Gadget Review

にわかミニマリストがabrAsus(アブラサス)の薄い財布ブッテーロレザーエディションを買ってみた

投稿日:2017年1月7日 更新日:

初代ピコ太郎を名乗るおしゃれな友人が記事を寄稿してくれたので公開したい。俺はガジェットについてばかり書いているので、別ジャンルの記事は助かる。

購入に至った経緯

これまでグッチのサイフを使っていた。
image1

良い感じに味が出ている。7年前に働き出して初めて出たボーナスで購入した思い出の財布だ。ポケットに入らないことはないが、入れるには大きすぎるので外出するときはボディバックに入れている。最近、身近なものをできるだけコンパクトにしており、財布もポケットに入る二つ折りのものにしたかった。

候補1 ホワイトハウスコックスの二つ折り

当初は革製品で定評があり、ユナイテッドアローズなどセレクトショップでもよく見る、ホワイトハウスコックスの二つ折りの財布を購入する予定だった。
image2

スポンサードリンク

候補2 ホワイトハウスコックスの三つ折り

購入するにあたって調べてみると三つ折りの財布がホワイトハウスコックスでは定番のようだ。
image3

現物の確認

値段が35,000円~45,000円と高いので実物を確認してから購入しようと思い実物を見に行ったが、

  • 財布をコンパクトにしたいので新しい財布を探していたが、三つ折りは思っていたよりも大きかった。
  • 二つ折りの方は今使っている財布よりも小さくなるが、正直安い革財布と違いがわからなかった。

ホワイトハウスコックスの二つ折り財布を買う予定で他に欲しいと思う財布も無かったので、そのうち欲しい財布が出てきたら買おうと思ったが、一度財布が大きくて持ち運びしにくいと思うと早く新しい財布が欲しくてしょうがなかった。

ここで、そもそも今の財布よりもコンパクトな財布にしたいというのが買い替えたい理由なので有名なブランドとかではなく、コンパクトな財布で探してみることにした。

スポンサードリンク

コンパクトを売りにしている財布

どんなコンパクトな財布が有るか調べた時に、今回購入した「薄い財布」を見つけた。前から存在は知っており少し気になっていた財布だった。

他にも無いか探してみたところ、同じブランドで「小さい財布」というものがあった。image4

image5

どちらにしようか迷ったが、小さい財布の方がコンパクトだが小銭入れが使いにくそうなので「薄い財布」を購入することにした。本当は実物を確認してから購入したかったが、近くの取扱店舗を探してみたがどこで取り扱っているのかわからなかったのと、当初購入しようとしていた財布が4万円前後で、1万8000円の「薄い財布」が安く感じてしまったのでネットでポチっと注文してしまった。

アブラサス「薄い財布」のブッテーロレザーエディション

革の素材が何種類かあったが、革のエイジング(経年変化)を楽しみたいのでブッテーロレザーエディションにした。

届いたので開封してみた。白い袋に箱が入っていた
image6

薄い財布と呼ばれているだけだと思っていたが、商品名が薄い財布と言うようだ。何のひねりもない。
image7

image8

箱から出してみると革の良い匂いした。
image9

上から
image10

横から
image11

スポンサードリンク

内側はこんな感じ
image12

実際にお金とカードを入れてみた。
image13

カードは真ん中に収納できるようになっており、クレジットカードや免許証の厚さのカードが5枚まで入るようになっている。6枚入れようとすると少しきつい感じがする。今までの財布にはポイントカードなどを含めて、10枚以上入っていたのでこの機会に厳選した。というより、5枚しか入らないので厳選せざるを得なかった。厳選した結果、免許証・保険証・クレジットカード・キャッシュカードの4枚を入れることにした。病院の診察券やポイントカードは行くときに中身を入れ替える。

上側のお札止めは磁石とかが無いので革に変な癖をつけないように気を付けたい。
image14

購入の決め手になった小銭部分。
image15

500円×1枚、100円×4枚、50円×1枚、10円×4枚、5円×1枚、1円×4枚の合計15枚、999円分入る設計になっている。これからは精算の際に出来る限り小銭が少なくなるよう計算する。というかしないといけない。今まで使っていた財布に入っていた小銭をそのまま移してみたが5枚しかないので当たり前だがかなり余裕がある。また、一目で中の小銭がわかるようになっているので使いやすいと思う。

大きさを比べてみる
image16

image17

財布自体は二つ折りと同じぐらい
image18
何も考えずに写真を撮ったので、今まで使っていた財布の方はカードや小銭など中身が入っておらず、今回購入した方にはカードを入れているのであまり薄くなったようには見えない。だが、実際にポケットに入れてみると重さも軽く、財布でポケットがほとんど膨らまないのでかなり薄くなっている。

 

最後に

実際手に取ってみて随所に薄くするためのこだわりがあり、デザインも洗練されている。持ち運べるカード枚数に制限があるなど、これまでの財布とは違うので使っていると不便なところがあるかもしれないが、にわかミニマリストとしては財布がコンパクトになったのですごく満足している。気が向いたら、実際に使ってみた感想・革のエイジング(経年変化)の記事を書いてみたい。

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

精霊(@gadgetKaeru)は考えた
安いのに話題性もあるしコスパたかいんじゃね?
profile
文体が違いすぎてわらう。ちなみに執筆者もブログ始めました。http://oregapikotaro.com/
profile

-Gadget, Review