SmartPhone/Tablet

できる大人はSIMカッターで1分でSIMサイズを変更する

投稿日:

SIMサイズの変更ってしたことあるだろうか。

本日もガジェマガをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

新しいスマホを購入したときにSIMサイズが違って入らなかった経験はないだろうか。俺はすごくある。実はSIMカードには大きいほうから順にフルサイズSIM、マイクロSIM、ナノSIMと三種類のサイズがある。

サイズ変更は3000円かかる

このSIMサイズ変更はショップに持ち込むことでやってもらえるんだけど、事務手数料で3,000円かかる。実は俺にはずーっと昔から電話専用でガラケーに入れっぱなしのSIMがあるんだけど、今ってもうLINEがあるから電話とかほとんどしないじゃん?だから電源切ったままずっと放置してた。で、たまに電源を入れてチェックするとLINEも知らない古い友人から不在着信が入ってたりして、これはまずいなと思っていた。

DSDS機能を活かす

そういえば俺が使ってるMotoG4PlusはDSDS対応で、二つのSIMが使えるんだから、使わない手はない、ということで、SIMを入れ替えようとしたんだけどサイズが違う。かといってショップに持ち込むのもめんどくさいし、3000円払うのも癪に障る。なら自分でやってしまおうということで、SIMカードカッターを購入したので、今回はその紹介をする。

DSDS機能とは

ちなみに、すでに知ってる人も多いと思うけど、DSDS機能はデュアルシムデュアルスタンバイ機能の略で、1つのスマホに2つのSIMカードを入れることで、2つの電話番号を使えるようにしてしまう機能だ。DSDSについての詳細や、DSDS機能が使えるスマホについてはDSDSスマホランキングで解説してるから是非見てほしい(DSDS対応端末ランキング

このSIMカードカッターはAmazonでたった645円とびっくりするくらい安い。SIMサイズ変更の手数料って3000円だから余裕で元が取れるし、しかも今後のサイズ変更も自分で対応できるようになる。

スポンサードリンク

 

SIMカッターを使う

ということで早速購入した。こういう商品って大体いかがわしい袋に入って届くんだよね。

中身はこんな感じ。この中で本当に必要なのって真ん中のパンチだけだから、ほかはすべておまけだと思っていい。

パンチの構造は単純で、SIMをはめ込んで握れば好きなサイズのSIMにカットしてくれるっていうだけのものだ。

それぞれのサイズのSIMアダプタが2種類ずつおまけでついてくる。内容が太っ腹すぎ。

さてそして常に電源が切れているガラケがこれ。

この携帯からフルサイズのSIMカードを取り出す。

パンチにせっとする。

握るとマイクロSIM部分が切り落とされる。

完成。簡単すぎ。

スポンサードリンク

切り落としたSIMは鋭利なので付属のヤスリで整える。

MotoG4PlusのマイクロSIMにピッタリ入る。

デュアルSIM設定画面が勝手に起動するので設定して終わり。

実は初めてのSIMカットとデュアルSIMなんだけど、驚くほど簡単だった。

DSDSは便利

2つのSIMを入れることで、電話の発信とSMSの発信の際はどっちの番号で発信するかを選べるし、着信したときはどっちの番号宛に着信しているのか表示されるから、全く迷うこともない。これは便利だわDSDS。

MotoG4Plusはコスパ高い

ちなみにMotoG4Plusは新型のMotoG5Plusがでたことで値下げされて、日本でDSDSできる機種として最もコスパがいい端末なので、世の中から在庫がなくなる前に購入するのがおすすめ。(Moto G4 Plusレビュー

DSDSランキングも

DSDSできる端末のコスパをランキング形式で紹介した記事もあるから、DSDSに興味がある人は是非そっちも見てみてね(DSDS対応端末ランキング

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-SmartPhone/Tablet