WordPress

サムネイルのサイズを変更してから一括で作り直せる「Regenerate Thumbnails」

投稿日:


サムネイルサイズを変更したは良いものの、またすべての画像を追加するのってめんどくさい。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

そんな時に活躍するのがこのプラグインだ。

 

サムネイルサイズ

そもそもサムネイルって何って話からになるんだけど、サムネイルは記事一覧画面に表示されている記事の顔と鳴るべき画像を指す。

ワードプレスは構造上画像を追加すると自動で3つのサイズの画像を作成するようになってるんだけど、その中でサムネイル専用画像のサイズも設定ができる。

ワードプレスの設定からメディアに入ると

その作成する3つの画像のサイズを変更できる。今回は個々のサムネイルのサイズを300×300だったものを330まで大きくした。

これで変更設定自体は完了するんだけど、その変更が適用されるのって今後追加する画像であって、今まで追加した画像に関して変更設定が適用されない。

同じ画像を一つずつ追加していけば解決はするけど手間すぎる。そんな手間を解決してくれるプラグインが「Regenerate Thumbnails」だ。

 

Regenerate Thumbnailsプラグイン

Regenerate Thumbnailsは過去に追加した画像のサムネイルを改めて作り直してくれる便利なプラグインだ。

早速インストールする。プラグインの新規追加から「Regenerate Thumbnails」で検索して、インストール、有効化する。

有効化するとツール内からRegenerate Thumbnails設定画面に入る。

上のボタンが

「全画像に対してサムネイルを作り直す」

下のボタンが

「サムネイルで使われている画像のサムネイルを作り直す」

という意味に鳴るので、今回は下を選択してサムネイルを作りお直した。

 

こんなときに

記事一覧画面のサムネイルサイズの大きさを変更した時に、サムネイル画像のサイズがそのままだと画像が引き伸ばされて荒くなってしまう。それを回避するときに役立つ便利なプラグインだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-WordPress