SmartPhone/Tablet

スマホの水没・紛失・盗難・乗り換えで役立つ超簡単なバックアップ方法を解説!

投稿日:2017年7月28日 更新日:

当サイトをご覧いただきありがとうございます。ガジェル(@Gadgetkaeru)です。

突然だけどみんな日々スマホの故障・紛失・乗り換えに怯えながらししながら生きてないだろうか。俺ぐらいの携帯乞食にもなると、スマホの乗り換えなんて月イチのNHK集金のようなもので、少しやっかいなだけの日常だ。だからいつでも気軽に端末を乗り換えられるように普段からバックアップ設定をしている。

この設定は乗り換えだけじゃなくて、突然の紛失、盗難、故障にも即座に対応できるというメリットがある。どんなに気を付けていてもスマホを失う日は必ずくる。俺が日防水携帯をポケットに入れたままプールに入ったようにだ。そんなときに1日でも連絡が取れなくなると困る。そんな不測の事態に備えて、翌日には今まで通りの環境で動けるように設定しておくことが重要だ。この記事はすべてのAndroid保持者に捧げる。速やかに設定してほしい。

 

自動バックアップ

重要なのは普段から勝手にデータがバックアップされる環境を作ることだ。なぜならバックアップを取るという作業自体にバックアップを取り忘れるリスクがある。そのためにまずはクラウドに依存する環境を構築する。ウェブ上にデータを保存するクラウドは不安だから使わないという人がいるなら、もうそこら中が監視カメラだらけだし、ストリートビューであなたの家もウェブに公開されてる時代だから諦めてほしい。500円の金券であしらわれる程度の個人情報を大事にするより、いつ起こるかわからない災害に備えよう。

 

重要項目

俺がバックアップで重要だと思う項目は以下だ。

カレンダーデータ

メールデータ

連絡先データ

ブラウザのお気に入り、キャッシュデータ

画像データ

LINEデータ

 

多くの人はこの項目で賄えるはずなので、今回はこれ以外は無視する。これだけあればとりあえずの復活はできる。

 

カギはグーグルアカウント

拍子抜けで申し訳ないけど、実は一番下のLINEデータ以外は全部グーグルアカウントでバックアップが取れる。そしてアンドロイド端末を使っている以上グーグルアカウントの登録は必須なので、しっかりとグーグルアカウントに依存しよう。そのうえでキチンと依存できているかを確認したい。

グーグルアカウントのメリットはそれ一つで複数種類のデータをバックアップできることで、ここに書いているサービスでグーグル以外のものを使っている場合は将来のことを考えてグーグルに切り替えよう。

 

アカウントの同期を確認する

まずアカウントの同期状態を確認する。

①設定からアカウントへ進む。

②自分が普段メインで使っているメールアドレス以外に意図せず同期されているアカウントは同期をオフにする。

③メインメールアドレスの同期設定を確認する。すべてオンでいい。

繰り返すが、ここで同期されていれば、別の端末に切り替えても同じアカウントでログインするだけで、カレンダーとメール、連絡先はすべて元通りになる。

 

連絡先

ただし連絡先データは注意が必要で、実は連絡先の保存先はアカウント、端末、シムの3か所がある。この内自動で同期できるのはアカウントの連絡先のみだ。もし端末とシムにも連絡先を登録している場合はそれらをすべてアカウントに移行したい。

 

そのための手順はまず連絡先で表示を端末のみにして

スポンサードリンク

①それをエクスポートする。エクスポート先はどこでもいい。

②そのあとにそれをインポートする。この時にインポート先をメインのグーグルアカウントにする。

これで解決だ。

 

ブラウザ

ブラウザのお気に入りキャッシュデータ

 

まず普段使っているブラウザをパソコンもAndroidもChromeに切り替える。これが重要だ。

そしてスマホでクロームを起動して右上の設定からログイン項目に進み、ログインする。

この時に同期設定をすることで、お気に入りとパスワードなどのログイン情報や閲覧履歴も同期される。しかもパソコンで追加した項目は漏れなくスマホに反映されるぞ。

 

フォト

これもAndroid標準の画像アプリについているバックアップ機能を使う。残念ながらオリジナルサイズでのバックアップは容量制限があり、追加容量を購入する場合は有料になるが、オリジナルサイズではなく高画質に設定することで、容量無制限でのバックアップができる。スマホでの写真は高画質で保存できれば十分だろう。

①まずフォトを起動する。

②その後に下の項目からアルバムを選択し、カメラを選択する。

③そこで同期設定がオンになっていることを確認する

①その後左上のメニューに進む

②設定を選択

③バックアップと同期を選択する。

①バックアップと同期がオンになっていることを確認する。

②高画質を選択する。これで容量無制限で保存できる。

 

LINE

最後にLINEデータのバックアップについて。これはちょっとめんどくさい。

 

①まずLINEを起動する。

②項目一番右の設定に進み、右上の歯車を選択して詳細設定に進む。

③トーク選択する。

スポンサードリンク

①トーク履歴のバックアップ・復元を選択し

②Googleドライブにバックアップするを選択

③Googleアカウントででログインしよう。

あとはその上のバックアップボタンを押すことで、その時までのトーク履歴をすべてバックアップしてくれる。

これでスマホが変わったとしても、Googleアカウントでログインし、復元する、というボタンを押すことで一瞬でその日までの全トーク履歴を復元できる。

LINEのめんどくさいところは自動バックアップではないことで、定期的にバックアップを取っておかないと万が一スマホを紛失したときに直近のバックアップ履歴が残っておらずな気を見ることになるので、1月に一回はバックアップを取るようにしたい。

 

おつかれさまでした

これでバックアップの設定は完了だ。これをやっておけばいざスマホを紛失したとしても、なにもこわくない。新しいスマホの購入してWiFiに繋ぐだけで翌日には復活できる。あとはSIMカードの再発行ぐらいか。端末の出費は痛いが、今はAndroid端末は性能のいいものでも3万円以下で買えてしまう。そういう意味でもiPhoneよりアンドロイドを使うことをお勧めしたい。

俺のおすすめはモトローラのMotoシリーズだ。レビュー記事もあるので是非参考にしてほしい。

【レビュー】浮気端末と呼ばないで。Moto G4 PlusはLINEアカウントを2つ持てるすごい奴!

 

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-SmartPhone/Tablet