Review SmartPhone/Tablet

【レビュー】Apple Watch Series 2はこれができる!!使い方をわかりやすく解説!!

投稿日:2016年12月18日 更新日:

アップルウォッチに肩透かしをくらった俺が、俺の俺による全人類のためのレビューを書く。アップルウォッチの存在意義が世間的にもやっとしてる理由と、魅力と欠点が認識できると思う。
img_0143

アップルウォッチへの幻想を捨てる

まずこれから購入を検討している人が大きな肩透かしをしないように、アップルウォッチに代表されるウェアラブルデバイスの立ち位置を認識することが重要だ。単独での入力操作が不便なウェアラブルデバイスは、基本的にはスマートフォンありきのデザインで設計されている。例えばアップルウォッチで確認した通知に対して、アップルウォッチの小さく操作しにくい画面で返信しようという考えはナンセンスで、ポケットに大画面スマホがある限り、スマホを使わない理由はない。

ウェアラブルデバイスの最大の弱点は入力操作で、スマホが存在し続ける限り操作性では勝てない。それがグーグルがグーグルグラスの開発を諦めた原因であって、アップルウォッチの設計の根幹でもある。スマホの補助に徹するのがウェアラブルデバイスの正しい姿なのだ。この認識がないと俺みたいにガッカリして売却を検討しまうから気を付けてほしい。基本的に入力操作はできないし、できたとしてもしない。
google_glass_with_frame

 

機能でみるアップルウォッチ

別記事にもできることは多数書いてあるけど(俺の記事を読む)、俺がアップルウォッチを日常的に利用する用途は下記5点だ。俺に限らず多くの人がこうなると思う。

img_0153

時間、日付の確認

気温の確認

消費カロリーの確認

各種通知の確認(メール、カレンダーの予定、明日の天気、LINE、Twitter)

Suicaの利用

どれも一瞬で確認したい情報ばかりだ。時間、日付は生きていくうえで欠かせないし、外出前に現在の気温を確認できるのはありがたい。消費カロリーは食事量の調整に役立つ。さらに各種通知は気づくことに意味があるので、返信の必要性を判断するために腕もとで一瞬で確認できるのはありがたい。買い物や改札をストレスフリーで利用できるSuicaは今までなかったことが不思議なくらい便利だった。
og_nobi2_006

日常的に使う機能はこれだけだと考えていい。もちろんワークアウトやアラーム、タイマーやマップも使うことはあるけど、毎日使うものでもない。毎日使うのは上で書いた5つの機能で、そこにアップルウォッチの価格分の魅力を感じるかというのが購入の最初のハードルになる。

ベールを脱がすとこんなもん

アップルウォッチは名前が先行してて、まるで夢のデバイスのように感じられるけど、細かく分解するとたいしたことはない。期待しているよりできることが少ないながら、普通の腕時計には置き換えることができない機能ばかりなのも事実だ。
top20160124

 

時計としてみるアップルウォッチ

バッテリー

アップルウォッチを普通の腕時計としてみてみる。まず電池は2日しかもたないけど、一日30分も充電できれば毎日使えるので意外とストレスにならない。お風呂に入る間充電しておけばいい。スタンドがあると尚いい(俺の記事を読む)

質感

アップルウォッチにはざっくりと5万円のモデルと7万円のモデルがあって、質感が違う。5万円のモデルはアルミ無機ガラスモデルで軽く、7万円のモデルはステンレスサファイアガラスモデルで、光沢があって高級感がある。

時計に5万円、7万円というと高いと思う人もいるとは思う。それは今は置いておいて、一般の時計を見てみても5万円の時計は無機ガラスのチープな質感のものが多く、7万円以上のものはサファイアガラスの高級感のあるものが多い。つまり素材、質感でみると妥当な値段で、通常の腕時計と同じ土俵で戦えるデザインも含めて考えると、アップルウォッチは高くはないのだ。
imgp6197

スポンサードリンク

コスパで見るアップルウォッチ

最大の懸念はバッテリーの寿命だと思う。ここがネックになってる人が多いんじゃないか。アップルはバッテリーの永久保証サービスでも始めるべき。かくいう俺もバッテリーが超不安だ。だって歴史上で寿命がある腕時計なんてなかった。

寿命は4年

これに対して、アップルは1000回の充電でも80%以上のバッテリー容量になるよう設計してるので、現状二日使えることを考えると、1000回に該当する約三年毎日充電したとしても1日半は使える。実際は一日もてばいいので4年くらいは余裕で使える計算だ。

4年は1461日なので、7万円を日割りすると一日48円になる。5万円ならば35円だ。寿命があるのは寂しいけど、リチウムイオン電池である以上避けられない。この4年というのはスマートウォッチの必要性を判断するには十分な期間なので、それ以降のスマートウォッチの必要性を改めて考えて、いらないようであれば普通の時計にしてもいい。

バンドで気分を変えれる

しかもアップルウォッチはバンドの交換が簡単で、服装によってバンドを変えればまるで別の時計のように新鮮な気持ちで着けていくことができる。このバンドが純正以外のものだと3000円くらいで多数あるので、腕時計を複数本持つことを考えると安い。カジュアルに腕時計を付け替える人にはアップルウォッチは最適だ。42-stainless-classic-brown-grid_geo_jp42-stainless-link-silver-grid_geo_jp42-alu-gold-nylon-yellow-grid

 

おわりに

アップルウォッチは機能も見た目も品質が高くコスパの良い買い物だと思う。ただ、世間から期待が大きすぎた。その原因はウェアラブルデバイスに対するの認識のずれが招いた。

かくいう俺はアップルウォッチに興味を持ったはいいものの、どのウェブサイトを見てもいまいち評価や結論が見えなかったので、自分で結論を出してやろうと意気込んで購入した。自分の中での結論は出せたように思う。はじめはがっかりしたけども、ウェアラブルデバイスの正しい立ち位置を理解できたり、なんだかんだ通知の取り捨て選択ができるのが便利だったり、会話のネタになったりはしてる。

なによりもデザインを気に入ったことが使い続けられる最大の理由だと思う。安い買い物ではないし、必需品でもない不思議な製品だけど、一度使うと普通の時計には戻れない魅力が確かにあって、寿命がきたらどうしたものかと今から頭を悩ませてる。それでも面白いしワクワクできる新しい製品なのは間違いない。

この記事で購入を検討している人の判断を後押しできるとうれしい。

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

-Review, SmartPhone/Tablet