姿勢など使い分けることができるのが楽しい。

どの姿勢もフラットバーやブルホーンハンドルと比べると前傾は増しているので空気抵抗が少なく、楽にスピードを出せる。意識せずに25キロ、少し意識して30キロ、頑張って40キロ以上と、30キロ出すのがとても簡単になった。

 

デメリット

ブレーキの調整が難しくなった

STI側にブレーキの調整がない

重くなった

STIもドロップハンドルも重量は重い

姿勢がきつい

駐車しにくい

思ったよりドロップハンドルが邪魔だった

 

ブレーキの調整が難しい。STIレバーは通常のブレーキと違ってレバー側にブレーキ調整がない。その代わりキャリパーブレーキ側に調整があり、ブレーキシューが減ってきた場合はキャリパーブレーキ側でワイヤーの長さを調整する。
TDU2014BIKE_FDJ04

ところが今回はクロスバイクをドロップハンドル化したので、キャリパーブレーキを付けることができず、Vブレーキのままだ。つまりブレーキ側にもレバー側にもブレーキの調整がなく、ネジを回すだけの簡単なブレーキ調整ができない。これは盲点だった。

220px-Avidrimbrake

更にパーツの一つ一つが重いため、合計で500グラム強重くなった。姿勢もきつくなるため慣れるまでは少しつらい。意外だったのが駐車のしにくさで、手すりに立てかけてロックするときに必ずドロップハンドルの下部が邪魔になる。そのため一度前輪を軽く持ち上げて、ドロップハンドルの下部に手すりを超えさせないといけなくなった。

 

総合的に

比較するとデメリットのほうが多く見えるけど、楽にスピードを出せて、高速で運転しながら安全にブレーキと変速ができるようになったのは何より大きい。そもそも自転車なんて趣味のものなのだから、姿勢とか駐車とかどうでもよくて、好みの見た目に変わることが一番だと思う。しかし、今回のカスタムによって重量はロック込みで11.7キロまで増え、別記事で紹介しているTOTEMの13B407のコスパの良さが改めて浮き彫りになった。

【参考】3万円以下のロードバイクがクソな理由を考えてみた

 

カスタムに必要な工具

レンチ

(各種工具の取り付けに)

ドライバー

ブレーキの調整に

ハサミ

パーツを結束バンドから取り外すときや、バーテープのカットに

テープ

ブレーキワイヤーをハンドルに仮止めするため

ニッパー

太いワイヤーをたくさん切るので、これだけは本格的なものを使いたい。間違ってもダイソーのニッパーを使ってはいけない。

カスタムに必要なパーツ

ドロップハンドル(25.4mm)

STIレバー(ST2400)

コラム

ステム

バーテープ

miniVブレーキ

 

今回の作業のために購入したパーツはこれだけあり、総額は19,062円だった。
IMGP5823

IMGP5838

スポンサードリンク

インナーワイヤーとアウターワイヤーが全く入っていないが、これはST2400を購入することですべて入っているからで、ワイヤー類は全く購入しなくてもいいから気を付けてほしい。俺はたくさん買ってしまった。アマゾンで買わなかった細かい工具はすべてダイソーで揃えた。

 

作業開始

ブレーキ取り付け

まずはVブレーキをミニVブレーキに交換する。これによってブレーキに必要な引きしろを短くし、STIレバーが利用できるようになる。

IMGP5824

驚くことに小さくなるのに重量は全く変わらなかった。

IMGP5826

IMGP5828

スポンサードリンク

もともとついてたVブレーキを開放してやり

IMGP5825

ミニVブレーキに交換する。

IMGP5830

前輪も同じように交換した。あとでワイヤーも交換するので調整は雑で良い。

IMGP5831

 

ハンドル取り付け

次にハンドルに取り掛かる。

IMGP5833

ついてるパーツをすべて取り外す。

IMGP5836

そしてハンドルを外す。

IMGP5837

ここで問題が起きた。この形状のステムだとカーブが強いドロップハンドルは取り付けられない。

というわけで急遽コラムとステムを購入した。注文した日に商品を届けてくれるアマゾンに頭が上がらない。

IMGP5838

以前のステムは重量227グラムなのに対して、

IMGP5852

スポンサードリンク

今回購入したコラムとステムは重量380グラムだった。

IMGP5856

スポンサードリンク

コラムとステムを取り付けるとこうなる。これでドロップハンドルを取り付けられる。

IMGP5841

以前つけていたブルホーンハンドルが241グラムなのに対して、

IMGP5851

今回取り付けるドロップハンドルは346グラムだった。重い。

IMGP5854

ハンドルを仮止めする。微調整はあとでする。

IMGP5842

 

STIレバー取り付け

ここからSTIレバーの取り付けを行う。以前のブレーキは89グラムと154グラムだ。

IMGP5847

IMGP5848

それに対してSTIレバーは二つで488グラムにもなる。重い。

IMGP5846

STIレバーの取り付けはハンドル接合部のわっかを緩めることで行う。

IMGP5843

このわっかは六角クランクで緩める。

IMGP5844

スポンサードリンク

仮止めするとかなりそれっぽくなってきた。この段階ではまだブレーキが効かないので試乗は厳禁だ。

IMGP5867

SITレバーにブレーキレバーを通す。

IMGP5857

更にアウターケーブルを通してテープでハンドルに仮止めする。ケーブルをブレーキにつなげたら何度か強めに握って初期伸びを取る。

IMGP5862

次にシフトケーブルを通す。

IMGP5864

更にアウターケーブルを通して変速を使えるようにする。

IMGP5869

シフトケーブルを初めて交換した際はディレイラーに接続する前に自分の力で引っ張れる限り引っ張りながらディレイラーに固定する。その後にシフトケーブル調整ネジを反時計周りに回してやることで、ケーブルを更に張ることができるので、実際に変速しながら調整しよう。

IMGP5888

各ケーブルの先端はいい感じの短さに切ってあげて、ほつれないようにキャップをかぶせる。このニッパーは切りにくいと評判のアウターケーブルも一瞬で切り落としてくれたのでかなりお勧めだ。

IMGP5870

アウターケーブルをハンドルに仮止めするとこんな感じになる。

IMGP5871

ここからバーテープを巻いていくので、STIレバーの位置の最終調整を行う。ハンドル上部は以前使っていたブルホーンハンドルと同じ感覚になるように調整した。また、巡行で使うハンドル下部は見た目が美しくなるように地面とほぼ平行になるように調整した。
IMGP5476 - コピー

IMGP5867

 

バーテープ巻き

バーテープのコツは様々あるが、パッと見できれいで、ほつれなければいいので神経質にならなくていい。とにかく力の限り引っ張りながら巻いていってほしい。

IMGP5873

少し余らせた先端はエンドキャップで押し込む。ちょっと汚くなったが気にしない。

IMGP5875

難しいのはSTIレバー周辺で、巻き方をいろいろ調べてみたものの、特に決まりはなさそうだった。下側のゴムをめくりあげる。

IMGP5876

思い切りバーテープを引っ張りながら下から上に巻く

IMGP5877

スポンサードリンク

戻ってきて下側を巻く。しっかりと引っ張る。

IMGP5878

裏側から上部に移動する。あとは残りのハンドルをまけば完成だ。

IMGP5879

巻き終わってライトとサイコン、バックミラーを付けるとこうなる。バーテープのエンド部が汚いが気にしない。

IMGP5882

 

完成

これで作業が完了した。以前のブルホーンハンドルと比べるとこうなる。
IMGP54762

IMGP5885

いいんじゃないだろうか。ちょっとごちゃついたが、よりスポーティーな印象になった。満足。

本記事で使ったモノ

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-Bycicle