SmartPhone/Tablet

au版GALAXY NOTE 3(SCL22)のSIMロックを1分で解除する方法

投稿日:2016年1月1日 更新日:

俺が愛用している au版 GALAXY NOTE 3(SCL22)は一瞬でSIMロックを解除できる端末として有名だ。SIMロックを解除さえしてしまえばMVNOや海外SIMなど自由に活用できるようになる。

IMGP5327.jpg→Galaxy Note 3を使う前に設定したい5項目
imgp6031→ギャラクシーノート3を大型バッテリーに換装して余裕で2日使える無敵のスマホにする

→SIMフリー端末にMVNO(IIJmio)のアクセスポイント(APN)を設定する

バージョンの確認

まず俺が使っているau版GALAXY NOTE 3(SCL22)のバージョンはこちら

2.jpg

Androidバージョン
4.4.2
ベースバンドバージョン
SCL22KDU2FOA2

これ以外のバージョンでSIMロック解除が問題なくできるのかは確証がもてないので、バージョンが違う場合は改めて調べてもらいたい。バージョンは設定の端末情報から確認できる。

SIMフリー完了前と完了後の画面の違い

これがドコモSIMをいれて起動した画面。SIMロックが解除されていないのでキャリア表示もなければ電波すらつかんでいない。

3.jpg

対して、SIMフリー化が完了した画面がこちらだ。

6.jpg

スポンサードリンク

NTT DOCOMOの表示の有無がSIMフリー化できたかどうかを見分けるポイントなので、ここまで来れたらあと一息だ。

■SIMフリー化作業開始

ダイヤルアプリを起動する。

ダイヤル

以下の番号を入力する
#7465625*638*#

4.jpg

ネットワークロックのコントロールキーの入力を求められるので好きな数字を入力する。
俺はいつも0000を入力する。

5-1.jpg

これでSIMロックの解除が完了する。ロック画面を確認するとNTT DOCOMOの表示があれば完了だ。

6.jpg

このあとにアクセスポイント(APN)を設定することで
LTE,H,3G
のいずれかが表示されれば通信も可能になる。
~SIMフリー端末にMVNO(IIJmio)のアクセスポイント(APN)を設定する~

100.jpg

これだけだ。再起動した場合は自動でロックがかかるので、再度同じ作業をしてもらいたい。

■これでダメなら

au版GALAXY NOTE 3は標準ではauの電波のみに接続する設定になっているため、MVNOのSIMを入れてからSIMロックを解除しても接続できない場合がある。そんな時は次の方法でMVNO(ドコモ)の電波に接続できるように設定する。
再度ダイアルアプリを選択する。

ダイヤル

「*#0011#」を入力して10秒ほど待つ。
note3sim1.jpg

ServiceModeが立ち上がる。

note3sim2.jpg

物理ボタンのメニューキーを入力して「Back」を選択する。

note3sim3.jpg

スポンサードリンク

これを3回繰り返す。なにも画面は変わらないけど3回繰り返す。

note3sim3.jpg

次にメニューから「Key Input」

note3sim4.jpg

文字入力を求められるので「Q0」と入力して画面が切り替わるまで10秒間ほどまつ。

note3sim5.jpg

[1]UMTSを選択

note3sim6.jpg

スポンサードリンク

[1]DEBUG SCREENを選択

note3sim7.jpg

スポンサードリンク
[8]PHONE CONTROLを選択

note3sim8.jpg

[7]NETWORK CONTROLを選択

note3sim9.jpg

[2]BAND SELECTIONを選択

note3sim10.jpg

[1]Automaticを選択

note3sim12.jpg

[1]Automaticを選択

note3sim14.jpg

スポンサードリンク

再度画面の右上を確認して
LTE,H,3G
のいずれかが表示されれば通信も可能になる。

100.jpg

■この方法は GALAXY NOTE 3 でのみ使える

GALAXYシリーズはGALAXY NOTE 3(SCL22)に限らず、非常に簡単にSIMロックを解除できることで有名だ。やりかたはそれぞれ微妙に違うので、端末ごとにSIMロックの解除の仕方を調べてほしい。

■SIMフリー端末を探しているならGALAXY

また、GALAXYシリーズは発売時は常に最高クラスのスペックを誇りながら、ほぼ全機種投売りされた過去を持つため、弾数が多く、中古相場も安い。SIMフリー端末を探すのであれば非常におすすめの端末だ。実際俺が愛用しているGALAXY NOTE 3(SCL22)はヤフオクで25,000円で購入した中古品で、もう一年以上活躍してくれている。

■番外編 ~バッテリーの消費を抑える方法~

GALAXY NOTE 3(SCL22)はServiceModeの項目を設定することでバッテリーの節約をすることができる。現在日本で使われている電波は3Gと4G(LTE)があるが、スマホは常にこの2つの電波を探している。この内のどちらかをOFFにすることで、電波の探索にかかるバッテリーの消費を半分に抑えることができる。

■それぞれの電波にはメリットとデメリットがある

3Gと4Gどちらの電波を選ぶかだが、古くからガラケーで使われていて日本全国をくまなく網羅しているのが3Gだ。それに対して、網羅しているエリアは3Gほど広くはないがスピードが圧倒的に早いのが4Gだ。だが3Gのスピードも侮ることはできない。huluぐらいなら全く問題なく視聴することができる。

■充電できないときに

今回は電波の探索を3Gのみにする方法を紹介する。GALAXY NOTE 3(SCL22)は電池もちが非常にいいため、それほどバッテリーの減りを意識することはないかもしれないが、いざというときに備えて、バッテリーを長持ちさせる方法として記憶して参考にしてほしい。
上で紹介したServiceModeの設定で、[1]Automaticを選ばずに、[2]WCDMA Band Preferenceを選択しよう。これが3Gを意味するキーワードだ。

note3sim15.jpg

次の画面で3Gの全ての帯域を探索する。[6]WCDMA ALLを選択する。

note3sim18.jpg

スポンサードリンク

画面の右上を見て、3G,Hのどちらかが表示されていれば成功だ。

100.jpg

IMGP5327.jpg→Galaxy Note 3を使う前に設定したい5項目
imgp6031→ギャラクシーノート3を大型バッテリーに換装して余裕で2日使える無敵のスマホにする

→SIMフリー端末にMVNO(IIJmio)のアクセスポイント(APN)を設定する

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-SmartPhone/Tablet