Gadget PC

超小型USBメモリを使ってASUSのvivobook E200HA(しょぼいパソコン)を快適に使える持ち運びに最適なパソコンにする

投稿日:2016年12月8日 更新日:

ASUS VivoBook E200HAはしょぼい

しょぼいしょぼいと言いながら、軽くてバッテリーが持つのでASUSのVivoBook E200HAを使い続けてるんだけど、やっぱり記憶容量32ギガはいくらなんでも少なすぎる。OSだけで20ギガ近く占有してるのに32ギガで企画通したやつだれだ。足りるわけねぇだろ常識的に考えろ。

まずはASUS VivoBook E200HAのスペックをおさらいする。俺のレビュー記事を読む

基本スペック
液晶サイズ  11.6 インチ
CPU Atom x5-Z8300(Cherry)
  1.44GHz/4コア
ストレージ容量 eMMC:32GB
メモリ容量 2GB
解像度  WXGA (1366×768)
詳細スペック
ビデオチップ Intel HD Graphics
無線LAN IEEE802.11a.b.g.n.ac
LAN 非搭載
その他 Webカメラ
  microHDMI端子
  Bluetooth
  USB3.0
  microSDカードスロット
駆動時間 12 時間
無線LAN IEEE802.11a (54Mbps)
OS Windows 10 Home
サイズ・重量
幅x高さx奥行 286×17.5×193.3 mm
重量 0.98 kg

このご時世メモリ2ギガはやばすぎる。しかもストレージ32ギガってOSで20ギガ占有するのにどういうこと。死ねってこと?

 

対策

というわけで対策を講じる。こいつを見てほしい。小さいだろ、フラッシュメモリなんだぜ。
imgp6826

 

いつの間にかフラッシュメモリは超小型化が進んでて、しかもUSB3.0にも対応しているので読み書き速度もむちゃくちゃ早い。それでいてお求めやすい価格で64ギガが買えてしまうので、こいつでASUS VivoBook E200HAを普通に快適に使えるパソコンにする。
imgp6833

 

VivoBook E200HAのUSB3.0は左側だ。右側のUSBと見た目はほとんど変わらないが、右側はUSB2.0なので、せっかくの転送速度を活かせない。必ず左側に接続してほしい。ところでUSB3.0といえば端子が青いのが目印だろわかりにくいんだよ企画通したやつだれだ。
imgp6840

 

真っ白のデザインと世界のSAMSUNGロゴは賛否両論分かれるけど、俺はマックブック使い程パソコンの見た目にこだわらないので気にしない。しかも他のUSB3.0のメモリのレビューにあるように熱くならないのが魅力だ。

ところで注目してほしいのはこの転送速度だ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-15-24-12

 

早すぎる。対して、VivoBook E200HAのHDDにあたるeMMcの転送速度はこれだ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-21-19-01

USB3.0の転送速度は驚異的でeMMcとほぼ同じだ。さっそく今まで貯めてきた音楽をすべてを転送してみたけど早いのなんの。これでもう容量不足を気にせずe200haを使える。

スポンサードリンク

 

さらなる高みを目指す

記憶媒体は同時に二つ読み込むとそれぞれに速度が分散するので遅くなる。つまり、USBメモリのスピードがほとんどeMMcと変わらないのであれば、USBメモリに多数のシステムファイルを置いてやることで、読み込みが分散して、より動作が快適になるはずだ。しかも本体の内臓容量も節約できて一石二鳥だ。

 

USBメモリを暗号化する

なるべくUSBメモリにファイルを置くことで本体の保存容量を節約して快適に使えるが、誰でも取り外して持ち運べるUSBメモリに大切なデータを保管するリスクを低減するために、USBメモリの暗号化はかかせない。(俺の記事を読む:USBメモリを丸ごと暗号化できるフリーソフトTrueCryptを使って外出先でのUSBメモリ紛失を対策する。)

 

システムファイルをUSBメモリに移動する

というわけで以下の設定を行えばより快適にe200ha使える。

・Chromeのメモリの自動解放を無効化する

(俺の記事を読む:E200HAのようなメモリの少ないパソコンで頻発するChromeの古いタブの再読み込みを止めつつUSBメモリを使って快適に利用する方法)

・Cドライブの容量節約

 グーグルドライブの保存先をUSBメモリに指定する(乞うご期待)

 ドロップボックスの保存先をUSBメモリに指定する(乞うご期待)

・プラグラムファイルをすべてUSBメモリにインストール(乞うご期待)

・AppDataファイルをUSBメモリに保存(乞うご期待)

 

これで誰もが値段につられて買って後悔するノートパソコンASUS VivoBook E200HA(しょぼいパソコン)が嘘みたいに快適なパソコンに早変わりする。たった3000円の出費でこれだけ変わるのであればやらない手はない。

こっちのほうがデザインよくてちょっと後悔

 

スポンサードリンク

シェアしてくれたら
ほくそ笑みます

精霊(@gadgetKaeru)は考えた
USBメモリはサブ機の強い味方。俺もいつかマックでドヤる日を夢見て。
profile
profile

-Gadget, PC